羽織を持っていたら気になる着物買取の相場

羽織の着物買取

浴衣は着物買取でそもそも売れるのか

羽織とは着物の上に着るものとして、着物を作るときに一緒に作る人がいます。この羽織ですが、そもそもあまり着る機会がなかったり、サイズが合わなくなったりと色々な理由で処分を考える人も少なくありません。

羽織を処分しようと考えたときにどうするのがいいのか、売りにだしたときにいくらになるのか気になるところを紹介します。

そもそも羽織とは

着物の上に着られるものとして羽織が使われており、素材としても様々です。羽織の役割として、汚れやちり、日に当たることでの変色など着物を守るために着られます。道行着や雨コートなども着物の上に着ますが、道を歩くときの防寒着なので役割が違います。羽織の胸の部分になりますが、羽織紐をつけることで左右に結びますので、紐自体が凝った素材やデザインが多くあります。

セミフォーマルから普段着まで幅広く活用できるのが羽織で、生地や技法も様々で、手描き友禅や縮緬、紋綸子、絞り染、刺繍、木綿、ウールなどが使われています。

そもそも羽織は、男性だけが着ていましたが、江戸時代の頃に芸者が着るようにり、明治以降になると一般の女性も着るようになりました。部屋の中でも羽織れる便利な一枚ですが、留袖や色留袖、紋付訪問着などフォーマルな場では着るのがNGとされていますので注意が必要です。ただし、例外が一つだけありあす。それは紋付黒羽織の場合は、フォーマルの場でも着ることができます。

羽織は素材だけでなくタイプもいろいろあり、丈の短いものや膝下を越えてくる長いものがあります。丈の短いものはカジュアルの印象になり、長いものは反対に格式高い印象に装うことができます。

また、着る時期としては、裏地のある羽裏だと10月から着始まり次の年の4月中旬まで着ることができます。5月になりますとだんだん暑くなってきますので、羽裏の無い羽織を着るようにしましょう。夏に着る場合は、絽や紗、レースといった夏物用の生地を選ぶとよいでしょう。

羽織の着物買取はどこに

ここからが本題ですね。着なくなった羽織をどうするべきか、ただ処分するのはもったいないですし保管し続けるのは手間がかかります。そこでおすすめなのが着なくなった羽織を処分するには着物買取に売りに出すことです。

リサイクルショップ

羽織の素材ですが、正絹と呼ばれるシルク100%の場合は、リサイクルショップでも買い取ってもらえると思います。ですが、リサイクルショップには着物の知識が豊富なスタッフが多いとはいえない現状があります。そうなりますと、着物や羽織が持つ価値を判断することができず、買取価格としても安くなってしまったり、値がつかないといったこともありえます。

ネットオークション

今一番勢いがあるのではないでしょうか。メルカリやYahoo!オークションといったネットを使ったオークションですが、実は手間のかかる作業となり慣れていないと大変かもしれません。自分で値段が決められるメリットがありますが、必ず落札されるとは限りません。そして、落札されたとしても羽織の配送手続きや届いた羽織が画像と違うといったトラブルなどもあり安心できません。

着物買取の専門店

名前の通り着物を専門に買い取っている専門店になり、ネットや電話は使うことで自宅に居ながら簡単に申し込むことができネットオークション同様人気があります。買取方法はお店にもよりますが、3つの方法があり、ご自宅に査定員が出張してきて査定してくれる出張査定や宅配キットを使って着物をお店に送って査定してもらう宅配査定や自分で持ち込む持ち込み査定とどのサービスを利用しても無料でできるからとても便利です。そして何よりも着物のプロなので、着物が持っている価値を市場の需要とあわせて査定額をだしてくれるので安心できますし、査定額に対しても納得しやすくあります。

羽織の買取相場はいくらに

羽織を買い取ってもらう場合にどれくらいの相場になるのか気になるかと思います。羽織も着物と同様に高値になるポイントがあります。当然、未使用品や新品は高値になりやすくあります。保存状態によって買取価格が違ってきますので、傷みやほつれ、匂いなど事前に確認してみて綺麗にできるようでしたら対応するようにしましょう。

