着物買取は安い?着物を高く売るために知っておくべき情報とは

着物買取は安い?着物を高く売るために知っておくべき情報とは

着物買取の評判や口コミを調べたときに、着物買取を利用したけど安かったとか二束三文にしかならなかったというのが出てくるかもしれません。せっかく着物買取を利用したのに二束三文となるのは、もちろんイヤという人のほうが多いかと思います。

そこで今回は、なぜ着物買取をお願いしたのに安い買取額になってしまうのかその理由や、着物を高く売るポイントを紹介していきます。

着物買取が安いと思う理由は?

着物を売る理由は、本当に様々だと思います。譲り受けて着る機会のない着物や長年タンスの中にしまいっぱなしの着物などを処分するために着物買取を利用するかと思います。着物買取の専門店を利用するために、まずは前もってお店のサービスや評判を調べるはずです。その際に出てくるのが様々な口コミです。もちろん、高くて満足という口コミもあれば安くて納得いかないといった口コミが出てきます。

安くて納得いかない人は、なぜ納得いかないのでしょうか。これは、着物を購入したときの金額を覚えていて、その金額と買取金額を比べて差が大きいからだと思います。着物は購入者に合わせて仕立てますので、どうしても高額になってしまいます。その金額を考えますと、どうしても買取額とのギャップの大きさに安いと感じてしまうのです。

着物買取で着物が安くなる理由

昔と違い平均身長が大きくなった

昔に比べ日本人女性の平均身長が伸びています。古くない着物はあまり該当しませんが、譲り受けた着物や古い着物になりますと、丈が短いためお直しができず、今の世代の人たちが着ることができません。そうなりますと、需要として期待されず買取額として安く付けざるを得なくなる訳です。

着物を着る人口の減少

これも需要と供給になりますが、着物人口の減少が買取額が下がる要因としてあります。海外からの観光客も増え日本に対する関心の高まりと共に着物も高まっていますが、着物を着る人口としては昔ほど多くはありません。買い取ったあとに売るのが難しい着物は、どうしても買取額としては安く付けざるを得ません。

着物に詳しくない人が査定

これは、売る場所になりますが、着物の売り先としてリサイクルショップになりますと高い買取額を期待するのは難しくあります。なぜかといいますと、まず、リサイクルショップには着物に詳しい人がそもそも多くいません。ですので、持ち込んだ着物の正確な価値を判断できなければ、結果安くなるしかありません。また、リサイクルショップは、着物も価値としては、古着や洋服と同様の扱いになり買取額が高くならない場合があります。

ですので、着物を売るならお店選びも買取額に与える影響がとても大きい訳です。

着物買取で安くなる着物の特徴は

いろいろ述べてきましたが、すべての着物が安くなる訳ではありません。もちろん着物買取の中には買取価格が高額になるものがあります。そして、安くなる着物は安くなる理由や特徴があります。

丈が短い着物

上記でも述べたように、丈が短いと着る人が限定されてしまいます。そうなりますとどうしても買取価格が安くなってしまいます。丈が長いとお直しができますので、例えば160センチ以上あるようであれば買取額は高くなる可能性があります。

カビやシミといった状態の悪い着物

着物の状態は本当に買取額に影響します。例え着物の価値が高いものであっても状態が悪く、シミやカビ、汚れがありますと、査定金額を期待することが難しくあります。着物の素材である正絹は、痛みやすくしっかりと保管をしないとすぐ劣化してしまいます。着物を着るごとに湿気や汚れ対策を行って、できるだけ綺麗な状態を保てるよう保管するようにしましょう。

生地が正絹以外の着物

素材が正絹の着物は、人気が高いこともあり需要が見込めます。素材が正絹ではなく、ポリエステルやウールといった化繊とよばれる素材の着物ですと、着物が持つ価値が低く、そのため買取価格としても安いものになってしまう可能性が高いです。ただし、例外があり、有名ブランドであったり老舗ブランドが織った着物の場合は人気があり買取額が高値になる可能性があります。

着物の状態は保管状況によって大きく変わる

そもそも着物は痛みやすいので、保管や取扱によってはすぐに劣化してしまいます。状態の悪い着物は、買取額として安くなります。こういったことにならないように常日頃からお持ちの着物に対して細心の注意が必要です。着物が劣化する要因を紹介していきます。

