着物買取で小紋の買取相場

小紋

付下げは着物買取で売れるのか

小紋の模様の柄として全体に同じものが一方向に繰り返しているのが特徴で、着物の格としては正装ではないため普段着として着られています。そういったことから、フォーマルな場所では着ることはできません。ですが、江戸小紋だけは準礼装として着ることができます。カジュアルに着ることができ購入するときの価格も比較的高額ではないこともあり、入門編として小紋がすすめられます。

着なくなった小紋をどうするか

小紋は、ちょっとした場面で使えるためとても重宝される着物になります。小紋の格としては正装より下とされる普段着扱いの着物なので、フォーマルな場に着ていくことはできませんが、他の着物より場面としては多いかもしれない。

そんなちょっとした場面で着れ便利な小紋ですが、着なくなりタンスに保管したままということがあるかもしれません。着物を着ていく場面がそうそうないことやお稽古事を辞めるなどいろいろな事情があるかと思います。また、小紋以外の着物を購入した場合、それまでの小紋を着なくなるということがあるかもしれません。

そうなった場合に、着なくなった小紋をどうすればいいのかという問題がでてきます。選択肢としては、長く着て愛着が湧いた小紋ですので保管ということになるかと思います。

ですが、小紋もそうですが着物を保管するというのは手間がかかります。小紋の素材が正絹ですと、虫食いや湿気に弱いため気を使います。保管する場所に桐製のタンスを用意したりたとう紙に包み防虫剤や防湿剤を入れる必要があります。また湿気対策として、年に数回は虫干しをしなくてはいけません。素材がウールや綿といった場合は、あまり湿気に気を使う必要はありませんが、虫食いに気をつける必要があります。ですので、こちらは保管する時に防虫剤をこまめに変える対策が必要になります。こういった対策が必要になってきますが、これからも小紋を着るのであれば惜しくない手間だと思います。

ですが、もし今後も着る機会がないのであれば、こういった対策は割に合いません。そこでおすすめしたいのが、ただ処分するのではなく着物買取の専門店に売るということです。小紋の状態が悪い場合やあまりにも古いという場合には売ることができませんが、そうでなければ自分でも思ってもみなかった査定額にて買い取ってもらえる場合があります。

小紋の買取相場は?

着物買取における小紋の買取相場ですが、数百円から数万円と幅広くあります。素材がウールや綿、麻、化学繊維といった小紋ですと査定額に対してあまり期待を持つことができません。たとえ未使用であったとしても数千円くらいでしょう。これが正絹の小紋ですと、未使用で1万円前後になり、江戸小紋であれば、未使用で数万円になることがあります。そして、有名な産地や作家ものになりますと、査定額がさらに高くなる可能性があります。ですので、売る前にお持ちの小紋が素材は何か状態はどうかを確認しておきましょう。

売るときの注意点

着物買取の専門店に売る場合ですが、いくつか注意してほしいことがあります。査定額は、いろいろな要素によって決まります。ですので、状況によって買取相場よりも査定額が低くなったり高くなったりします。買取相場はあくまでも相場の値段ということです。

◆状態の良し悪し
小紋だけではなく着物全体にいえますが、小紋の状態が良いと査定額は高くなって、悪い場合は査定額は低くなっていきます。小紋の状態が悪いということは小紋としての価値が低くなり、また、その価値を回復させるために修復をしますがその費用がかかってしまうということです。これは有名な産地や作家ものであったとしても、状態が良くなければ査定額が低くなってしまいます。ですので、状態を悪くしないためにも小紋を着たらきちんと手入れをして、保管にも十分注意して購入したときの状態を維持できるようにしましょう。
◆証紙を付ける
有名な産地や作家ものになりますと、小紋を購入した際に証紙と呼ばれるものが付いてきます。これは、産地名や作家名が記載されていて小紋の価値を証明してくれるものになります。ですからこの証紙は、売る時にとても重要となります。証紙が付く着物はそれ自体に価値がありますから、たとえ売るときに証紙が無かったとしても価値が下がることはありません。ですが、証紙が付いていたほうが小紋の価値を証明もしやすくなりますし、専門店としても次に売るときにお客さまに安心して買ってもらえます。そういったことから証紙があったほうが査定額が上がりやすくあります。
◆小紋のサイズ
小紋も売るときにもやはりサイズが大きくあるほうが査定額も高値で買い取りしてもらえたりします。今の女性は昔よりも身長が伸びているために、サイズが大きいほうが需要も高くお店としても売れやすくあります。また、サイズが大きければ小紋を仕立て直すことができますので、色々なサイズにできるからです。
◆早く売る
小紋だけではありませんが着物は、新しいものほど査定額は高くなります。その反面、着ていた期間が長くなればなるほど査定額は低くなっていきます。着物はどうしても劣化していくもので、着るほどに価値が下がってしまいます。ですので、未使用の小紋と比べてしまうとどうしても中古になると査定額が低くなってしまいます。小紋を売るのでしたら、できるだけ早く売るようにしたほうがおすすめになります。

気になる小紋の買取相場

  • 買取金額:58,000円

    渋めの色遣いが特徴の小紋を始め状態の良い訪問着がありこの買取金額になりました。

  • 買取金額:52,000円

    状態の良い小紋や付け下げが複数枚ありこの買取金額になりました。

  • 買取金額:80,000円

    作家ものの小紋や牛首紬が、未使用品で全て証紙がつきこの買取金額になりました。

  • 買取金額:129,000円

    未着用の付け下げや風合いも良い染め小紋などがありこの買取金額になりました。

私がおすすめする着物買取の専門店

査定額が高くなる専門店を選ぶかと思いますが、他にも選ぶポイントがあります。買取実績が豊富なこともポイントになります。実績が豊富ということは、多くのお客に支持されているということの証明でありますし、小紋の相場感や知識があり小紋が持っている価値を十分に知っていますので、査定額が高値になるといった可能性があります。

また、サービスが充実しているのもポイントになります。客のことを考えてできたサービスだから、着物買取の手続きがスムーズに進みます。このサービスが良くないお店ですと、気持ちよく小紋の買取をしてもらえない可能性があります。着物買取をトラブルなく終えることができるのは重要なポイントです。これらのポイントを満たすお店は世の中にいくつかあると思いますが、おすすめしたい着物買取の専門店があります。

おすすめする理由として、小紋を含め様々な着物を買い取っています。そのため着物全般に精通していて、たとえ無銘の着物だとしても高値で買い取りをしてくれることがあります。また、サービスに関わる費用が全て無料なので、気軽に査定を依頼することができますし、査定額に納得できなかった場合も、キャンセル料が無料になります。

着物買取での評判が高い専門店になり、それぞれに強みがありますが、どちらもサービスの質や査定に対して期待できますのでお店選びの参考にしてください。

着物の出張買取なら【スピード買取.jp】

メインキャラクターに坂上忍さん起用しているスピード買取.jpですが、特徴としましては、日本全国で出張買取をしているところではないでしょうか。また、場所によっては、申し込んでから最短30分で査定が受けられることも可能です。女性の査定員を指名できるのも嬉しいサービスです(※お客様が女性の場合のみ)。
出張エリアでない場合でも、宅配買取に対応していますので安心してください。

高価買取専門の【買取プレミアム】

毎月10,000件以上のお問い合わせがあるとても人気な買取プレミアムですが、特徴としましては、名前にあるとおり買取価格にプレミアムをだすことに注力しているところではないでしょうか。
出張買取、宅配買取、持込買取と都合に合わせて買取方法が選べて買取価格が高くなるなら使わない手はないですよね。