紬とは紬糸を使った、先染めの織物をいいます。
大島紬(おおしまつむぎ)結城紬(ゆうきつむぎ)塩沢紬(しおざわつむぎ)といった有名なものはもちろん、織られる地域によって様々な特色があります。
紬は普段着として作業着として着られていた過去があり、「どんなに高価でも紬は普段着」とされてきました。伝統工芸品や芸術品として評価される着物がたくさんありますが、着物としての格は高くありません。大島紬や結城紬といった高級な着物でも、入学式や結婚式といった場にはそぐはないとされています。ですので、普段着としてお出かけの際に着て行くのがよいのかもしれません。

紬は伝統的工芸品に選ばれています

三大紬として知られる大島紬結城紬塩沢紬は着物を作るのに、1年以上もの時間がかかります。手間暇をかけて作られるから高級品であり愛好家に好かれるんですね。
経済産業省が認める「経済産業大臣指定伝統的工芸品」に選ばれている紬があります。そもそも伝統的工芸品とは何ですか?という疑問があるかと思います。

伝統的工芸品とは、

  • 生活に豊かさと潤いを与える工芸品
  • 機械により大量生産されるものではなく、製品の持味に大きな影響を与えるような部分が手づくりにより作られている
  • 100年以上前から今日まで続いている我が国の伝統的な技術や技法で作られたもの
  • 品質の維持や持味を出すために、必要な部分が100年以上前から今日まで伝統的に使用されてきた材料でできている
  • 一定の地域を形成して作られてきたもの

といった5つの要件を満たして、経済産業大臣の指定を受けると伝統的工芸品になります。いろいろな日常品が伝統的工芸品として指定されていますが、8つの紬が選ばれています。

  • 山形県の置賜紬(おいたまつむぎ)
  • 長野県の信州紬(しんしゅうつむぎ)
  • 石川県の牛首紬(うしくびつむぎ)
  • 新潟県の塩沢紬(しおざわつむぎ)・本塩沢(ほんしおざわ)・小千谷紬(おぢやつむぎ)
  • 茨城県の結城紬(ゆうきつむぎ)
  • 東京都の村山大島紬(むらやまおおしまつむぎ)・本場黄八丈(ほんばきはちじょう)
  • 宮城県や鹿児島県の本場大島紬(ほんばおおしまつむぎ)
  • 沖縄県の久米島紬(くめじまつむぎ)

