着物買取のコツ!高く売るために押さえるべきポイント!

着物買取のコツとは

着物買取の専門店に査定をお願いするときは、着物だけでなく帯や草履といった和装小物も一緒に出して査定してもらうようにしましょう。和装小物が高額になることはありませんが、着物と合わせて出すことで着物の査定額がUPしてもらえることがあります。

証紙があるなら必ず一緒に

証紙とは着物の産地や品質、作者といったことを証明してくれる紙になります。この証紙があるかないかで着物の査定額の幅が変わってきますので、査定をお願いするときには必ず着物と一緒にだすようにしましょう。もちろん証紙が付いてない着物もありますが、購入金額が高い着物になりますと付いていることがほとんどです。

もし証紙が見あたらないようでしたら、たとう紙を確認してみてください。このたとう紙とは、着物や帯を購入したときに包まれていた紙のことをいいます。たとう紙で包まれているのは、通気性に優れていることから除湿効果が期待でき、湿気に弱い着物を保存するのに非常に適しているからです。基本的に着物の切れ端と共に、証紙も同封されています。

着物を売るなら着物買取の専門店

着物を売ろうとしたときに近くのリサイクルショップや古着屋で、ついでに他のものも売ってしまおうかと考えるかもしれません。一度に不要品を処分することができるので便利なのですが、おすすめすることができません。なぜかといいますと、着物は専門的な知識が必要になり簡単に査定ができるものではありません。自分では安いだろう!と思っていたとしても、売りにだしてみたら思ってもいなかった額になることもあります。そして、着物買取の専門店でないと、着物の価値が分からずに買い取りを断られたり査定額が0円ということもあります。せっかく売りに出すなら値段が付くほうがいいですよね。着物買取のコツはちょっとした違いなんです。無駄足にならないよう着物買取の専門店に査定をお願いするようにしましょう。

着物買取の専門店はどこがいいの

専門店を選ぶコツ

  • 着物の専門性
  • 様々な販路
  • 企業努力

コツとしては、この3つのポイントを必ず抑えておくことです。

着物に対する専門性が高いお店は、査定の知識や経験があり着物の価値を把握しています。そういった事情から査定額も高値になるのです。また、様々な販路がありますと、例えば日本の市場だけでなく海外の市場にも流すことができます。日本はどうしても古着よりも新品をというところがあります。お店としてもなかなか売れないものを買うのはという気持ちがありますので、なかなか買い取らなかったり、値が付いたとしても高値にはなりません。

その点、様々な販路を持っている専門店になりますと、お客さまの要望に合わせて多種多様な着物が必要になってきます。他のお店が見向きもしない着物だとしても欲しいために値段を付けて買い取るわけです。

そして、企業努力も査定額が高値になるためにとても重要な要素です。着物買取は基本的に中古品を扱うため、どうしても安値になってしまいます。ですが、専門店によってはキャンペーンを定期的におこなって査定額をUPさせています。これは着物を売りに来てもらったお客さまに対しての感謝の気持ちと少しでも査定額が高値になればという気持ちの現われだと思います。お客の気持ちになってサービスを展開している専門店を選び査定をお願いしたいものですね。

