紋の格と種類について

kimono_mon_img_001

着物にある紋の格と種類について紹介します。

着物にある紋は、個人や家、所属する団体を識別するためにあります。この紋を持っているのは、世界でも欧米の上流階級と日本だけと言われています。

そもそも家紋の歴史は、平安時代まで遡ります。公家が衣服や調度品、牛車に用いたのが始まりになります。鎌倉時代になりますと武士も紋を持つようになります。それが庶民にまで広がったのは、江戸時代になります。

紋の格はといいますと、「縫いよりも染め」「色付きよりも白」「紋の数が多い」この条件に合うほど格が高くなります。

紋を付ける場所は、五つ紋の場合、両胸、両外袖、背中の中心になります。三つ紋の場合は、両外袖と背中の中心、一つ紋は背中の中心のみになります。

  • 五つ紋の位置
  • 五つ紋

  • 三つ紋の位置
  • 三つ紋

  • 一つ紋の位置
  • 一つ紋

正式な紋

そもそも家紋には正式と略式があります。正式な紋として、「染め抜き紋」で字のごとく白く染め抜いてあります。その紋の中でも最高格なのが、「染め抜き日向紋」となり紋の形をすべて染め抜いております。黒留袖や黒喪服などの正装には必ずこの紋を五つ付けます。また、輪郭だけを白く染め抜いた「染め抜き陰紋」がありますが、染め抜き日向紋のほうが正式となります。

  • 染め抜き日向紋
  • 染め抜き日向紋

    紋の中をすべて白く染め抜いたのが日向紋になります。おもに黒留袖や黒喪服、色留袖や色無地を正装として着る場合に五つ紋を付けます。

  • 染め抜き陰紋
  • 染め抜き陰紋

    紋の輪郭だけを白く染め抜いたものが陰紋になります。おもに準礼装として、色留袖や江戸小紋、色無地などに付けます。

略式の紋

略式の紋は、繡い(ぬい)紋と呼ばれる刺繍紋が該当します。染め抜きの紋とは違い、着物の地色に合わせて糸の色を選ぶことができます。繡い紋にもすべてを繡う日向紋と輪郭だけを繡う陰紋があります。ただし、染め抜き紋のように格の上下はありません。色無地や江戸小紋に、金糸や銀糸、着物と同じ色の濃淡系で繡った一つ紋または三つ紋の刺繍紋をつければ、略礼装になります。略式の紋は、留袖といった正装の着物に付けることはできません。

洒落紋

紋には遊び心を取り入れた洒落紋があります。この紋も、上記の紋と同様に染めと繡いがありますが、紋の格の上下はありません。色無地や江戸小紋、紬などをお洒落着として着るために洒落紋を一つ紋として付けます。

洒落紋の原型として加賀紋や覗き紋、伊達紋があります。これらの原型を好みデザインにアレンジするかたも増えてきました。

  • 加賀紋
  • 加賀紋

    優美で美しい配色の草木や花が特徴の加賀紋になります。染めと刺繍があり、花で円をを描き、家紋を中心に置くこともあります。

祝いの文様

日本の着物は、願いや祈りを文様に表わして装う衣装になります。とくに結婚式などの人生最大の儀式には、親族も来賓も、これからの新郎新婦の人生が幸せであって欲しい願いを着物や帯の文様に託して装っているわけです。

  • 鶴は千年というほど長寿を意味する中国の神仙思想を背景にもつ瑞鳥になります。くちばしを開け閉めする番の姿は、夫婦の繁栄や和合の意味を表します。

  • 亀そのものより亀甲文として馴染み深くあります。亀は万年といい亀もまた長寿のシンボルになります。縁起物として蓬莱山伝説から蓑亀として描かれることが多くあります。
  • 鳳凰
  • 古代中国発祥の伝説上の瑞鳥になります。正倉院の宝物に多く見られる吉祥文様になります。梧桐の林に棲み、竹の実を食べることから生まれたのが桐竹鳳凰文になります。

  • 松は永遠に緑を絶やさない常磐木であることから中国の神仙思想から生まれた仙境で、蓬莱山に育つとされる吉祥の樹木になります。

  • その形から末広と呼ばれており、開運や繁栄を意味する招福の意味を込めた文様になります。また仰ぐことで神霊を呼び起こす力を備えたとされる道具になります。

  • 宝尽くし
  • 不老長寿を約束する中国の八仙にあやかった吉祥文様を日本でも取り入れた縁起物になります。打ち出の小槌や宝珠、隠蓑、宝巻(ほうかん)、丁字などがあります。

  • 四君子
  • 梅や竹、蘭、菊は気品と高潔さを感じさせることから、君子に見立てた中国伝来の吉祥文様になります。花の丸で使用されることが多くあります。

  • 神仙思想によれば、天界に生息する樹木であり、天子の使いとされる鳳凰が地上では梧桐(あおぎり)に棲むとされる瑞祥樹になります。

  • 熨斗(のし)
  • 祝儀の贈り物に添えた熨斗鮑を意匠化したものになります。熨斗鮑は鮑の肉を薄くそいで長く延したものになり、文様は延寿の意味が込められています。

  • 牡丹
  • 富貴の象徴になります。中国では唐の時代に「百花の王」として人気を博していました。鎌倉時代から江戸時代の名物裂には牡丹唐草文として多く見られます。

  • 平安時代の後期に藤原氏の繁栄とともに格付けされ、藤の丸や藤立涌、藤菱といった有職文様として使用されています。また生命力の象徴としても使用されています。

  • 菊は長寿延命の植物として代表されています。中国の「菊水」や能楽の「菊童子」にちなんだ伝説に始まると言われています。実際に、菊花には抗菌作用があります。