伝統的工芸品には、伝統証紙といった証紙が貼付されます。この証紙は、伝統的工芸品産業の振興に関する法律により経済産業大臣が指定した伝統的工芸品だけにつけられます。

紬の産地と種類

紬は全国で作られており、有名なものは三大紬の大島紬、結城紬、塩沢紬といったものになります。各地の紬をピックアップして見ていきましょう。

岩手県の南部紬(なんぶつむぎ)、南部千厩紬(なんぶせんまやつむぎ)
南部藩が養蚕や染物を推奨したこともあり織物産業が発展しました。その中から生まれたのが、南部紬や南部千厩紬になります。
山形県の置賜紬(おいたまつむぎ)、米沢紬(よねざわつむぎ)、長井紬(ながいつむぎ)、白鷹紬(しらたかつむぎ)
米沢藩主の上杉景勝が織物の原料である青苧や紅花を特産物として奨励しました。その後、9代藩主の上杉鷹山が織物産地を目指し、麻織物から養蚕の絹織物へと発展していき、今では、伝統的工芸品の置賜紬があるように織物の名産地として知られるようになりました。
新潟県の塩沢紬(しおざわつむぎ)、小千谷紬(おぢやつむぎ)、十日町絣(とおかまちがすり)、栃尾紬(とちおつむぎ)
新潟県は、なんといっても塩沢紬かと思います。三大紬とも知られ、また、2009年にユネスコの無形文化財にも登録されています。もともと麻織物が盛んで越後上布といわれる織物が作られていました。その越後上布で培われていた技術を使って織られたのが塩沢紬や小千谷紬になります。
茨城県の結城紬(ゆうきつむぎ)
結城紬は歴史がとても古くて、奈良時代にはあしき絹と呼ばれ、鎌倉時代に結城紬と呼ばれるようになってから全国的な知名度が高まりました。三大紬としても有名ですが、国の重要無形文化財やユネスコ無形文化財にも登録されています。
長野県の信州紬(しんしゅうつむぎ)、上田紬(うえだつむぎ)、松本紬(まつもとつむぎ)、飯田紬(いいだつむぎ)、伊那紬(いなつむぎ)、三才山紬(みさやまつむぎ)、有明紬(ありあけつむぎ)
長野県は養蚕業がとても盛んでした。有名なところで、伝統的工芸品の信州紬です。上田紬や松本紬、飯田紬といった長野で作られる紬の総称として信州紬とされています。
石川県の牛首紬(うしくびつむぎ)
伝統的工芸品の牛首紬が有名です。牛首紬は別名で釘抜き紬とも呼ばれています。釘がひっかかっても、着物が破れるのではなく釘のほうを引っこ抜いてしまうほど丈夫という由来があります。
東京都の村山大島紬(むらやまおおしまつむぎ)、本場黄八丈(ほんばきはちじょう)
東京都では、武蔵村山や八丈島で紬が織られていました。伝統的工芸品でもある村山大島紬と本場黄八丈がやはり有名です。村山大島紬の大島は、奄美大島の大島紬に似ていることから、大島の名がついて広まりました。
宮城県と鹿児島県(奄美大島)の本場大島紬(ほんばおおしまつむぎ)、本場奄美大島紬(ほんばあまみおおしまつむぎ)
紬の中でも特に有名なのが、大島紬ではないでしょうか。大島紬の発祥の地は、鹿児島県奄美大島です。そのことから、奄美大島で作られた紬を本場奄美大島紬と呼び、鹿児島や宮崎の紬を本場大島紬と呼びます。
沖縄県の久米島紬(くめじまつむぎ)
久米島紬は久米島で織られる紬で伝統的工芸品として、また重要無形文化財として指定されています。久米島紬の歴史はとても古く室町時代にはすでに紬が作られていたと言われています。

まだまだ紬の産地や種類はありますが、載せきれないのでピックアップして掲載しました。

紬の着物買取相場について?

紬を高く売るには

紬に限らず、着物が高く売れる条件として、未着用であったり、シミや汚れがなくて保存状態がよかったり、サイズが大きいなどがあり、更に伝統工芸品や作家物になりますと査定額も高くなります。もちろん、上記にあてはまらなかったとしても着物買取は成立しますが、ちょっとしたポイントを押さえることで高額査定につながります。

紬だけでなく証紙も一緒に買取に
紬は、有名作家の作品と有名産地にて作られたものとがあります。作家物の紬は、作家独特の技法が着物や帯、反物に現れているので証紙がない場合でも判断できることが多くあります。一方、産地で作られる紬はどこで作られた紬かを判断するのが難しいこともあり証明するものが必要になります。紬の反物には、泥染めや手織りといった製法や産地、製造者などを証明してくれる商標や伝統工芸品マークなどがついた証紙がついてきます。証紙や保証書を付けることで紬の査定額が高くなってきます。
紬を購入したときに付いていた箱やたとう紙を一緒に買取に
着物買取の専門店は紬を買い取ったあと、その紬をそのまま売りにだします。ですので、購入時と同じように売れるは喜ばれます。桐箱に着物が入っているケースなどホコリや汚れがあるようでしたら、綺麗にして売りにだすようにしましょう。また、たとう紙に呉服店の名前が入っていますと価値が高くなります。
どこで購入したのか、どこ産の紬かを伝える
呉服店で購入や展示会で購入など購入した場所の情報を伝えたり、どこの産地でどんな紬なのかを伝えることで、査定員は確認しやすくなりそれを踏まえたうえで査定をしてくれます。また、購入ではなく譲ってもらった紬もあるでしょう。紬に関する情報が特にない場合だとしても、査定員がしっかり査定してくれるので安心してください。
高く売れる買取店を選ぶる
紬を買い取ってくれるお店は多数あります。ですが、買取店を間違えますと数万円で売れた着物も数百円といった金額にて買い叩かれてしまう場合があります。
  • 古着屋やリサイクルショップ、質屋
  • 基本的には、洋服を買い取っているため、着物に対する知識があまりありません。そういったことから、どんなによい紬だったとしても査定額がほぼつきません。