着物買取で高額査定になるコツ

着物買取においてどんな着物でどういった状態のものが高額査定に繋がるかを紹介します。

着物の保存状態
着物買取をお願いする前にお持ちの着物がどんな状態なのか確認するようにしましょう。当然、新品であったり未着用、着た回数が少ないほど査定は高額になります。そして、購入してから10年以内の着物ですと高額査定の対象になります。例え10年以上であったとしても作家ものや保存状態の良いものですと査定額が高額になることがあります。
裏地の状態
着物は傷みやすいので保存状態によって価値がかなり変わってしまいます。ですので、普段から気にしておくようにしましょう。ただ、きちんと保存をしていたとしても素材の絹は経年劣化をしてしまうため、見た目が綺麗だとしても裏地が茶色く黒ずんでしまったり、金や銀が変色したりしてしまいます。自然と色あせやシミなどが発生してきますのでもし着ないのであれば、劣化して価値が下がってしまう前に着物買取の査定をお願いすることをおすすめします。
証紙の有無
着物価値を証明してくれる証紙があるかどうかで査定額は大きく変わります。ですので、証紙がある場合には着物と一緒に査定に出すようにしましょう。
着物の生地
着物の生地としては、5つあり絹、麻、木綿、ウール、化繊になります。特に、正絹と呼ばれる絹100%の生地が査定額が高値になります。正絹の着物の中でも、匁が大きいものほど高額査定になります。それ以外の生地も売ることはできますが、高額査定を期待することは難しくあります。
サイズ
大きいサイズは問題ありませんが、小さいサイズになりますと高値で売れる可能性が低くあります。理由としては、小さいサイズは仕立て直すことができませんので、着る人が限られてしまいます。そうなりますと、どうしても査定額を下げざるをえません。その点、大きいサイズは、仕立て直すことができますので、高値になる可能性があります。

着物の買取方法

着物買取には出張買取や宅配買取、持ち込み買取と3種類あります。それぞれのメリットやデメリットを理解したうえで自分にあった買取方法を選ぶとよいでしょう。

 

出張買取
着物買取の査定員が自宅などに伺い査定をします。
メリット:自宅にて査定員が来るのを待つだけ。目の前で査定の様子を見ることができ、直接交渉もできる。
デメリット:自宅で査定員との対面が不安になる。
宅配買取
着物を宅配キットに詰めて専門店に宅配便で送り査定してもらいます。
メリット:着物を詰めて送るだけなので簡単。
デメリット:対面ではないので査定内容に不安がある。
持ち込み買取
持ち込み買取とは、店舗を構えているお店に着物を直接持ち込み買い取りしてもらいます。
メリット:自分のタイミングで着物を売ることができる。
デメリット:持ち込む手間が掛かるうえに断られることも多い。

買取方法にはそれぞれメリット・デメリットがありますので、自分に合う買取方法を選んでください。おすすめの買取方法は出張買取になります。といいますのも持ち込み買取になりますとせっかく重たい着物をお店まで運んだのに、買い取りできないものばかりですと意味がありません。リサイクルショップや古着屋の多くは買い取りができないところがほとんどになります。せっかく売りに持っていった着物をまた自宅に持って帰るのは辛いものがあります。宅配買取は、対面ではないので査定に不安が残るかと思います。

その点、出張買取は、目の前で査定をしてもらえるので疑問があったらその場で確認することができますので、査定額に対して納得しやすくあります。査定員を自宅に上げるのが嫌な場合は、玄関での査定も可能になるので安心です。

私がおすすめする着物買取の専門店

着物買取のコツについて紹介しましたがこれは要因であって、売りたい着物の買取金額は実際に査定してもらうまでは正確に分かりません。私がおすすめする着物買取の専門店ですと、サービスに関わる査定料や手数料といった費用が完全無料で対応してくれます。着物買取で評判の高い専門店で、それぞれに強みがありますが、どちらも高額査定が期待できますのでお店選びの参考にしてください。

着物の出張買取なら【スピード買取.jp】

メインキャラクターに坂上忍さん起用しているスピード買取.jpですが、特徴としましては、日本全国で出張買取をしているところではないでしょうか。また、場所によっては、申し込んでから最短30分で査定が受けられることも可能です。女性の査定員を指名できるのも嬉しいサービスです(※お客様が女性の場合のみ)。
出張エリアでない場合でも、宅配買取に対応していますので安心してください。

高価買取専門の【買取プレミアム】

毎月10,000件以上のお問い合わせがあるとても人気な買取プレミアムですが、特徴としましては、名前にあるとおり買取価格にプレミアムをだすことに注力しているところではないでしょうか。
出張買取、宅配買取、持込買取と都合に合わせて買取方法が選べて買取価格が高くなるなら使わない手はないですよね。