色無地

色無地

色無地

紋の種類で格が決まる着物

柄や刺繍のない一色染めの着物の総称です。一色染めの色無地は、目的に合わせて着分けることができるので利用範囲の広い着物です。他紋があるものやぼかし染めでも、全体が一色染めであれば色無地とされます。
紋の数によって格が変わり、五つ紋はかなり改まった式服になり、結婚式や式典にも参列できます。三つ紋は無紋の訪問着より格が上の準礼装になります。一つ紋なら結婚式・披露宴のお呼ばれやお宮参り、七五三、入学式にぴったりです。
明るく華やかな色は慶事に、両用する場合は紫、藍、緑といったシックな色を選ぶといいでしょう。
・地紋の選び方
「流水文」「紗綾形文」「網代文」「雲文」「立涌」などの有職文様の地紋は格が高く、慶弔どちら用にも使えます。おめでたい吉祥文様なら慶事専用です。地紋のない縮緬生地はどんな場面でも着られます。

祝儀・不祝儀のどちらにも使える

色無地は色や地紋の種類によって、祝儀・不祝儀のどちらでも着られます。色喪服にする場合は、地色が淡いグレーや水色など渋めの寒色、茶や臙脂色で、おめでたい地紋がついていないものを選びます。長襦袢と帯や小物を不祝儀用にします。

色無地の着物買取相場について?

色無地の買取とは

色無地は柄のない着物になり、その着物を買取に出した場合に、査定額が付くのかと疑問に思うかもしれません。普段から着物を着ない人はとくに、「色無地は売れない」と諦めてしまう人がいるようです。ですが、それは大きな間違いです。

色無地は買取してもらえるんです!

色無地は、普段着はもちろん、お茶席、色無地に紋をつけて礼装として着ることができる優れものなんです。着物が無地ということもあり、帯や小物が映えますので様々な組み合わせを楽しむことができ、オシャレな1枚として重宝されます。

柄のある着物ではありませんが、色のバリエーションは実に様々です。着物好きは、その中から着るシーンや自分に合うものを選びます。そのうえ、柄がありませんので、流行に左右されることがありません。そういったことから色無地は、意外と人気で買取の需要があります。

そんなことから着物好きにとって一枚は必ず持っていたい着物になりますので、中古品だとしても売れる可能性が高くあります。査定額がつきそうにないと思ったとしても、捨てるのはもったいないです。リサイクルのつもりで売りに出すことをおすすめします。

汚れやシミの有無があっても買い取ってもらえるのか?

色無地は柄がありませんので、着物にシミが付きますとかなり目立ちます。ですが、食べ物や化粧品のシミが色目によっては気が付かないこともあります。そのまま処置をせずにしまいますと、タンスの中で変色してしまうことがあります。シミの他にも色無地の保管状態が悪いと価値のあるものだったとしても価値が下がってしまいます。

そんな色無地ですが、汚れやシミ、色落ちしてしまった着物は売れないのでしょうか?

そんなことはありません。買い取りしてもらえる可能性があるんです。着物買取の専門店は、着物に特化した販路を複数持っています。買い取りした着物に、例えシミや汚れ、傷があったとしても、それを染色やシミ抜きなどを専門の業者に依頼をして、より新品に近い状態の着物にして販売しています。

そういったことから、売りたい着物を確認したときに、汚れやシミ、傷みがあったとしても諦めずに、着物買取の専門店に相談することをおすすめします。

紋の有無によって色無地は買取の対象となるのか?

色無地は一つ紋を入れるのが一般的になりますが、紋付の格としては、準・略礼装になりますので、改まった場や様々な行事に着ていくことができる便利な着物です。そういった事情から色無地を持っている人は、紋付であることが多いかもしれません。自分の家紋が入った着物は、自分しか着れないと思うので、買い取りしてもらえないと諦める人がいます。

しかし、こういった問題も着物買取の専門店なら、紋付の色無地であっても買い取りしてもらえます。
特に「通紋」と言われる紋ですと、問題なく買い取りしてもらえます。この通紋は、女性なら誰でも使える紋になり、どこでも通用します。主に五三桐、蔦、揚羽蝶の3つがあり、その中でも五三桐が圧倒的に流通量が多くあります。

色無地における着物買取の相場は数百円~5万円以上

色無地は、1枚持っていると便利に着れることから買取市場で人気がとてもあります。とくに、サイズが大きい場合や未使用のもの、使用頻度の少ないものは、高く買い取ってもらえる傾向があります。人間国宝や伝統工芸品などは、証紙があると更に着物買取の値が付きやすくなります。もちろん専門店によりますが、希少価値があると認められれば、驚くほどの買取額が付くことがあります。無名の色無地ですと保存の状態にもよりますが、数百円から5千円くらいになります。

色無地の種類 着物買取額(参考例)
人間国宝の久保田一竹の辻が花染(正絹) 約40,000円後半から50,000円~
石川県無形文化財の白山工房のくろゆり染(牛首紬) 約20,000円後半から30,000円~
石川県無形文化財、加賀友禅作家の柿本市郎の加賀友禅(正絹) 約10,000円前半~

色無地を買い取ってもらえる着物買取業社は?

色無地の着物買取の業者は、たくさんありますが、その中でもおすすめしたいのが、「買取プレミアム」か「スピード買取.jp」になります。色無地を高く買い取ってもらえることはもちろんですが、出張査定や宅配買取といったサービスを選べたり、女性の査定員を選べたり、最短30分で出張に来てくれたりとお客さまを第一に考えてくれているというのがいいですよね。もちろん、サービスにかかる費用も無料です。

とはいえ、着物買取のサービスを初めて利用するときは、不安もあると思いますので、下記のページを依頼する前に確認しておいてください。

初めての方が戸惑うポイント:着物買取が初めての方に向けて戸惑うポイントを紹介しています。