  • ヤフオクといったオークションサイトやメルカリといったフリマアプリ
  • 全てのことをご自分でおこなう必要があり、当然自分で紬に値段をつけて売りにだすことができますが、紬の価値を理解してそれを相手に説明できないとなかなか思うように売れません。そして、出品するためにはシステム設定が必要になり、また相手との売り買いトラブルも起きやすくもあります。

  • 着物買取の専門店
  • 着物を専門に買い取っているお店になりますので、着物に対する知識が他の業者よりもあり、そういったスタッフが査定をしてくれます。他と比べて一番高く買い取ってもらえる可能性が高くあります。

買取対象となる紬

  • 1枚のみの紬
  • 大量の紬
  • 男性用の紬
  • 紬の反物
  • 数十年前の紬
  • 紬の帯や和装小物
  • 証紙のない紬
  • シミやシワがある紬
  • キズや褪せた状態の紬
  • いつ購入したものかわからない紬
  • 古く地味な色柄の紬
  • 紬かどうかわからない

紬は、着物の中でも紬が着たいというディープなファンが多く、中古でもいいと買い求める人がいます。また、趣味やお稽古ごとに着るために中古で安く紬を買いたいという人もいます。年々、紬に対する需要が増えています。着なくなり処分を考えていた紬が、必要とする人に渡り大切に着てもらえるのは嬉しいことだと思います。

高額買取が期待できる紬

  • 新品の紬
  • 仕付け糸がついた未使用の紬
  • 保存状態がよく着た回数が少ない紬
  • 大きいサイズの紬
  • 大島紬や結城紬といったブランドの紬
  • 白山工房や小岩井紬工房といった有名な工房で作られた紬
  • 天蚕を使って作られた紬

上記の紬は、高く買取してもらえる可能性が高くあります。

紬の帯は買取対象なのか?

紬は、着物だけでなく帯もあります。紬の帯は全国で作られており、ざっくりした風合いが人気となっています。軽くて締めやすい特徴があり袋名古屋帯として織られています。西陣織や錦織の帯と比べると、紬は織りの帯になりおしゃれ着用に使われています。紬の帯は、もちろん買取の対象になりますので、安心してください。

実際の紬の着物買取の価格は3千円~1万円以上

紬は、着丈が大きいサイズで保管状態が良く、人間国宝や有名作家の証紙がありますと着物買取での高値が期待できます。また、紬の産地や柄によって価格が違ってきます。経済産業省指定伝統的工芸品に入っていますと、これも高値が付きやすくあります。無名のものだとしても3千円~1万円と買取相場が高めになります。そもそもの生産量が少ないことやお洒落着として需要がありますので、人気が高いというのがあります。

作者・紬の種類 着物買取額(参考例)
宗廣力三(人間国宝)や宗廣陽助の草木染別誂郡上紬 15万円~
城間栄順(沖縄県指定無形文化財びん型保持者)の琉球紅型染紬 10万円~
伊藤嘉秋の結城紬訪問着 3万円~

気になる着物買取業社の買取相場は?

スピード買取.jpでの着物買取相場(紬)
  • 着物買取イメージ

    買取金額:150,000円

    証紙付きの大島紬や訪問着、博多織の帯など20着以上あり、しかも状態も良く、この買取金額になりました。

  • 着物買取イメージ

    買取金額:54,000円

    独特の柄や風合いが魅力の大島紬です。汚れもなく枚数も多いのでこの高額な買取金額になりました。

  • 着物買取イメージ

    買取金額:47,000円

    落ち着いた色合いが素敵な紬の付け下げや訪問着ですが、証紙付きで汚れもないことから高値な買取金額になりました。

  • 着物買取イメージ

    買取金額:85,000円

    大島紬の染めの中でも最も希少な白泥染めが入り、それ以外も全て美品なことから高額な買取金額になりました。

  • 着物買取でこれを知らないと数万円の差が!!