振袖はレンタルすべき?購入すべき?

振袖はレンタルすべき?購入すべき?

振袖はレンタルすべきか購入すべきか

振袖を購入するかと思ったら高い出費になります。その点、レンタルでしたら出費を抑えることができますので気軽!という気持ちがあるかもしれません。もしくは、成人式や卒業式といったイベントは、一生に一度のことだから…と購入を考えているかと思います。

よくよく考えてからにしないと、後になって「レンタルにすれば良かった!」「振袖を購入するべきだった!」などと後悔するかもしれません。そうならないためにも、振袖をレンタルするべきなのか、または購入するべきなのかを様々な観点から紹介していきます。

振袖はレンタル?購入?

振袖を購入する場合、どうしても費用としては高価となります。また費用の問題だけでなく、着た後にお手入れが必要なります。さらに振袖の保管場所を確保する必要があります。

振袖レンタルの場合は、着る機会が一度だけであれば費用を少なく抑えることができます。また振袖を着た後にお店に返すだけになりますので簡単ですし、保管するための場所は必要ありません。

そうしたことから、振袖は購入よりもレンタルのほうが簡単でお得だと思われるでしょう。そんな振袖レンタルですが、デメリットも存在しています。

振袖レンタルのデメリット

  • 振袖を何度も着る予定なら、購入より割高になってくる。
  • お気に入りがあったとしても自分のものにはならない。
  • 気に入った振袖のサイズが合わない場合がある。
  • どんな人が着ていたのか気になる。
  • 選ぶ振袖によっては同じ振袖の人がいる。
  • 新作や人気のある振袖は割高になる場合がある。

以上が振袖レンタルのデメリットになります。

振袖を購入するメリット

振袖を購入するときのメリットを紹介します。

  • 誰とも被らない自分だけの振袖を着ることができる。
  • 着たいときにいつでも着ることができる。
  • 思い出が形になって残る。
  • 自分に合わせて仕立てるので着姿が綺麗である。
  • 購入した振袖を数回着るとレンタルよりも割安になる。
  • 次の代まで着物を残すことができる。

以上が振袖購入のメリットになります。

振袖レンタルの場合、購入に比べて割安というイメージがありますが、条件によりますがそうとは限りません。振袖購入でもちろん高価なものは上限がありませんが、低く抑えようと思ったらフルセットで15万円前後というのも今では多数存在します。そしてレンタルの場合、安いので3~5万円くらいの価格のものがありますが、新作や人気のものを選びますとセットで30万円以上かかってくる場合があります。そういったことから、振袖レンタルの方が割安という漠然としたイメージだけで決めるのはおすすめできません。

振袖レンタルがいいのか、振袖購入がいいのかは一度きりの振袖かお気に入りの振袖を何度も着たいのかがポイントになります。

もし成人式や結婚式、卒業式などで振袖を3回以上着ると思えるのなら購入を考えてもいいと思います。振袖は未婚女性にとって最上位の礼装になりますので着る機会としてたくさんあります。パッと思いつくだけでも、卒業式や結婚式、初詣、成人式、お見合いなどなど。

とはいえ振袖を着るためには着付けが必要であったり、着た後のお手入れや保管場所の問題があります。こういった問題があるのを理解したうえで躊躇するようでしたら、一度限りと割り切って振袖レンタルにするのもいいかと思います。ご自分の状況や家庭の事情を踏まえたうえでじっくりと検討しましょう。

振袖選びの大事なポイント

振袖を選ぶときに気をつけて欲しいポイントがあります。これは、振袖レンタルでも振袖購入の場合でも同じになります。

予算はシッカリ伝える

買い物をするときには、予算を必ず決めているかと思います。これは、振袖でも同様です。

予算を店員さんに伝えておかないと、予算オーバーの振袖を店員さんは見せてきます。高価な振袖は、デザインもさることながら手触りも素敵です。そのあとで格下の振袖を見てしまうと見劣りしてしまいます。そして、つい予算オーバーの振袖を選んでしまうことも。

そうならないためにも振袖を見に行く時には、予算をしっかりと決めたうえできちんと伝えましょう。

必ず試着をする

非常に大事なことで、ネットやパンフで見たものが実際に似合うのか…これは着てみないと分からないと思います。洋服でも手にとっていいなと思っても実際に着てみるとなんか違う!ということはよくあることだと思います。振袖も同様です。

赤やピンク、紫などそれぞれ同じ系統の振袖をお店で並べてみると分かると思いますが、全て色が違っています。それくらい着物は多彩な色を使っています。この多彩な色は、ネットやパンフではどうしても表現できません。ですので、実際に振袖を試着して自分に似合うのか判断してください。あくまでもネットやパンフは、好みの振袖を選ぶ基準としてお使いください。

帯も合わせましょう

振袖を試着するなら帯も合わせるようにしましょう。なぜなら、帯によって振袖の印象がガラッと変わるからです。振袖に合わせる帯としては、袋帯と呼ばれる格式高い帯です。振袖に合う帯が一番ですが、せっかく振袖を着るのでしたら帯も格調高く華やかなものにしてゴージャスに装うことをおすすめします。もし、帯選びに迷うようでしたら、金糸や銀糸を使った帯を選ぶようにしましょう。

