黒留袖

黒留袖

決まりごとの多い最高格のフォーマル

黒留袖は江戸褄(えどづま)ともいい、新郎新婦の母親や仲人役にふさわしい最高格の装いとなります。戦前までは花嫁衣装としても着られていました。

本来黒留袖は、結婚した女性が振袖の振りを縫いふさぐことで、婚家に入ってから色を変えない誓いをします。それはつまり婚家にとどまる意味から着ていました。それが大正4年に皇室令によって黒留袖が既婚女性の正装に定められました。そして、おもに結婚式で親族が装うようになりました。

黒地で上半身には紋以外に柄がなく、すそにだけおめでたい意味のある吉祥文様の絵羽文様が描かれているのが特徴です。規模が小さく位置が低めほど、年配向けになります。
※絵羽文様とは、縫い目をまたいで絵柄が続くようにする柄付けをいいます。
生地は主に一越縮緬(しぼの小さい縮緬)が用いられ、共八掛(表と裏の裾部分が同じ生地)がついています。
そして、黒留袖は五つの紋がつきます。左右の胸「抱き紋」、背中「背紋」、袖「袖紋」に五つ紋をつけ、最高格の装いとします。

※ただし、結婚式で黒留袖を着用するなら事前に確認する必要があります。
黒留袖は、新郎新婦の母親や仲人として着る機会が多いと思いますが、住んでいる土地によっては親族の参列者は全員、黒留袖にするといった縛りがあることがあります。そういったことから、黒留袖は親族の場合のみという考え方が多いようです。そして、大事なのは新郎新婦の両家の装いの「格」を同じにすることです。どちらか一方だけが黒留袖を着て、母親同士で格の違いに差がでないことが理想です。
招待された側として参列する場合には、黒留袖よりも格下の着物を着ることをおすすめします。ゲストが新郎新婦の母親と同格にならないよう、事前によく確認しておくが大切です。

小物まですべて礼装用に

黒留袖の下に着る長襦袢、帯あげ、帯じめは、白が基調の礼装用で揃えるのがルールです。半衿の色は白に限り、地紋や白・金・銀の刺繍のものも使えます。
履き物とバックは佐賀錦などの織物製で帯の左側に祝儀扇子を金面が見えるようにさすのが正式です。あいさつをする際は、末広を抜いて右手で柄を持ち、左手で下から支え、銀面が見えるように持つのがマナーです。

家紋の種類

黒留袖といった礼装には、必ず背中心、両外袖、両胸に一つずつ、五つ染め抜きの家紋を付けます。紋の中をすべて白く抜いた最も格の高い日向紋にします。黒留袖にはあとから家紋を入れられるように、石持という丸く染め残した部分に紋所を染めます。色留袖の場合は、紋の形に色抜きにして、紋所を入れるようにします。

もともとは振袖にも紋を入れていました。絵羽模様の訪問着も紋をつけますと格が上がります。紋の数は、立場や地域により違いが変わりますが、略礼装には三つ紋か一つ紋を付けます。色無地も同様になります。いろいろな機会に使いたい場合には、一つ紋がいいでしょう。社交用の着物として着る場合には、刺繍紋でもかまいません。

丸なしの染め抜き日向紋
留袖に使うことが多い紋になります。紋の形を線で表して、中は全て白に染め抜きになります。
丸に染め抜き日向紋
家紋には丸のついたものもあります。中の紋は日向紋なので、白く染め抜きます。
縫いの陰紋
色糸で紋の形を刺繍した表現になります。礼装には陰紋は使えません。訪問着や色無地に使います。
丸なしの染め抜き日向紋
色留袖や訪問着、色無地に染め抜いたときの日向紋は、黒留袖よりも柔らかな印象になります。
染め抜き陰紋
陰紋は、留袖には使いません。訪問着や色無地を社交着として着るときにはふさわしいものもあります。
縫いの日向紋
縫い紋は訪問着や色無地といった略礼装につけます。一色や暈しなどの表現に洒落感がたされます。

黒留袖の着物買取相場について?

紋が付いていても買取は可能なのか?

