着物を売るなら着物買取の専門店を選ぶべき理由!

着物を売る

着物を売るとしたら

タンスに着ていない着物が眠っていて、このまま眠らせておくにはもったいないから着物を売りたいと思っているかと思います。せっかく着物を売るなら、高く売れたほうが嬉しいですよね。着物を売る方法としては、下記の3つの方法があります。それぞれ紹介していきますので、売るときの参考にしてください。

着物を売る3つの方法

着物をリサイクルショップで売る

リサイクルショップに売りにだす人が一番多いのではないでしょうか。大抵の街に1店舗くらいはリサイクルショップがありますので、身近なこともあり店舗に着物を持っていけば、すぐに査定をしてもらえます。査定の予約が必要ありませんので、急いでいるときにとても便利かと思います。

ですが、リサイクルショップは注意が必要です。それは、査定してくれる人が着物に詳しいのかということです。着物に詳しくないと価値を判断することが出来ず、価値のある着物をお願いしたとしても高値になることはないかもしれませんし、値段が付かない可能性もありえます。もしそうなりますと、持ってきた着物をまたご自宅に持ち帰る羽目になります。

着物をネットオークションで売る

ヤフオクやメルカリといったネットオークションが有名ですが、こういったところのメリットは、自分で売りたいと思う値段を付けることができるところだと思います。その値段で売ることができたら、自分の中での高値になることから金額に対する納得ができますし満足できるかと思います。デメリットとしては、着物を売るために見栄えのいい写真を撮ったり、紹介文を書いたりする必要があり手間が発生します。それでも売れれば、この手間も報われますので、あまり気にすることはないかと思いますが、注意する点もあります。それは、売れてから、相手が着物を受け取ったときに発生するトラブルになります。「汚れ」「シワ」「送料」といったところがよく聞くトラブルの理由になります。それと偽物問題です。値段を自分で付けられるのがメリットなんですが、相場よりも高いと相手から不審がられて中々売れないということあります。

着物を着物買取の専門店で売る

ネット上も含め着物買取の専門店は、多数存在しています。専門店での買取は、店舗を構えているところは店舗でも受け付けていますが、基本的には出張買取か宅配買取になります。出張買取は、査定員が指定した住所に出張してきて目の前で査定をしてくれます。宅配買取は、着物を専門店に送り専門店に着物が届いたら査定することになります。

専門店のメリットとしては、ご自宅にいながら着物買取を完了させることができることです。また、査定する査定員が着物に詳しいこともあり、査定額としても納得できる金額になりやすくあります。

専門店だからといって査定額に納得できないようであれば、キャンセルしても費用は発生しませんので、着物を売る場合には、まずプロの査定員に査定をしてもらいお持ちの着物の相場を知ることが大事かと思います。

着物買取専門店:着物の出張買取なら【スピード買取.jp】
着物買取専門店:高価買取専門の【買取プレミアム】

着物を売るときの相場は

着物を売ろうと思ったときに気になるのが査定額といった買取相場だと思います。高い金額で買った着物ですから、売るときも高い金額でと思うはずです。着物は他の買取商材とは違って、着物の状態に左右されることが大きいのではっきりとした金額を紹介することはできません。ですので、あくまでもここにでている金額は目安というところで見ていただけると問題はないかと思います。

着物買取の相場感

着物は、素材や生地はもちろん、状態によって査定額が変わってきます。それ以外の要素として、新しさも大事です。着物が新しければ新しいほど査定額が高くなる可能性があります。

有名作家や産地のものではなく普通の着物だとしても、着物の状態が良くて購入して10年以内のものでしたら、幅はありますが数千円から1万円くらいの査定額がつくことがあります。これが、有名作家や産地ものになりますと、たとえ古くても希少価値がありますので、高値になりやすくあります。もちろん状態が良ければかなりの高値になる可能性がありますので、査定額としても期待できるかと思います。

普通の着物で新品だと商品価格の10~20%くらい、中古の場合で状態が良いと5~10%くらいになり、状態が悪いものになりますとよくて5%ほどが買取相場になるといわれています。ですので、普通の着物で古い着物になりますと査定額がつかないこともあります。そもそも着物を購入するときに高い金額をだすわけなので、売るときも高いでしょ!と思いがちですが、実際はそんなことはありません。着物買取の相場として、購入した価格の10%くらいと覚えておけば、へんな期待をすることなく査定員がだす査定額を受け入れることができるかと思われます。