直感は大切です

意外かもしれませんが、直感は大切です。振袖を選ぶときに、「コレがいい!」と思えたものに決めて問題ありません。振袖を購入するのは、一生に一度のことかと思います。振袖も一期一会です。購入した後で「最初に見たものがよかった」となっても、もう一度その着物に出会えることはなかなかありません。

他にもいろいろと素敵な振袖があるかもと迷われるかと思います。ですが、迷いだすとどう決めていいのか判断できなくなるものです。直感でいい!と思った振袖は、割と正しいものです。それにコレと思える着物に出会うことができたのなら、その気持ちを信じて思い切ることも大事です。

アフターサービスの内容

アフターサービスがどこまで用意されているのかしっかりと確認しておきましょう。

着付けサービス

  • 着付けのサービスの有無
  • 着付けサービスが有料なのか無料なのか
  • 着付けは誰がやるのか
  • 着付けの場所はお店なのか出張なのか

という上記のポイントが重要になってきます。この中で特に気にしたいところが誰が着付けをするのか?ということになります。なぜかといいますと、着付けする人によって着心地が変わってくるからです。普段から着付けをよくする人とたまにしか着付けをしない人ではやはり差がでてきます。慣れていない人に着付けをされますと、着崩れ防止のため締め付けがきつい傾向があります。その点、慣れた人に着付けをしてもらえますと着付けのポイントを把握していますので、楽に着せてくれます。

着付けサービスをお願いするときには、どんな人が着付けを担当してくれるのか事前に確認しておきましょう。

メイクやヘアセット

振袖だけでなくメイクやヘアセットも重要になってきます。これらがセットに含まれている場合には、どういったサービスなのか確認しましょう。

  • 着付けと同じ場所でメイクやヘアセットをやるのか
  • 違う場所の場合、移動距離や時間はどのくらいかかるのか
  • 提携している美容室に行くのか
  • 提携している美容師が出張するのか

記念撮影

SNS全盛の今だからこそ、しっかりと写真や画像として振袖姿を残しておきたいですよね。その記念撮影ですが、その対応もお店によって様々ですのでどういった内容なのか確認しておきましょう。

  • 記念撮影サービスの有無は?
  • 無料なのか?有料なのか?
  • 有料の場合、その料金は?

クリーニング

クリーニングですが、着物の場合ですと通常のクリーニング店ですと受け付けてもらえなかったり、受け付けてくれたとしてもクリーニング料金としては高くつく場合があります。 クリーニング料金が高いということもあり、もし汚れやシミが付いたとしても買ったところでしっかりと綺麗にしてくれると安心です。クリーニングに対応してくれるのか、対応自体が有料なのか無料なのかを確認するようにしましょう。

振袖レンタルでの注意点

振袖レンタルをする場合の注意点を紹介しますので、振袖レンタルを依頼するときの参考にしてください。

レンタル予約するならいつ

振袖レンタルの場合は、多いパターンとして成人式があるかと思います。予約をするならいつ頃がいいのかと迷う人が多くいます。成人式の直後くらいに貸し出された振袖が戻ってきますので、たくさんの中から選ぶことができます。ですので、成人式のちょうど一年前くらい前がおすすめの時期になります。

ですが、最近は、新作振袖の発表が早くなっているということもあり、夏頃に予約を入れている人も増えています。人よりも素敵な振袖を選びたい場合は、まだ少し早いかなと思うくらいの時期から動き出しましょう。

返却期間はいつまで

返却期間は、お店によって様々です。設定された返却予定日を過ぎてしまいますと延滞料金が発生しますので必ず確認するようにしましょう。

振袖の受け渡し方法は

自宅に届くのか?お店に取りに行くのか?または指定の場所に配達なのか?これもお店によって受取方法違ってきます。事前に確認しておきましょう。また振袖を戻すときも、お店に郵送すればいいのか?お店に直接持っていくのか?など併せて確認しておきましょう。

キャンセル料は

万が一のため、キャンセルした場合のことも考えておきましょう。キャンセルしたくなる事情もあるかもしれません。そうなったときに、キャンセル料が発生するのか事前に確認しておきましょう。

まとめ

振袖の購入やレンタルですが、一度きりの振袖でいいのかお気に入りの振袖を何度も着たいのかで選べるかと思われます。未婚女性が振袖を着る機会は割りかしあります。その機会を振袖で参加するのか洋装で参加するのか、もしくは購入してからの振袖の保管の手間暇といった観点からで選んでもいいかと思います。

どちらにしても、納得して選ぶためにも余裕をもって行動するようにしましょう。慌てて準備しますと後悔することになります。夏がそろそろ終わりますが、ちょうど今くらいから選びだしても冬にある成人式に十分間に合います。好みの振袖に出会うためにいろいろと情報収集をしながら素敵な振袖を見つけてください。