留袖に家紋を付けることで着物の格を上げることができます。ただ、格を上げるために紋を付けてしまったら着物買取ができないと考える人もいるかと思います。ですが、留袖に紋が付いていても着物買取は可能になります。お店側が紋を外す手間が発生するので買取額としては若干下がりますが、買い取りは成立します。ですので、紋が付いているからといって二の足を踏まないで、着物買取のプロに買取を依頼しましょう。

黒留袖と色留袖とではどちらが高く売れるのか…

留袖には黒留袖と色留袖があって、この2つの違いとしては色の違いになります。黒留袖としては、明治時代にフォーマルが取り入れられ誕生したものになります。そういった事情もあり、黒留袖は第一礼装として用いられるという歴史があります。色留袖の場合は、黒以外の地色になり紋の数によって着るシーンを変えることができます。

留袖は、そもそも需要の高い着物ですが、黒留袖よりも色留袖のほうが着れる場面が多く、買取価格が比較的高くなります。もちろん留袖の品質や素材によって査定額が変わってきますが、着物の中でも高い買取の価格を期待できます。そして、新品の留袖になりますと中古で買い取りしてもらう価格の倍程度になるケースがあります。留袖は需要が高い着物になりますので買取価格が高くなる傾向にあります。黒留袖を着物買取に売りにだそうか迷う場合は、一度査定に出してみていくらになるのか確認してみるのもいいかと思います。

作家ものやブランドは高価買取なのか?

加賀友禅の作家でもある、人間国宝の羽田登喜男や木村雨山といった作家になりますと、買取額としてはかなりの高価が期待できます。色留袖は、さまざまな場面で着られますので、買取額は質に左右されます。質が保証される証紙が付いている場合ですと、さらに価格が高くなりやすいです。黒留袖になりますと、加賀友禅といったブランドが高額査定になりやすくあります。その加賀友禅は、自然や草花をモチーフにしたデザインが特徴になり、作家問わずに高額査定を期待することができます。

 高額査定になる着物買取店は?

着物買取で高く買い取ってもらえるお店の条件としてはいくつかありますが、重要なのが着物を卸す独自の販路があることになります。着物買取の査定額は、当然、需要と供給で決まってきます。このバランスが崩れますと、売りに来る人が多くても買いに来る人がいないと、結果的に安い査定額になってしまいます。逆をいいますと、需要が常にある買取店に売りにだすことになり、探すべきお店となります。そこでおすすめになるのがインターネットで展開している着物買取の専門店になります。インターネットになりますので全国対応が可能になり、各地域に店舗を構える必要が無いため経費を抑えることができ、その分を査定額に乗せることができます。そのため地域密着型のお店よりも高額買取が期待できるわけです。サービスにかかる費用は無料ですし、着物も1点からでも査定をしてくれますので、気軽に申し込んでみるのはいかがでしょうか。

黒留袖の種類 着物買取額(参考例)
押田正義(本加賀友禅作家) 約8〜90万円
東藤岳(加賀友禅伝統工芸士) 約7〜80万円
本加賀友禅黒留袖 約40,000円後半から

気になる着物買取業社の買取相場は?

スピード買取.jpでの着物買取相場(黒留袖)
  • 着物買取イメージ

    買取金額:98,000円

    京都千總の黒留袖を始め希少なぜんまい紬など数枚の買取金額になりました。

  • 着物買取イメージ

    買取金額:112,000円

    本加賀友禅の黒留袖と辻が花訪問着のセット。枚数も多くて高値な買取金額になりました。

  • 着物買取イメージ

    買取金額:217,000円

    着物類多数の中に加賀友禅黒留袖などが含まれていました。その結果、高値な買取金額になりました。

  • 着物買取イメージ

    買取金額:150,000円

    複数枚の着物から加賀友禅黒留袖や大島紬12マルキが含まれ高額な買取金額になりました。

黒留袖を買い取ってもらえる着物買取業社は?

スピード買取.jpや買取プレミアムがおすすめになりますが、そもそも着物を売ることが初めてになりますと、色々と不安や疑問もあるかと思います。気になる点をまとめましたので、売る前に一度ご確認ください。

初めての方が戸惑うポイントはコチラをクリック