着物買取での反物は相場はどのくらいに

反物・着物買取について

反物を買取にだしたらいくらに

反物は仕立てている着物と違って、着物になる前の状態なので買取査定が少し良くなる傾向があります。なぜかといいますと、着物は着る人のサイズ(寸法)で仕立てあげます。そのサイズが標準的であればいいですが、短かったり長すぎたりすると条件が厳しくなったりします。反物は仕立てる前の状態なので、その条件には当てはまらないということです。

そういった現状ですが、実は反物が売れるとは思っていない人が多くいます。着物買取の専門店にて反物がいい条件で売れると分かったときに次に気になるのは、どれくらいの値段で買い取ってもらえるのか?どんな反物が売れるのか?ということかと思います。ここでは、反物の買取相場や着物買取の専門店の利用方法などを紹介します。

反物とは

反物(たんもの)とは、一反に仕立てあげる着物をいいます。この一反とは布の長さの単位を表していて、一人分の衣服を作れるくらいのことをいいます。今の反物は、体格が変わってきたということもあり、昔の反物と違い幅が広く長くなっています。
反物にも種類があり、着尺(きじゃく)と呼ばれる着物のための反物や羽尺(はじゃく)と呼ばれる羽織のため反物があります。

反物の着物買取には買取額の相場はつけづらい現状が

様々な種類の反物があります。着物と同様に品質や状態によって買取額が大きく変わるために「反物は、1反あたり3万円くらい」というような金額を紹介することができません。安いもので2万円程度の場合もありますし、高い場合ですと3桁を超えるときもあります。着物買取の業者が「振袖なのか訪問着なのか?」「伝統工芸品なのか有名作家物なのか?」といった質問をするのもそのためになります。反物も着物と同様に有名な作家がデザインしていますと高値になりやすく、素材によっても変わります。

反物の着物買取における買取額の相場を知りたいと思いますが、買取業者に査定してもらわないと正確な価格を算出することができないというのが特徴になります。

質の良い反物を使って仕立てた着物を着る人が減ったとはいえ、反物の価値までなくなったわけではありません。ですので、反物の買取額がつかないと判断してあきらめないでください。

自宅のタンスに眠っている反物がもしかしたら、高額査定になる可能性は十分にありますので、まずは専門家に査定してもらい最適な買取価格を教えてもらいましょう。

反物で買取額が高くなる素材の特徴

反物は着物の生地として古くから利用されてきた歴史があり、その素材としては大きく分けて3種類になります。

  • 絹(シルク)
  • 木綿

素材のひとつでもある麻は、値段が安く農民の人がよく着ていましたが、染色しにくいということもあり商業的に広まっていません。そのため高い買取額を期待することはできませんが、そもそも麻の反物を持っているということはあまりないでしょう。ですので、反物の素材が判断つかず、麻だったら…と心配することはありません。

その点、木綿の反物になりますと安く手に入りやすいため、普段着に着物を着る人によく利用されています。木綿の反物は、そもそも手頃な値段で購入することが多いので、着物買取に出したとしても高額査定になることは期待できません。

絹の反物になりますと、買取額が最も高くなり期待をすることができます。絹の着物は、冠婚葬祭といった特別なときに着ることが多く、そのために絹で着物を仕立てたいと考えるのです。反物の素材として高級な絹で作られている可能性が十分あります。ですので、ご自宅に眠っている反物が、高級な絹で作られている可能性もありますので期待してもよいのかと思われます。

価値の高い反物の種類

素材以外でも査定額が高くなるポイントがあります。着物と同様に反物にも伝統工芸品であったり作家物といったブランドが存在します。茨城県や栃木県で作られる結城紬といった国の重要無形文化財や大島紬、西陣織、博多織といったものになりますと査定額を期待することができます。

下記にある買取実績は、私がおすすめする着物買取の専門店の買取額になります。売りにだすときの参考にしてみてください。

買取金額:25,000円
長年タンスに眠っていた反物を含め未使用の着物がありここまでの買取金額になりました。

着物を高く売りたいなら着物買取の専門店!

