江戸小紋

江戸小紋

無地感覚の格のある着物

江戸小紋は一色染めの着物ですが、色無地との違いは、白く染め抜かれた模様が特徴です。その模様の種類は数千あると言われています。例えば、細かな柄として、鮫、角通し、行儀、菊菱、霰などがあり、遠目からだと色無地のように見えます。かつては武士の裃(かみしも)に用いられてたそうです。そして、柄の大きさと種類によって格に違いがあります。「江戸小紋三役」と呼ばれる柄や極小の柄は格上になります。一つ紋付きは準礼装として、友人の結婚式や式典など改まった場所で着ることができます。ただし、紋をつけると着るところの範囲が狭まってしまいますので格上の柄でも紋は付けずに、略礼装として着る方が多いようです。

紋をつけると準礼装に

江戸小紋に紋をつけて、袋帯を合わせると準礼装になります。小紋の一種ですが、小紋の中でも特別なものとして位置づけがされています。

江戸小紋の文様

江戸時代の大名たちが、各藩で制定した定め小紋(留柄)を裃(かみしも)に用いたのが江戸小紋の始まりになります。そのときの名残から徳川や前田家などの定め小紋の柄は、江戸小紋の中でも格上とされています。江戸小紋の最大の特徴は、職人の卓越した技が生み出す精密な柄になります。その柄は細かければ細かいほど貴重とされます。そのため、一つ紋で準礼装になり、無紋でも略礼装として着ることができます。

江戸時代の中期になると、江戸小紋は庶民の間にも広がりました。そこから定め小紋以外の柄も生まれました。

フォーマルな柄

江戸小紋三役と呼ばれる「鮫」「行儀」「角通し」や遠目から見て無地に見えるほど細かい柄は、名称の頭に「極」がつきます。

カジュアルな柄

古典模様でも遠目からもはっきりとわかる柄や具象柄、遊びを効かせた柄などの江戸小紋は、食事会やショッピング用のカジュアルなお洒落着になります。

着なくなった小紋をどうする…

小紋は、ちょっとしたお出かけなどに重宝されます。小紋はフォーマルな場には着ることはできませんが、平服指定された披露宴に着ていくことができます。正装に比べて格が下にされる小紋ですが、着る機会としては、他の着物に比べ多くあります。

そんな使い勝手のいい小紋ですが、着なくなる時は来ます。着ていく行事が減ってしまったり、小紋以外の着物を購入したなどになります。きっかけとしては色々ありますが、着なくなった小紋はどうするかという問題があります。愛着のある小紋でしたら、保管するという選択肢あるかもしれませんが、保管するには手間がかかります。

正絹で作られた小紋ですと、虫食いや湿気に弱いため、保管場所として桐製のタンスだったりたとう紙や防虫剤などが必要になってきますし、湿気を取るために防湿剤を用意したり、また年に数回ほど虫干しが必要となってきます。綿やウール、麻で作られた小紋の場合は、湿気には強いですが虫食いが発生しやすくあるため、保管する時には防虫剤を用意して虫食い対策をする必要があります。

保管には手間がかかりますが、これからも着続ける場合はこのような手間も惜しくはないかと思います。ですが、今後着る機会がないかもしれない場合は、こういった手間は割に合わないかもしれない。

保管の手間暇を考えて難しいと思うのであれば、処分ということになりますが、そこでおすすめになるのが、着物買取の専門店に売るということになります。小紋の状態が悪い場合やあまりにも古いといった場合ですと売ることが難しいかもしれませんが、小紋の状態が良い場合には想像以上の高値で買い取ってもらえる場合があるからになります。

小紋の買取相場ですが、素材や種類によって買取額が数百円〜数万円と幅広くあります。綿や麻、化学繊維、ウールの素材でできた小紋ですと、査定額はそれほど高くならず、未使用だとしても数千円くらいになるかと思われます。正絹の小紋になりますと、未使用であれば約1万円前後くらいになり、江戸小紋になりますと、未使用で約数万円といった査定額が付くこともあります。さらに、人間国宝といった有名な作家ものや有名産地の小紋になりますと、査定額が上がってくる可能性があります。売る前に、持っている小紋がどのようなものになるのか確認しておきましょう。

小紋を売るときの注意すべきポイント

小紋を着物買取の専門店に売りにだす場合には、いくつか注意する必要があります。査定額をだすには、様々な要素で決まってきます。ですので、小紋の状態によって、買取相場よりも買取価格が低くなったり、高くなったりします。

保有期間を短く

小紋だけでなく、着物は新しいものほど買取価格が高くなり、着ている期間が長くなることで買取価格が安くなっていきます。着物は、着ている期間が長くなるほど劣化していくため、価値が下がってしまうためです。上記の買取価格は、未使用の一度も袖を通していない状態の買取価格になり、中古の小紋ですと、どうしても未使用の買取価格よりも下がってしまいます。ですので、小紋を売りにだすことを検討しているのであれば、できるだけ早く売るようにしましょう。

状態が良いと買取価格が高く

小紋の状態が良いと買取価格が高くなって、悪いと買取価格は安くなってしまいます。高額査定が期待できる有名作家ものや有名な産地の小紋だとしても状態が悪いと、買取価格が下がってしまう可能性が高くなります。小紋としての価値を下げないためにも、良い状態を保つために使用後の手入れや保管方法のケア十分に注意して、悪化させないようにしましょう。

証紙を一緒に付けて売る

有名作家ものや有名な産地の小紋になりますと、購入した時に証紙と呼ばれる証明書が付いてきます。これは小紋を作った作家名であったり産地が記載されており、お持ちの小紋を客観的に証明してくれるものになります。ですので、この証紙があるとないとでは違った結果になります。もし、この証紙が売る時にないと、たとえ有名な作家ものであったり有名な産地の小紋だとしても、買取価格が下がってしまう可能性もあります。そのために、証紙が付いていた場合は、必ず小紋と一緒に売るようにしましょう。ただし、証紙がないからといって、小紋が売れないということではありませんので誤解されないようにしてください。

サイズが大きいと買取価格が高く

これも小紋だけの話ではなく着物全般にいえますが、サイズが大きいと買取価格が高額になる傾向にあります。これは、女性の身長が昔よりも大きくなっているため、大きいサイズのほうが需要があるためです。そして、サイズが大きいということは、布地も大きいということでもあり仕立て直すことができるので、様々なサイズの仕立て直すことができます。そういった事情からサイズが大きいほうが買取価格に期待ができるということです。

着物買取を依頼するときは専門店に

小紋は需要も高いこともあり、色々な業者が買取をしています。着物買取を専門に扱っている買取業者からリサイクルショップや質屋までと業種も様々です。そのために、どの買取業者にお願いするべきか迷ってしまうかもしれません。買取業者の選ぶポイントがありますので、それを紹介します。

小紋の買取実績が多くあるのがポイントになります。この買取実績が多いということは、それだけ売りにくる人が多いということでもあり、その業者は支持されているとことにもなります。そして、買取価格も高値になるので売りにだしているということが推測されます。また、買取実績が多いということは、中古の相場を熟知しており、小紋の知識はもちろん、需要と供給のバランスを把握していてより正確な査定額を提示してくることが期待できます。

そして、業者が用意しているサービスも選ぶポイントになります。買取価格が高かったとしても、お客や着物への対応が不親切だったり、手続きが煩雑だったりすると嫌な気になり利用する気になりません。また、着物買取にかかるサービスに対して手数料が必要だったりと、満足な取引ができず、思わぬトラブルになることも有り得ます。

気になる着物買取業社の買取相場は?

スピード買取.jpでの着物買取相場(江戸小紋)