付下げ

付下げ

付下げ

訪問着を簡略化した略礼服

付下げは訪問着よりも気軽で、小紋よりは格の高い染め着物です。訪問着を簡略化して昭和の初期に考案された着物です。付下げを見分けるポイントとしては、柄付けが縫い目で繋がる絵羽模様ではなく、単発の模様が前後の身頃ですべて上向きの「付け下げ柄」になっていることです。人気がでたために、上前の衽(おくみ)と上前身頃の模様が縫い目で繋がるように改善され、付下げ訪問着と呼ばれる華やかなものもあります。
格は訪問着よりやや気楽な礼装またはよそゆき着になりますが、一つ紋をつけると略礼装に格上げされます。

古典柄かモダン柄でコーディネートを選びます

格式のある場なら古典的な色柄を選び、ホテルのパーティといった場合は、モダンな色柄が合います。また結婚式の参列といったあらたまった場なら金銀や淡色を用いた略礼装のコーディネートにしますが、カジュアルなパーティやお出かけ着とするなら、小紋のような感覚で装うのも良いでしょう。

来賓の装い

あまり大仰になりすぎないように装うには、訪問着よりも付下げが大変重宝されます。一般的に付下げは、反物のまま切らずに染色します。重厚感を出すためには、最終的に絵羽に見えるように、上前から後ろへと続く柄ゆきに染め上げていきます。染の技術が改良されてきたこともあり高度な染色が可能となっています。暈しや飛び柄の付下げには無地場があり、軽やかな印象が生まれますし、気張りすぎずに装うことができます。

結婚式の招待状のドレスコードが平服であるときでも、カジュアルな着物で出かけるのは避けて、略礼装の訪問着や付下げで出席するのがマナーになります。

友人や会社の先輩、同僚として列席するのであれば、訪問着か付下げを着ましょう。略礼装でかまいません。そして、何よりも着る本人が楽しく装うことが大切です。来賓は、祝いの心でめでたい日を盛り上げる立場でもありますから新郎新婦の新しいスタートを華やかに彩りたいものです。

お呼ばれの着物は、今を感じさせる明るい綺麗な色目でモダンさのある祝い柄、そして染織品としてのクオリティを厳選するようにしましょう。これらの原則を忘れずにお洒落にコーディネートをすれば、どんな形式の結婚式でも慌てること、爽やかな笑顔で出席することができます。

付け下げを売る前に押さえておくべきポイント

仕立てに手間がかる訪問着と異なり、付下げは、事前に柄つけをしますので比較的安価で購入しやすい着物になります。ですが、生地そのものや付けられた紋様の価値が評価されますので、着物買取の時に査定額が思わぬ高額ということがあるかもしれません。

そして、付下げは、訪問着よりも着まわすことが容易なため汎用性の高い着物とされています。ですので、着物買取においてもよく査定に出される着物になります。

着物を着て出かけるという機会が時代の流れと共になくなっているということもあり、必然的に着る頻度が減ります。着物の種類の中でも機会の多い付下げですら減っていますので、他の着物の場合は、尚更かもしれません。

着る機会が減り、タンスの肥やしになっているそんな状況で利用して欲しいのが、付下げを買い取ってもらうことです。着物買取で付下げは、とても多く見かけます。付下げの買取需要はとても高くあります。買取相場の幅は広くあり、伝統工芸品や作家物であれば状態にもよりますが、査定額は高値を期待することができます。

付下げの具体的な買取価格は?といいますと、着物買取の査定での値段は一概に言うことはできません。なぜなら、着物買取で取り扱われる着物の多くは中古になり、保管状況でダメージが変わってきます。

付下げの価値を決めるポイントが当然あり、どこの地域の伝統工芸品になるのか、著名や無名といった作家物になるのか、証紙といった価値を証明する付属品があるか、付下げの状態や丈の長さといった、様々な条件を確認をした上で、査定額が決まります。

着る頻度の高い付下げは、買取市場における需要が他の着物よりあります。ですので、着物買取の査定に出したら、思わずの高値にびっくりするといったこともありえます。もし、ご自宅に付下げがタンスに眠っているようでしたら、一度、着物買取の専門業者に査定を依頼してみるのもおすすめします。

実際に付下げの着物買取の相場を下記に紹介しますので、参考にしてみてください。

付下げの着物買取相場について?

付下げは用途が広いので、需要が高く人気の着物ですが、着物買取で実際にいくらで売れるのか気になるところですよね。

・未使用品・保存状態が良いもの

一度も使用していない着物や反物のままになりますと、より高い買取額になる傾向にあります。当然、保存状態が悪い場合やカビやシミ、虫食いといった穴がある場合は、着物買取の評価が下がり、もっと酷いものになりますと買い取りが不可になるということがあります。

多少のシミがあったとしても、着た時に表に出てない場所でしたら、たとえ買取額が下がったとしても売れる可能性がありますので、無料で査定をしてくれる業者にお願いしてもらうのがよいでしょう。

・証紙がある

着物の産地や品質を証明してくれるのが証紙となります。大抵の証紙は反物の端などに付いています。証紙がある方が品物の信用を証明してくれますので、より高値で買い取ってもらえます。

・実際の付け下げの着物買取価格は数百円から数万円

様々な場面で着ることができる付下げは、未婚や既婚といった区別がありませんので、需要が高く人気があります。それだけ売りやすい着物といえます。

未使用品や高級品、人気作家の手掛けた着物になりますと、証紙がある場合には数万円以上の高値が付くことがあります。

ただし着物買取の価格は、実際の着物を確認しないと査定額をだせないため、同程度の品質の着物だとしても、保存状態やサイズなどの様々な要因によって査定額は上下しますので、注意してください。

気になる着物買取業社の買取相場は?

スピード買取.jpでの着物買取相場(付下げ)
  • 買取金額:47,000円

    証紙付きで汚れも少なく落ち着いた色合いが素敵な紬の付け下げや訪問着が高額な買取金額になりました。

  • 買取金額:98,000円

    鮮やかな染めの付け下げや相良刺繍の帯など十数点が高額な買取金額になりました。

  • 買取金額:52,000円

    箪笥一竿分の着物類の中から状態の良い付け下げや小紋ですが、高額な買取金額になりました。

  • 買取金額:129,000円

    未着用込みで風合いも良い染めの小紋や付け下げなどが高額な買取金額になりました。

付下げを買い取ってもらえる着物買取業社は?

おすすめしたいのが、「買取プレミアム」と「スピード買取.jp」になります。どちらも買取サービスにかかる費用が無料でし、地域やタイミングにもよりますが、最短30分で買取に出張して来てもらえるのは大きいと思います。また、着物買取の最大手というのも安心できるポイントかと思います。

とは言うものの、買取が初めての場合、業者選びに対して不安があるかと思います。疑問や不安になりそうな点をまとめましたので、一度ご確認ください。

着物買取業者を選ぶポイント詳しくはコチラをクリック