着物買取で付下げの買取相場

付下げは着物買取で売れるのか

付下げ

付下げは、訪問着を簡略化した着物になり格としては、準礼装になります。既婚や未婚といったことは関係なく着ることができ、結婚式はもちろん様々な行事に着て行くことができますので、とても便利な着物になります。この付下げができた歴史としては、太平洋戦争がおこった頃に訪問着を着ることが禁止になったために代わりとして作られたのが付下げとなりこれが始まりとされています。

着なくなった付下げをどうするか

準正装という格になり訪問着の簡易版という付下げは、結婚式はもちろん、入学式や卒業式、お茶会など様々な場面で着る事ができますので、とても使い勝手のいい着物になります。そういったことから、付下げを持っている人は多いかと思います。ですが、着物を着るイベントはそう頻繁にあるわけではありませんし、お茶や日本舞踊といったお稽古事も辞めてしまうとその後に着る機会は皆無かと思われます。

皆無になった場合に、着なくなった付下げをどうするかという問題があります。まず考えられることとして、高級な付下げですと大事に保管するという選択肢がありますが、この付下げを保管するのはとても手間がかかります。なぜかといいますと、高級な付下げは素材として正絹になり、この正絹は虫食いと湿気にとても弱いからです。この対応のために桐製のタンスを用意して湿気対策をしたり、更に防湿剤を入れたり合わせて防虫剤も入れたりします。タンスだけでは湿気は取れませんので年に数回は虫干しをする必要があります。こういった手間や道具は、付下げを今後も着るのであれば負担がかかったとしても問題はありませんが、着る機会がないのであればこれだけの手間をかけるのは割に合わないのかもしれません。

ですので、着ない付下げは保管ではなく、処分するという選択肢を選ぶことが考えられます。そこでおすすめしたいのが、付下げをただ処分するのではなく着物買取の専門店に買い取りしてもらうことです。

付下げは売れるのか

付下げが売れるのかという疑問があるかとは思いますが、付け下げを買い取ってくれる買取専門店は需要も高いことから多くあります。気になる付下げの買取相場ですが、状態の良い中古の付下げで7〜8千円前後になり、未使用品で状態が良い場合ですと1万7〜8千円程度となります。また、有名な産地や作家ものになりますと、付下げの状態にもよりますが、上記の相場よりも高値で買い取ってもらえることがあります。着物買取の専門店に売る前に、お持ちの付下げを確認しておきましょう。

売るときの注意点

付下げは、買取相場というものものが存在しますが、これはあくまでも参考程度であり、実際の買取価格は付下げの状態や様々な要素によって決まってくるため、当然相場よりも高くなったり、低くなったりすることがあります。着物買取の専門店に売る際に注意するポイントを紹介します。

◆付下げの状態
付け下げの状態が査定額に影響することは多くあり、状態が良いと当然査定額は高くなり状態が悪いようであれば査定額は低くなります。有名な産地ものや作家ものは価値が高く高値が期待できますが、状態が悪い場合は価値が高い付下げであっても査定額は低くなってしまいます。付下げの状態は査定額にとても大きな影響を及ぼします。ですので、付下げの価値を下げないためにも、普段から状態に対して注意するようにして悪化させないようにしましょう。
◆証紙も一緒に
有名な産地や作家ものになりますと、産地はもちろん作家名などが記載されている証紙が付いてきます。この証紙は、査定するのに重要な要素であり、この証紙があるかないかで査定額に違いが出てきます。付けるのを忘れたために査定額が下がってしまうということがないように、付け下げを売るときには証紙を付けて査定をしてもらうようにしましょう。
◆付下げのサイズ
これは付下げだけでなく着物全体になりますが、サイズによって査定額に違いが出ることがあります。サイズが大きいと査定額が高い傾向にあります。これは、サイズが大きければ仕立て直すことができるため、様々な需要に対応できるということで高値になりやすくあります。
◆価値が下がる前に
これも着物全般にいえますが、着物は新しいものほど査定額が高くなります。当然、着る頻度や歴が長くなればなるほど査定額は安くなります。どうしても期間が長くなれば劣化具合も大きくなってしまい価値が低くなってしまいます。そして一般的ではありますが、着物を購入してから10年までが買取対象とされています。これ以上になりますと、買い取ってもらうのが難しくなる可能性が高くなります。ですので、付下げを買い取ってもらいたい場合は、価値が下がる前に早めの対応をおすすめします。

着物買取の専門店

付下げを売る場合には、数ある専門店の中から選ぶ必要がありますが、これがなかなか難しい問題かもしれません。専門店を選ぶポイントを紹介しますので、あなたにとって最適な買い取りの専門店に巡り合うために選ぶ参考にしてください。

ポイントのひとつとして、付下げの買取実績が豊富なことが挙げられます。この実績が豊富ということは、それだけお客に支持されている証明であります。つまり、みんな査定額に納得している可能性が高く高値がつくことが期待できます。そして、付下げに対する知識や経験も豊富なので、市場の相場も十分に把握しているため提示される査定額は、市場価格を踏まえた額である可能性が高いです。そのため、自分では思いもよらぬ査定額になる可能性があります。

それ以外のポイントとして、サービスの充実があります。サービスにかかる費用が高かい場合や利用するための手続きが煩雑の場合には、たとえ付下げを売れたとしてもトラブルになったりする可能性が高くなります。お客の目線に合わせたサービスが充実している専門店を選ぶことでトラブルなく付下げを売ることができます。これらのポイントを満たした専門店でおすすめしたいところがありますので、選ぶときの参考にしてください。

私がおすすめする着物買取の専門店

査定額が高くなる専門店を選ぶかと思いますが、他にも選ぶポイントがあります。買取実績が豊富なこともポイントになります。実績が豊富ということは、多くのお客に支持されているということの証明でありますし、色無地の相場感や知識があり色無地が持っている価値を十分に知っていますので、査定額が高値になるといった可能性があります。

また、サービスが充実しているのもポイントになります。客のことを考えてできたサービスだから、着物買取の手続きがスムーズに進みます。このサービスが良くないお店ですと、気持ちよく色無地の買取をしてもらえない可能性があります。着物買取をトラブルなく終えることができるのは重要なポイントです。これらのポイントを満たすお店は世の中にいくつかあると思いますが、おすすめしたい着物買取の専門店があります。

おすすめする理由として、色無地を含め様々な着物を買い取っています。そのため着物全般に精通していて、たとえ無銘の着物だとしても高値で買い取りをしてくれることがあります。また、サービスに関わる費用が全て無料なので、気軽に査定を依頼することができますし、査定額に納得できなかった場合も、キャンセル料が無料になります。

着物買取での評判が高い専門店になり、それぞれに強みがありますが、どちらもサービスの質や査定に対して期待できますのでお店選びの参考にしてください。

着物の出張買取なら【スピード買取.jp】

メインキャラクターに坂上忍さん起用しているスピード買取.jpですが、特徴としましては、日本全国で出張買取をしているところではないでしょうか。また、場所によっては、申し込んでから最短30分で査定が受けられることも可能です。女性の査定員を指名できるのも嬉しいサービスです(※お客様が女性の場合のみ)。
出張エリアでない場合でも、宅配買取に対応していますので安心してください。

高価買取専門の【買取プレミアム】

毎月10,000件以上のお問い合わせがあるとても人気な買取プレミアムですが、特徴としましては、名前にあるとおり買取価格にプレミアムをだすことに注力しているところではないでしょうか。
出張買取、宅配買取、持込買取と都合に合わせて買取方法が選べて買取価格が高くなるなら使わない手はないですよね。