着物を着れば当然シワが付きます。そして、素肌に着物が触れれば汗や化粧によってすぐに汚れます。目立つ汚れでしたら、すぐ対処もできますが、汗や着用しただけの汚れは見えにくくあります。見えにくいですけど、対処しない限りは汚れは蓄積されていきます。蓄積した汚れは、繊維まで浸透してしまい時間と共に頑固な汚れになってしまいます。こうなってしまいますと、着物買取の専門店としても買い取ったあとに専門の業者に依頼して費用をかけて汚れを落とすことになります。汚れが落ちればまだいいですが、落ちない場合がありますので、買取額としては低く提示せざるを得ない訳です。

綺麗な状態を保つ保管方法

着物の価値を維持させるために、保管がとても重要になります。劣化する要因として、まず湿気があります。着物に湿気がたまらないようにするには、虫干しが有効になります。虫干しとは、日が当たらない部屋で着物を干して風通しをすることです。年に2・3回を目安に定期的におこなうようにするといいでしょう。

また、防カビ剤や防虫剤も有効になります。ただし、使い方に注意が必要です。防虫剤の成分によっては、向いてる着物や向いてない着物があります。そして、成分の異なる防虫剤を組み合わせて使うと化学変化をおこしてシミが発生してしまうことがあります。

着物買取で高値が期待できる着物

着物買取で高値が期待できる着物も当然存在します。

格の高い着物

洋服とは違い着物には格というものが存在します。この格が高い着物ほど買取額としては高値になる可能性が高くあります。格の高い着物としては、礼装や準礼装として着られる着物になり、黒留袖、訪問着、付け下げ、振袖が該当してきます。

伝統工芸品

この伝統工芸品とは、昔ながらの技法を使いながら長い時間をかけて織られることになります。日本全国には、伝統工芸品と呼ばれる価値の高いものがたくさんあり、例でだしますと紬や宮古上布、琉球織物などが該当してきます。

ちなみに紬の格は高くありませんが、買取額が高値になりやすい着物になります。もし、紬をお持ちで、大島紬や結城紬、塩沢紬、牛首紬といった伝統工芸品の場合は、買取額が高値になることを期待してもいいでしょう。

作家の作品

着物の作家は織りや染め技法を独自に生み出し作品を作り上げています。作品や作家は、日本だけでなく世界的にも有名になっているのが数多くあります。例えば、本加賀友禅の由水十久や京友禅の松井青々、オシドリ柄の羽田登喜男といった作品になりますと高い価値の着物になります。

もし作家物の着物をお持ちの場合で買取をしてもらう場合には、作品だけでなく証紙を一緒に付けて査定をしてもらいましょう。この証紙が付くことで、それぞれの着物が、厳しい基準をクリアしていて高品質ということを証明してくれる証になります。これがありますと、業者としても再販するときに価値を保証でき売りやすくなります。そんなこともあり、できるだけ着物には証紙を一緒に付けるようにして、買取額が上がるようにしましょう。

着物買取は売りにだすお店がとても重要

着物自体の価値も大事なことですが、そもそもその価値を判断できないのでは意味がありません。ですので、売りにだすお店によって買取額が変わってきます。もし、お店の選択を間違いますとせっかくの着物の価値は判断されず、安い金額で買い叩かれる可能性は高いです。

フリマアプリ

最近はメルカリといったフリマアプリが人気ですのでご利用したこともあるのではないでしょうか。フリマアプリは、スマホを使って簡単にものを売ったり買ったりすることができます。こういったアプリの場合、値付けはご自分になりますので好きな価格を設定することができます。ただ、難しいのは設定した価格が相手に刺さるのかということです。アプリを使っている人は、基本的に安く欲しいものを買いたいと思っています。そして、一番多いユーザー層は、20代・30代ということもあり高額商品でもある着物を高値で売るのは難しくあります。

リサイクルショップ

リサイクルショップには、そもそも着物に対する知識を持った店員さんがあまりいません。そうなりますと、着物の価値を判断されずに単にリサイクル品として扱われる可能性が高いです。査定としては、洋服と同じ衣類のひとつとして一括りにして、重さで買取価格を判断することが大半になります。