人気はアンティークの羽織

着物と同様に羽織にも流行が存在します。今の流行りとしては長い羽織ですが、明治から大正や昭和のはじめにかけては膝下までの長羽織で、昭和後半から短い羽織が人気でした。アンティークものになりますと斬新でデザインが大胆なものが多くあり人気なので、思ってもいなかった買取価格になることもあります。

羽織の買取価格は数百円~20,000円以上に

買取価格が高値になるポイントとしては、未着用や着た回数が少ないもので、大きめのサイズ(160㎝以上)で状態が良いものになります。また、羽織紐を一緒につけますと買取価格も高値になりやすくあります。これも着物と同様ですが、有名な産地や作者の作品になりますとさらに需要がありますので、買取価格も高値になりやすくあります。

例:羽織の着物買取
西陣織羽織・二重紗  20,000円~
手刺繍・手絞り・羽織紐付アンティーク(正絹)  10,000円~
無双羽織アンティーク(正絹)  8,000円~
無名の羽織  100円~1000円

無料で査定!着物を高く売りたいなら着物買取の専門店!

着物を売るなら着物買取の専門店

羽織の相場としては、アンティークでデザインが大胆なものになりますと需要も高く買取価格も高値になりやすくあります。ご自宅で待つだけの簡単な着物買取の専門店は、着物のプロの査定してくれますし査定に関する疑問も直接聞くことができます。ご自宅に招くことに抵抗がある人は、宅配買取を利用すれば顔を見せることなく着物買取を完結することができます。

羽織の買取ですが、実際にお持ちの羽織を査定員に見てもらわなければ買取価格はでてきませんのでまずは査定をしてもらいましょう。着物買取の専門店ならサービスにかかる費用は無料ですので、もし査定額に納得がいかない場合だったとしてもキャンセルをすればいいのです。当然、キャンセル料も出張料も査定料も無料です。お持ちの羽織がどのくらいの価値を持っているのか判断するためにも査定を受けることは損ではありませんよね。

着物買取のお店について

羽織を買い取ってくれるお店は多数ありますので、羽織を売るときは、数あるお店の中から決めていく必要があります。お店を選ぶポイントとして査定額が高くなるであろうお店を選ぶかと思いますが、他にも選べきところがあります。買取実績が豊富なこともポイントになります。実績が豊富ということは、多くのお客に支持されているということの証明でありますし、着物の相場感や知識があり着物自体が持っている価値を十分に理解していますので、査定額が高値になるといった可能性があります。

また、サービスが充実しているのもポイントになります。客のことを考えてできたサービスですので、着物買取の手続きがスムーズに進みます。このサービスが良くないお店ですと、気持ちよく着物の買取をしてもらえない可能性があります。着物買取をトラブルなく終えることができるのは重要なポイントです。これらのポイントを満たすお店は世の中にいくつかあると思いますが、おすすめしたい着物買取の専門店があります。

おすすめする理由として、様々な着物を買い取っています。そのため着物全般に精通していて、たとえ無銘の着物だとしても高値で買い取りをしてくれることがあります。また、サービスに関わる費用が全て無料なので、気軽に査定を依頼することができますし、査定額に納得できなかった場合も、キャンセル料が無料になります。

着物買取での評判が高い専門店になり、それぞれに強みがありますが、どちらもサービスの質や査定に対して期待できますのでお店選びの参考にしてください。

着物の出張買取なら【スピード買取.jp】

メインキャラクターに坂上忍さん起用しているスピード買取.jpですが、特徴としましては、日本全国で出張買取をしているところではないでしょうか。また、場所によっては、申し込んでから最短30分で査定が受けられることも可能です。女性の査定員を指名できるのも嬉しいサービスです(※お客様が女性の場合のみ)。
出張エリアでない場合でも、宅配買取に対応していますので安心してください。

査定費用が無料だから気軽に頼める!満足価格に自信!

着物買取の最大手【スピード買取.jp】

高価着物買取の専門店【買取プレミアム】

毎月10,000件以上のお問い合わせがあるとても人気な買取プレミアムですが、特徴としましては、名前にあるとおり買取価格にプレミアムをだすことに注力しているところではないでしょうか。
出張買取、宅配買取、持込買取と都合に合わせて買取方法が選べて買取価格が高くなるなら使わない手はないですよね。

査定もキャンセルも全部無料!着物買取で高額買取なら!

高額買取を期待するなら【買取プレミアム】