着物買取で浴衣は高く売れるのか?

浴衣の着物買取

浴衣は着物買取でそもそも売れるのか

浴衣は長襦袢を着ずに、直接素肌の上に着る着物になります。浴衣は構造が単純なことから比較的簡単に着ることができるため、若い女性に人気が高いこともあり着物の中でもっとも着られている着物になります。

浴衣を着る機会は?

よく着られる浴衣であったとしても、ご存知の通り毎日着られているわけではありません。夏にあるお祭りやイベント毎などで着られる場合がほとんどです。あと着られる場面としては、旅館やホテルといった場所で部屋着として浴衣が用意されることがあります。昔は着る機会としてはとても多かったのですが、今では、浴衣を着る人はほとんどなく、着る習慣としても夏の時期に偏りつつあります。そういったことから、浴衣をせっかく購入したとしても、イベントで数回着た後はタンスに閉まってしまい、場合によっては二度と着ることがなく閉まったままということもあります。

着なくなった浴衣は?

着ない浴衣をそもそもどうするかという問題があります。せっかく買った浴衣なので保管するという人がほとんどかと思います。浴衣によく使われるポリエステルといった化学繊維や木綿の浴衣は、虫や湿気に強いので着物に必要な桐製のタンスに保管する必要はありません。ホームセンターに売っている衣装ケースに防虫剤や防湿剤と一緒に保管すれば問題はありません。浴衣は肌に直接触れますので、着た後は、必ず洗濯かクリーニングにだす必要があります。

これは着物も同様ですが、型崩れを防ぐためにきちんと畳む必要があります。正しく畳まないと浴衣に余計なシワや折り目などがついてしまい、浴衣を着ようとした時に、すぐ着ることができなくなる場合があります。もちろん帯も同様にきちんと畳む必要があります。そのほかに草履や帯留めといった和装小物など浴衣と一緒に保管する必要がありますので保管する場所がある程度必要になってきます。着物もそうだが浴衣もきちんと保管するためには手間がかかります。

また、浴衣にも流行があるため、毎年柄や色が変わりますので、購入した浴衣が流行とは違ってしまい着れなくなる可能性があります。流行に敏感な若い人は、流行遅れと分かっている浴衣を着るのは難しく新しい浴衣を購入して着ることになります。

浴衣は売れるのか?

眠ったままの浴衣のそのまま保管するというのは、手間ばかりかかるので割に合わないと思うでしょう。そこでおすすめしたいのが保管という選択肢ではなく、売りにだすという選択肢になります。とはいえ、そもそも浴衣が売れるのかという疑問があるかと思います。

浴衣を買い取ってくれるお店は割りとあります。状態のいい浴衣に限られますがそれなりに需要があるからです。ですが、浴衣を購入するときの値段が安いこともあり着物買取にて付けられる査定額は高値になりにくくあります。素材や状態によりますが、浴衣の着物買取の相場は、数百円から数千円くらいになります。これは普通の浴衣の場合の査定額になります。それとは別に、もし有名作家やブランドものの浴衣になりますと、人気が高いこともあり査定額が高額になる傾向にありますので、1万円を超える場合も珍しくありません。着物買取にだすときは、お持ちの浴衣が有名作家によるものなのかそうでないのか確認しておくようにしましょう。

浴衣を売るときの注意点

浴衣の買取価格が高値に決まる要因として有名作家やブランドといったものがありますが状態によっては安くなる場合があります。そうならないように浴衣を売るときに注意すべきポイントがありますので確認しておきましょう。

浴衣の状態が最も大事なポイント

例え高額査定が期待できる浴衣だとしても、浴衣の状態が悪い場合は安くなったり、よっぽどになりますと買取自体を断られることもあります。それくらい浴衣の状態は、査定額にとても大きな影響を与えるのです。それを防ぐためにも、浴衣が汚れたらすぐに綺麗にしたり、保管方法にも気を付けて、浴衣の状態を購入したときと変わらないくらい良好な状態を保てるようにしましょう。

売ると決めたらできるだけ早く

浴衣だけではありませんが、着物は時間が経過するほどに劣化していきます。そうなると買取価格としても下がっていきます。また、着物は着るたびに傷んでいきますので、着る回数が少なければ少ないほど買取価格が高くなっていきます。売ると決めた場合には、価値が下がってしまう前にできるだけ早く売るようにしましょう。

そして、着物は作られてから10年以上が経過しますと、例え元が高額な着物であったとしても買取価格は高値になる可能性が低くなってしまいます。経過年数という意味からも、できるだけ早く売れるほうがいいということになるのです。

証紙も一緒に付けて売る

有名作家やブランドの浴衣になりますと証紙が付いてきます。証紙には産地はもちろん作家名やブランド名などが記載されています。この証紙があることで浴衣の価値を客観的に証明してくれます。ですので、購入した時にこの証紙が付いてきた場合には、売る時に是非とも証紙を浴衣と一緒にして売るようにしましょう。この証紙があるか無いかで、査定額に差が出る場合があります。

着物買取のお店について

浴衣を買い取ってくれるお店は多数あります。浴衣を売るときは、数あるお店の中から決めていく必要があります。お店を選ぶポイントとして査定額が高くなるであろうお店を選ぶかと思いますが、他にも選べきところがあります。買取実績が豊富なこともポイントになります。実績が豊富ということは、多くのお客に支持されているということの証明でありますし、着物の相場感や知識があり着物自体が持っている価値を十分に理解していますので、査定額が高値になるといった可能性があります。

また、サービスが充実しているのもポイントになります。客のことを考えてできたサービスですので、着物買取の手続きがスムーズに進みます。このサービスが良くないお店ですと、気持ちよく着物の買取をしてもらえない可能性があります。着物買取をトラブルなく終えることができるのは重要なポイントです。これらのポイントを満たすお店は世の中にいくつかあると思いますが、おすすめしたい着物買取の専門店があります。

おすすめする理由として、様々な着物を買い取っています。そのため着物全般に精通していて、たとえ無銘の着物だとしても高値で買い取りをしてくれることがあります。また、サービスに関わる費用が全て無料なので、気軽に査定を依頼することができますし、査定額に納得できなかった場合も、キャンセル料が無料になります。

着物買取での評判が高い専門店になり、それぞれに強みがありますが、どちらもサービスの質や査定に対して期待できますのでお店選びの参考にしてください。

着物の出張買取なら【スピード買取.jp】

メインキャラクターに坂上忍さん起用しているスピード買取.jpですが、特徴としましては、日本全国で出張買取をしているところではないでしょうか。また、場所によっては、申し込んでから最短30分で査定が受けられることも可能です。女性の査定員を指名できるのも嬉しいサービスです(※お客様が女性の場合のみ)。
出張エリアでない場合でも、宅配買取に対応していますので安心してください。

高価買取専門の【買取プレミアム】

毎月10,000件以上のお問い合わせがあるとても人気な買取プレミアムですが、特徴としましては、名前にあるとおり買取価格にプレミアムをだすことに注力しているところではないでしょうか。
出張買取、宅配買取、持込買取と都合に合わせて買取方法が選べて買取価格が高くなるなら使わない手はないですよね。