大切な着物を安く買い取られないためにも、もしリサイクルショップで着物を売るのなら専門の査定員がいるお店にしましょう。

着物買取の専門店

着物買取の専門店は、査定員に着物のプロを置いています。つまりお持ちの着物の価値を市場の需要と供給から正確に判断することができます。そして、専門店はそれぞれが独自の販路を抱えていますので、全国からの需要があり沢山の着物が必要になります。また、着物買取の専門店はインターネットで展開しているところが多く店舗を敢えて構えていません。浮いた販管費を査定額に乗せているので、買取額が高くなる傾向にあります。

着物買取は状況に合わせて買取方法を選ぶ

着物買取の専門店は、お客様の希望に合わせた買取方法を用意しています。例えば、出張買取は、自宅にいるだけで着物買取が完了する特に人気で便利なサービスです。他にも宅配買取や持ち込み買取といったサービスがあります。それぞれにメリットや特徴がありますので、状況に合わせて買取方法を選ぶようにしましょう。

出張買取

出張買取とは、査定員が指定した住所に訪問してきて、その場で査定や買取する方法になります。この買取方法は、売りたい着物をお店に運ぶ必要がなくて、自宅にいながら着物買取を完了することができますので、利便性の高さがとても人気な買取方法です。買取額に納得しますと契約成立しますので、査定後に買取額を受け取ることができますので、早急にお金が必要な場合こちらのサービスがおすすめです。

宅配買取

宅配買取とは、買取専門店から送られてくる宅配キットに着物を詰めて返送し、専門店に届き次第査定する買取方法になります。送付した着物の査定が終わりますと後日、査定結果がメールや電話にて連絡が入ります。買取額に納得することができたなら、後日に指定した口座に買取額が振り込まれることになります。着物を送る手間はありますが、結果を待っていればいいのでお忙しい人に最適のサービスになります。

持ち込み買取

持ち込み買取は、着物買取の専門店に着物を持ち込んで買い取ってもらう方法になります。この買取方法は、昔からある方法なのでよく知られているかと思います。着物を持ち込まなければいけませんので、もし売りたい着物が複数枚ある場合には、運ぶ手間がかかってしまうのがデメリットになります。

おすすめの着物買取の専門店

初めて使うお店は誰だって不安になるものです。買取店側もそれは理解していますので、その不安を解消するために便利で安心なサービスを作り提供しています。ましてや、法令や規則を守らせる専門部署を設定しているところは稀だと思います。そのくらいお客様のことを考えているという現れだと思います。

買取額が高いというのもお店を決める重要な要素です。ですが、お客様が安心して買取ができるというのも重要な要素だと思います。買取がまとまったときに、ここにお願いして良かった!と思えるのって大事だと思います。

そう思える着物買取の専門店を紹介します。当然、上記で挙げた内容は全てクリアしている着物買取の専門店です。ですので、専門店を探すときの選択肢のひとつとしてこの2店を選んでもらえたら私としても嬉しくあります。

着物買取だったらここ!実績と人気が違う!高額買取でお馴染みのこの2店

着物の出張買取なら【スピード買取.jp】

メインキャラクターに坂上忍さん起用しているスピード買取.jpですが、特徴としましては、日本全国で出張買取をしているところではないでしょうか。また、場所によっては、申し込んでから最短30分で査定が受けられることも可能です。女性の査定員を指名できるのも嬉しいサービスです(※お客様が女性の場合のみ)。
出張エリアでない場合でも、宅配買取に対応していますので安心してください。

査定費用が無料だから気軽に頼める!満足価格に自信!

着物買取の最大手【スピード買取.jp】

高価着物買取の専門店【買取プレミアム】

毎月10,000件以上のお問い合わせがあるとても人気な買取プレミアムですが、特徴としましては、名前にあるとおり買取価格にプレミアムをだすことに注力しているところではないでしょうか。
出張買取、宅配買取、持込買取と都合に合わせて買取方法が選べて買取価格が高くなるなら使わない手はないですよね。

査定もキャンセルも全部無料!着物買取で高額買取なら!

高額買取を期待するなら【買取プレミアム】