下記の買取実績は、有名作家や産地ものの着物を売りにだしたときの、スピード買取の買取実績のごく一部になります。着物買取が全てこの金額になるわけではありませんが、比較的高い査定になると有名な専門店ですので、着物を売るときの参考としてください。

着物買取の専門店(実績)

  • 買取金額:1,210,000円

    有名作家の至極の作品が複数枚あり100万円を超える買取金額になりました。

  • 買取金額:698,000円

    数々の有名作家の着物や帯が全て証紙つきでこの買取金額になりました。

  • 買取金額:350,000円

    人間国宝の品や老舗機屋の帯といった希少品の数々がこの買取金額になりました。

  • 買取金額:185,000円

    珍しい刺繍の訪問着や大島紬といった希少な着物が複数枚ありこの買取金額になりました。

着物を高く売るためのポイント

そもそも高く売れる着物としては、有名作家の作品であったり伝統工芸品、着物の状態の良いもの、新しい着物といったものになります。挙げた項目は連動していて、新しいもので状態の良い有名作家の作品ですと査定額は高くなりますが、着物の状態が悪いとたとえ有名作家の作品だったとしても価値が下がってしまいますので、注意が必要です。

お持ちの着物が有名作家だったり産地のものでしたら、購入したときについてきた証紙を一緒に売るようにしましょう。この証紙の有無によって査定額が変わってきますので、少しでも高く売りたい場合には証紙をつけるようにしましょう。

着物を高く売るためには、着物の状態が非情に重要になってきます。そんな着物ですが、保管するのが難しくきちんと管理しないとすぐに痛んでしまいます。着物は少しでも着ますと汗が染み込んでしまいます。この汗ジミを発生させないためにも、着たら半日以上は風通しをするようにしましょう。長いことタンスに保管することが分かっている場合には、着物専用のクリーニングに出すこともおすすめになります。

今後着ることがないと分かっている場合は、大事に保管するよりも価値の高いうちに着物を売りにだすこともおすすめです。着物を高く売るには、状態や誰が作ったかも大事ですが、売り先となるお店を見つけることも大事になってきます。お店によって査定額が変わってきますので、査定額に対して納得するためにもお持ちの着物を複数のお店に査定を依頼して複合的に判断することをおすすめします。

私がおすすめする着物買取の専門店

着物買取の専門店にて査定を依頼するときに、査定額が高くなるであろう専門店を選ぶかと思いますが、他にも選ぶポイントがあります。買取実績が豊富なこともポイントになります。実績が豊富ということは、多くのお客に支持されているということの証明でありますし、着物の相場感や知識があり着物自体が持っている価値を十分に理解していますので、査定額が高値になるといった可能性があります。

また、サービスが充実しているのもポイントになります。客のことを考えてできたサービスですので、着物買取の手続きがスムーズに進みます。このサービスが良くないお店ですと、気持ちよく着物の買取をしてもらえない可能性があります。着物買取をトラブルなく終えることができるのは重要なポイントです。これらのポイントを満たすお店は世の中にいくつかあると思いますが、おすすめしたい着物買取の専門店があります。

おすすめする理由として、様々な着物を買い取っています。そのため着物全般に精通していて、たとえ無銘の着物だとしても高値で買い取りをしてくれることがあります。また、サービスに関わる費用が全て無料なので、気軽に査定を依頼することができますし、査定額に納得できなかった場合も、キャンセル料が無料になります。

着物買取での評判が高い専門店になり、それぞれに強みがありますが、どちらもサービスの質や査定に対して期待できますのでお店選びの参考にしてください。

着物の出張買取なら【スピード買取.jp】

メインキャラクターに坂上忍さん起用しているスピード買取.jpですが、特徴としましては、日本全国で出張買取をしているところではないでしょうか。また、場所によっては、申し込んでから最短30分で査定が受けられることも可能です。女性の査定員を指名できるのも嬉しいサービスです(※お客様が女性の場合のみ)。
出張エリアでない場合でも、宅配買取に対応していますので安心してください。

高価買取専門の【買取プレミアム】

毎月10,000件以上のお問い合わせがあるとても人気な買取プレミアムですが、特徴としましては、名前にあるとおり買取価格にプレミアムをだすことに注力しているところではないでしょうか。
出張買取、宅配買取、持込買取と都合に合わせて買取方法が選べて買取価格が高くなるなら使わない手はないですよね。