着物を売るならもちろん高くって思いますよね?

大切な着物を高く売るなら

ご自宅に大切に保管してある着物や受け継いだ着物など眠ったままになっていませんか。眠っているだけの着物が売りにだしたときに思わぬ査定になり高価な着物と判断されるかもしれません。眠らせているだけではなく一度、査定して貰うのはいかがでしょうか。

着物を高く売るなら

そもそも着る機会が無かったり保管がしんどいので何とかしたいという場合には、着物を売るという選択肢は有効かと思われます。着物を売る方法として、リサイクルショップやオークションサイト、質屋、古着屋、フリーマーケット、着物買取の専門店などがあります。そして着ていない着物を引き取ってもらうのではなく査定額を高くしたいのならば、お持ちの着物の状態が大きく関わってきます。ですので、着物の状態を良い状態に保つためには普段からのお手入れや保管方法が重要となってきます。

お手入れや保管方法

着物を保管するには必要な手順やお手入れが存在します。

正しいたたみ方

お手入れの基本としてまず、着物をきちんとたたむことが重要です。着物を美しく保つ為には正しいたたみ方をする必要があります。まずは、汚れないようたとう紙の上でたたむように心がけましょう。折り目を正しくして、形として長方形になるようにたたみます。刺繍に箔のある場合は、その部分に白い布や和紙を当てるようにして、箔落ちや変色を防ぐようにしましょう。

着物は湿気が大敵

素材が正絹の場合は特に湿気を避けるようにしましょう。長方形にきちんとたたんだ着物は、1枚ずつたとう紙に包んでから収納しましょう。その際の収納場所としては桐の箪笥がベストですが、なければ衣装箱でも問題ありません。タンスや衣装箱の底には白木綿を敷いて、着物を互い違いに収納して型崩れやシワを防ぎましょう。当然ですが収納場所の上段が通気性が高くなりますので上質な着物を上にするようにしましょう。重ねる枚数としては4枚程度にするようにしましょう。重ねすぎは湿気はもちろんですが型崩れの原因となってしまいます。着物に一度シワがついてしまいますとこれを取るのが非常に難しくあります。ちなみにこのシワは、買取の際にマイナスポイントとなってしまいます。

素材別にしまうのがベスト

着物と帯は別々にしまうことが望ましくあります。例えば和装小物類は化学変化することで着物の金箔や銀箔を黒く変色させてしまうことがあります。ですので、着物や帯は別にしまう必要があります。ちなみに変色してしまいますと着物買取を拒否されてしまうことがありますので注意しましょう。

防虫・湿気対策は生地に合うものを

防虫剤をタンスや衣装箱に入れて対処していることが多いかと思いますが注意点があります。1種類の防虫・乾燥剤を使っているのなら問題ありませんが、数種類を同時に使用していますと変色やシミの原因となります。このシミも着物買取の際にはマイナスポイントとなってしまいます。防虫剤を置く場所ですが、着物や帯に直接触れないようにしましょう。タンスや衣装箱の四隅に置くようにして着物に触れないようにして匂いが移らないようにしましょう。

高値を期待するなら着物買取の専門店に

着物買取の専門店には査定のプロが在籍していますし、独自の販売ルートを持っていることから、査定額が高くなりやすいです。着物買取の専門店はインターネットをうまく活用していますので気軽に依頼できるのも使いやすいポイントになります。

無料で査定!着物を高く売りたいなら着物買取の専門店!

保管状態や有名作家の作品だと

高くなるポイントとして、シワやシミがなく着物の状態が良いものやカビの有無や匂いなど保管状態の良いるもの、丈の長さが十分にあるなどの条件が揃っていますと査定額としては高値になり買い取ってもらう事ができます。

また、有名作家や産地の着物になりますと、それを証明する証紙とセットで更に高値での買い取りが期待できます。もちろん価値がわからないものだとしても一度査定をしてもらうことで、意外な掘り出し物になるかも知れませんので依頼してみましょう。

伝統工芸品やアンティーク品も高値に

地域によって独特な伝統技術がある工芸品は、その希少性の高さから査定額としても高値になる傾向があります。例をだしますと、京都の「京友禅」「京小紋」、沖縄の「琉球紅型」「宮古上布」、茨城の「結城紬」、山形の「置賜紬」などが有名です。

