着物の文様について

今回は、文様についてご紹介します。文様にも着物と同様に季節感や格があります。そして、文様は、着物や帯、小物に至るまで多くの文様が取り入れられてきました。

文様には、相手に対する気持ちをのせて表現することができます。祝福であったり幸せであったりとそういう気持ちをのせるわけです。ですので、着物を着るうえで、文様の成り立ちや意味、格や季節を知ることがとても大切になります。文様を知ることで、着物と帯でひとつの物語を作ることができるので、お洒落の幅が広がると思います。

写実的な植物は季節限定

文様は、日本ならではの四季を表しており、風景や植物、動物、虫などを使って見事に表現しています。写実的に表現された植物は、季節が限定されます。枝付きに表現された梅の花などは初春の文様として用いられます。ただし、デザイン化されたものや2つ以上の季節の植物が組み合わされたもの、吉祥文様になる植物は、季節を問わず着ることが可能です。

季節は先取るのが粋

例えば花の文様ですと、つぼみの時季から散り始める頃までを目安に取り入れます。季節を先取るのがとても大事です。散り終わる頃に用いれますと野暮と言われてしまいます。

文様の格

着物と帯は、文様の格によってフォーマル度が高まります。格の高い文様は、「吉祥文様」「正倉院文様」「有職文様」になり、おもに礼装の着物や帯に用いられます。ですので、格の高い文様は、カジュアルな着物には用いられません。持っている帯を見て、格調高い文様が表現されていて、なおかつ金銀が用いられているようでしたら、礼装用と判断できるでしょう。

  • 吉祥文様
  • 鶴や松竹梅といっためでたい意味の文様が吉祥文様になります。留袖はほぼこの吉祥文様が用いられています。

  • 正倉院文様
  • 正倉院に収蔵されている染織品の文様になります。礼装用の袋帯に多く見られます。

  • 有職文様
  • 公家が用いた装束や調度品に描かれた文様になります。整然と繰り返されているのが特徴になります。

文様には意味がある

文様には成り立ちや出来た意味があります。成り立ちや意味を知ると着物選ぶ楽しみが増えると思います。もちろん意味を知らなくても好きな文様を選ぶのも楽しいかと思います。

  • 鱗文様
  • 厄除け、魔除けとして家紋や着物に古くから用いられています。この鱗ですが、龍や大蛇の鱗を意味しています。

  • 蝶文様
  • 不死不滅のシンボルとして武士に好かれていました。この蝶ですが、飛び移る様から結婚式には向かないと敬遠する人もいます。

  • 海老文様
  • 長寿を意味する文様として幅広く用いられています。