帯の格を見分ける方法

着物自体に格が存在します。その格を調整してくれるのが帯になります。ですが、礼装にカジュアルな帯を合わせても普段着になるかといいますとそうはなりません。

着物自体の格に対して、帯をどうするかによってより改まった「重い」印象になるか、それともくだけた「軽い」印象になるかということです。

そこで今回は、帯の格を見分けるポイントをご紹介します。

格の調整というのは、フォーマルの度合いを調整するということになります。調整する格としては、「染めではなく織り」「金銀を多用している」「格調高い文様である」これらの条件が格上となります。条件を満たすほど、帯として格の高いものとなります。

染めか織りか

帯は染めよりも織りのほうが格上になります。「染めの着物に織りの帯」という言葉があるように着物とは格が逆になりますので、注意するポイントになります。留袖や訪問着などのやわらかものの礼装には、錦織や唐織といった帯を合わせます。ただし、織りの帯にもフォーマルとカジュアルがあります。もちろん、染めの帯にもフォーマルとカジュアルのものがあります。見極めるポイントとしては、金銀の分量や柄の雰囲気で格を判断する必要があります。

    代表的な技法

  • 錦織
  • 錦織

    金糸、銀糸といった多彩な色の糸を使って模様を織りだした紋織物の総称になります。綴織(つづれおり)や唐織、佐賀錦も錦織の仲間になります。

  • 唐織
  • 唐織

    光沢のある良質な絹糸で織る唐織になります。刺繍のように立体的になり色鮮やかな色彩が特徴となります。

  • 綴織
  • 綴織

    柄の色と色の境目に、把釣孔(はつりこう)と呼ばれる隙間があるのが特徴になります。金銀糸が使われているのは礼装用になります。

  • 引き箔
  • 引き箔

    金銀の箔を緯糸(よこいと)に織り込んだ織物です。煌びやかすぎない感じで落ち着いた金銀の色合いが特徴になります。

  • モール織
  • モール織

    銅線を経糸(たていと)で包むように織り上げており、銅線を抜くことで立体感のあるループ状に毛羽立たせた織物になります。

  • 紹巴
  • 紹巴

    糸に強い撚りをかけて織る、薄手の織物になります。千利休の弟子でもある里村紹巴が愛用したことから名付けられました。

金糸銀糸の量

金糸や銀糸、もしくは金彩銀彩を多用している帯は礼装用の帯になります。当然、金銀の分量が少なくなればなるほどフォーマルへの度合いが軽くなります。また、使っていないものは、お洒落用またはカジュアル用になります。

文様

吉祥文様、有職文様、正倉院文様などの古典文様は格上にあたります。これは昔から日本に伝わる伝統的な模様であり、文様自体に意味があることが多いからです。当然、幾何学柄や遊びを効かせている柄は、カジュアル寄りの描くになってきます。

形状

格が高い順になりますが、袋帯→洒落袋帯→名古屋帯→八寸帯→半幅帯になります。金銀の分量と文様の種類によって、洒落袋帯と織り名古屋帯の格付けが変わることもあります。

格を上げる帯は?

1. 伝統のフォーマル柄を色で楽しむ

格を備えた伝統柄の最たるものが、正倉院文様になります。正倉院には聖武天皇の遺愛品や光明天皇による宝具や荘厳具といった奉献品をはじめとして、大仏開眼会のときに奏された舞楽の装束を含めた東大寺の法会に用いられた仏具や汁器類といった宝物が保存されています。この日本の宝を表した正倉院宝物の文様は、正倉院裂といった数多くの文様が後世に伝えられてきました。

帯の柄として伝来の華文は、正倉院文様のひとつとして、人気があり愛されています。今の色をバランスよく取り入れることで、今でも新鮮な感覚で使える帯になります。

2. いぶし金で上品な光沢

撚金箔の綴帯は、存在感のある着物にも合わせることができますので注目したい帯になります。多くは正倉院文様などの格のある文様になり、色数を抑えてマットな印象になるよう表わしています。

金箔を糸により合わせた撚金糸を使うことで、従来にはない上品な光沢で深い味わいを生み出しています。金箔や絹糸のクオリティをそれを最大限に引き出す技術がダイレクトに着心地に反映されています。フォーマルでありながら一歩控えた色や風合いが、今の女性のお洒落感覚に響いたことで受け入れられています。

3. 物語柄や幾何文を唐織で重厚感を

源氏物語といった文学に由来する物語柄は、友禅の着物でもしばしば目にしますが、美しい唐織の袋帯にもありました。奥行きのある配色が絵画のように表現されています。

唐織によく見られるのは、幾何文の繰り返し柄になります。小菱や花菱といった有職文、正倉院文様も見られ重厚感が漂います。

正倉院宝物の文様には、中国との交易を通して、西域の文化も伝えられてきたために樹下動物文や葡萄文、狩猟文といったペルシャのササン朝文化を起源に持つものもあります。

4. ドレス感覚を帯で豪華に演出

帯の柄の素材は世界各地の染織品であるといっても過言ではありません。そのくらい様々なモチーフが使われています。人気のものになりますと、唐花柄になり、多くの種類があります。

気になる色目になりますが、何と言っても清々しさや明るさのある色で構成されています。この構成が重要で配色によって印象ががらりと変わってきます。

着物や帯それぞれが素敵だとしても、世界観が違うものを組み合わせてしまっては台無しです。イメージする世界観を統一させることで、取り合わせの妙が出てきて楽しむことができます。