また、アンティーク着物と呼ばれる大正や昭和初めの着物も保存状態が良ければ高く買い取ってもらえることがあります。大正ロマンや昭和モダンと呼ばれる特徴的な柄が再評価されて人気のため査定額も高値に繋がりやすいということです。ですが、これは一時的な流行でもあるので売ることを考えているのでしたら、流行りが終わる前に買い取ってもらうようにしましょう。

高値になる査定ポイント

着物を査定してもらい高く売ることができる条件をおさえておきましょう。

着物の保存状態

着物の状態は非常に大事で汚れやシミがひどいものになりますと着物買取が成立しない場合があります。たとえ買い取ってもらえたとしても査定額を期待することはできません。汚れやシミを取るために特別なクリーニングに出す必要がありますのでその分価値が下がるという訳です。

素材が正絹か

着物の素材が正絹かどうかも重要になります。基本的に買取の対象となる素材が正絹になります。ですので、化学繊維やウールの着物だとしても買い取りをしてくれるお店もありますが、査定額は期待できません。化学繊維やウールの着物が買取対象だとしても、基本的には新しいもの限られますので、売りにだすのであればなるべく早めに出すようにしましょう。

色や柄

着物にも洋服と同じように色や柄に流行り廃りがあります。ですので、旬を過ぎますとそれに伴い査定額も下がってしまいます。ですが、古典柄といわれる普遍的な柄の場合は、いつの時代も一定の人気を誇っておりますので、買い取りも期待できます。

大きさや証紙

着物は一つひとつがオーダーメイドで作るため大きさがバラバラです。ですので、次に着物を着るためにもある程度大きさがあれば仕立て直すことができますので需要があります。また、有名作家や産地の着物になりますと、落款や証紙がついてきますので、これを査定の際に一緒につけるようにしましょう。

私がおすすめする着物買取の専門店

今後着ることがないと分かっている場合は、大事に保管するよりも価値の高いうちに着物を売りにだすこともおすすめです。着物を高く売るには、状態や誰が作ったかも大事ですが、売り先となるお店を見つけることも大事になってきます。お店によって査定額が変わってきますので、査定額に対して納得するためにもお持ちの着物を複数のお店に査定を依頼して複合的に判断することをおすすめします。

着物買取の専門店にて査定を依頼するときに、査定額が高くなるであろう専門店を選ぶかと思いますが、他にも選ぶポイントがあります。買取実績が豊富なこともポイントになります。実績が豊富ということは、多くのお客に支持されているということの証明でありますし、着物の相場感や知識があり着物自体が持っている価値を十分に理解していますので、査定額が高値になるといった可能性があります。

また、サービスが充実しているのもポイントになります。客のことを考えてできたサービスですので、着物買取の手続きがスムーズに進みます。このサービスが良くないお店ですと、気持ちよく着物の買取をしてもらえない可能性があります。着物買取をトラブルなく終えることができるのは重要なポイントです。これらのポイントを満たすお店は世の中にいくつかあると思いますが、おすすめしたい着物買取の専門店があります。

おすすめする理由として、様々な着物を買い取っています。そのため着物全般に精通していて、たとえ無銘の着物だとしても高値で買い取りをしてくれることがあります。また、サービスに関わる費用が全て無料なので、気軽に査定を依頼することができますし、査定額に納得できなかった場合も、キャンセル料が無料になります。

着物買取での評判が高い専門店になり、それぞれに強みがありますが、どちらもサービスの質や査定に対して期待できますのでお店選びの参考にしてください。

着物の出張買取なら【スピード買取.jp】

メインキャラクターに坂上忍さん起用しているスピード買取.jpですが、特徴としましては、日本全国で出張買取をしているところではないでしょうか。また、場所によっては、申し込んでから最短30分で査定が受けられることも可能です。女性の査定員を指名できるのも嬉しいサービスです(※お客様が女性の場合のみ)。
出張エリアでない場合でも、宅配買取に対応していますので安心してください。

査定費用が無料だから気軽に頼める!満足価格に自信!

着物買取の最大手【スピード買取.jp】

高価着物買取の専門店【買取プレミアム】

毎月10,000件以上のお問い合わせがあるとても人気な買取プレミアムですが、特徴としましては、名前にあるとおり買取価格にプレミアムをだすことに注力しているところではないでしょうか。
出張買取、宅配買取、持込買取と都合に合わせて買取方法が選べて買取価格が高くなるなら使わない手はないですよね。

査定もキャンセルも全部無料!着物買取で高額買取なら!

高額買取を期待するなら【買取プレミアム】