反物に証紙がついていると高額に

反物の素材の中で最も高い買取額になるのが絹になりますが、証紙にその価値が記載されていますと買取額は高くなりやすいです。

高価な反物の証明として、製造者や素材などが表記されている証紙がついています。この証紙に「真綿100%」といった表記があれば、素材として絹を使って製造されています。そもそも真綿が聞くことがないかもしれませんが、真綿とは絹のことになります。木綿と同様に綿がつきますので素材として勘違いをしてしまうかと思いますが、真綿はとても高価な素材になります。なので、綿と書いてあるから安い素材と勘違いしないように注意してください。

この証紙には、素材や製造者だけでなく、無形文化財や紬といった記されている場合があります。こういった内容が記載されている証紙の場合、反物の着物買取でよい評価をしてもらえる可能性がとても高くなります。

こういった内容の証紙がついた反物ですと高値になりやすくあります。

  • 本場結城紬
  • 久米島紬
  • 本場加賀友禅

反物の素材が化学繊維の場合は値段がつかない可能性も

絹や有名銘柄ですと高値がつきますが、ポリエステルといった化学繊維で作られた反物になりますと評価が低く値段がつかない可能性が高いです。

ポリエステルでできている反物は、購入するときは安価なので手軽ですが、着物買取の査定に出すと買ったときの値段と同様に高くなりません。販売価格があまりに安いものになりますと、そもそも引き取ってもらえない場合もあります。

ポリエステルではない素材として、メリンス(モスリン)がありますが、これも高い査定額を期待することはできません。このメリンスは、ポリエステルが市場に出てくる前によく使われていた素材になり、木綿や羊毛などと同様な評価がされます。

反物に汚れや傷がある場合には価値が下がる

反物の素材が良く製造者も有名になりますと、着物買取の査定額が期待できますが、ある一定の条件下になりますと価値が下がってしまうことがあります。

例えますと、50年以上前の古い反物や汚れ、虫食い、傷になりますと、反物としての価値が下がってしまいます。ですが、たとえ汚れていたとしても査定額がつく場合がありますので、汚れてるから買取はきっとムリ…と諦めずに、業者に査定だけでもしてもらうことをおすすめします。

売るタイミング

反物は着物になる前の段階ですので特に旬はありません。ですので、いつが高く売れるということはありませんので1年を通して査定額は変動しません。査定額は時期によって変動しませんが、反物が劣化することによっては変動してしまいます。長く保管すればするほど、反物は劣化していきます。アンティークと呼ばれるには相当な時間が必要になりそこまで保管しておくことは現実的には厳しいものがあります。反物を売るつもりでしたら、価値が下がる前に早く査定にだすというのが賢い方法になります。

ですので、売りにだすタイミングとしては季節でだすというよりも、思い立ったらすぐに査定にだすというのが適切なタイミングとなります。まずは閉まったままの反物が売れるのか確認するためにも、ひとまず取り出して素材が正絹なのか、汚れやシミがあるのかを確認しましょう。そして、売れるかもと思えたのなら、なるべく早くに着物買取の専門店で査定にだすことをおすすめします。

私がおすすめする着物買取の専門店

評判の良い反物買取の専門店をご紹介します。それぞれに強みがありますので、お店選びの参考にしてください。

着物の出張買取なら【スピード買取.jp】

メインキャラクターに坂上忍さん起用しているスピード買取.jpですが、特徴としましては、日本全国で出張買取をしているところではないでしょうか。また、場所によっては、申し込んでから最短30分で査定が受けられることも可能です。女性の査定員を指名できるのも嬉しいサービスです(※お客様が女性の場合のみ)。
出張エリアでない場合でも、宅配買取に対応していますので安心してください。

査定費用が無料だから気軽に頼める!満足価格に自信!

着物買取の最大手【スピード買取.jp】

高価着物買取の専門店【買取プレミアム】

毎月10,000件以上のお問い合わせがあるとても人気な買取プレミアムですが、特徴としましては、名前にあるとおり買取価格にプレミアムをだすことに注力しているところではないでしょうか。
出張買取、宅配買取、持込買取と都合に合わせて買取方法が選べて買取価格が高くなるなら使わない手はないですよね。

査定もキャンセルも全部無料!着物買取で高額買取なら!

高額買取を期待するなら【買取プレミアム】