着物は高く買い取ってもらえるんです!知らないと損する数万円の差

どうすれば高く売れるの?

付属品は全て付けておく

ブランド品のバックを売るときに箱や布といった付属品を一緒に売ると高くなるって聞いたことありませんか?
着物の買い取りも一緒で買ったときに付いていたものは、全て付けて売ると高くなります。特に「証紙」と呼ばれるものがあると全然違ってきます。

※証紙とは…
その着物がどこの産地なのか証明してくれるものになります。高価な着物であっても、それが本当に価値のある着物なのか見分けが付かない場合があり、そのようなときに証紙が必要になってきます。

もちろん、証紙や付属品が無くても、買い取りに問題はありません。

複数枚を用意する

買取点数が増えれば増える程、買取額が上がるキャンペーンをおこなっている業者もあります。
やはり一度に沢山の仕入れができるのは、業者も嬉しいものです。
売れなさそうだからとご自分で判断せずに出せる着物はまとめてお願いすると買取額UPに繋がります。

売ろうと思ったときが売りどき

着物の維持管理はやはり大変です。箪笥に長い間しまったままにすると、変色したり褐色になったりと着物の状態が変化していきます。
シミや色落ち、そして汚れなどがあっても買い取りはしてくれます。ですが、こういった状態にならないほうが当然、着物を高く買い取ってもらえます。
着物をしまっておくよりも売りたいと思ったときに売るのが一番です。

ブランド

有名作家や産地のもの、伝統工芸品やアンティークな着物は、着物の買取額が高くなります。ものによっては、数十万という価格になることもあります。ですが、そういった着物でも、証紙があるないで価格が大きく変わります。

例:有名作家

・羽田 登喜男(はた ときお)
・由水 十久(ゆうすい とく)

そもそも着物の価値は、使われている生地の品質で決まってきます。絹の着物が木綿の着物より高価になってくるのはなんとなくわかりますよね?そんな絹ですが、使われている絹の本数によっても価値が変わってきます。1cm四方に使われている糸の数が、縦横10本のものより15本のほうが価値が高くなります。手に持ったときに、ずしりと重い着物が、糸の本数が多く高級な着物になります。反対に糸の本数が少ないのは、軽くぺらぺらの着物と呼ばれています。

糸だけではなく、それを作る職人さんの手間暇でも価値は変わってきます。手染めの着物は、職人さんが一枚一枚手間暇をかけて染め上げていきます。この職人さんの手間暇によって、着物の価値が変わってきます。

染める回数が2回・3回・4回と回数が増えるにしたがって、当然ながら美し仕上がり価値が上がっていきます。染めで美しいのが、大島紬です。この大島紬ですが、織りあげる手間暇が価格に反映されています。この大島紬は、品物によって柄の細かさに違いがあります。細かい柄であればあるほど織りあげるのに手間暇がかかりますので、細かな柄の「九マルキ」のほうが「五マルキ」の柄より高級になってきます。

流行り廃り

流行の柄は、やはり買い取り価格は高くなります。ただし、着物の流行は、洋服とは違っていうほどかわりません。洋服だとだいたい1・2年かと思います。着物は、だいたい10〜20年くらいだと言われています。ですので、買って10年以内の着物は、買取価格が高くなる傾向があると言えます。ですが、現代柄ですと、流行が過ぎると着れなくなるので、価格がまちまちになってしまいます。古典柄の場合は、流行に左右されにくいので、一定の需要もあり買取の価格も高めになる傾向があります。

丈の長い着物

丈が長くて大きい着物になりますと、仕立て直すことができるため、該当する体型が増えることになります。その結果、着用できる人が多くなり、需要が高まることになります。また、丈が長いということは生地が多く使われていますので、仕立て直しがしやすく、丈の短い着物より高い値で取引ができます。

有名な呉服店や百貨店の着物

有名な呉服店や百貨店の着物になりますと、その着物は品質が保証されていますので、信頼と安心につながります。特に有名な呉服店の場合は、熟練した技術のもと国内で仕立てあげる着物がほとんどになりますので、縫い目が柔らかくとても着やすくあります。絵羽付けの模様にしても柄あわせがとても丁寧で綺麗です。証紙のように、百貨店や有名呉服店で購入したことが分かるように、領収書や店名の入ったたとう紙を一緒に入れておきましょう。

高価買取対象 価格
振袖 10,000円~
付下げ、訪問着 10,000円~
黒留袖 6,000円~
色留袖 8,000円~
小紋 6,000円~
7,000円~
袋帯 8,000円~
名古屋帯 6,000円~

※参照元:宅配着物買取 ヤマトク

これはあくまでも参考値であって、この価格になるというものではありません。「丈の長さ」や「汚れやシミ」「使用未使用」等の条件で価格が変わってきます。
複数の買取業者に査定を依頼して、納得のいく買取額にしましょう!

着物買取専門店:着物の出張買取なら【スピード買取.jp】
着物買取専門店:高価買取専門の【買取プレミアム】

着物買取の専門店を利用した人の口コミ

想像していたよりも高く売れたので、びっくりしています。

子供が生まれるとあらゆる物が増えていきます。そこで、新しく収納場所を確保するため、部屋の整理をしていたところ、母から譲り受けた着物や帯がタンスに10点以上見つけました。この着物や帯をどうしようかと思っていました。

収納場所を確保するため、友人から無料で出張買取のサービスをしている専門店を紹介してもらい、着物を手放すことにしました。処分も検討していた着物ですが、私の想像よりも査定額が高くなり、更に収納場所も確保できてとても満足です。

母の着物を買い取ってもらえたので安心

置き場に困っていた着物を片付けることができました。母の遺品を整理するため出張買取をお願いしました。以前にほとんどの着物や帯は処分したつもりでしたが、未着用の袋帯や愛用していた結城紬は整理できずに残っていました。

今回、着物を専門に扱っている買取店にお願いしたのですが、急な相談にもすぐに対応してもらえとても助かりました。

着物を大事に扱ってくれるのは好感度大です!

着物買取を依頼して査定をしてもらうのですが、目の前でその様子を見せてくれるので不安にならず感心しながら見ていました。そして、疑問に思ったことは質問することができ、査定のちょっとしたポイントも教えてもらえました。そういったやりとりが新鮮で嬉しかったです。

また、自分の大事に保管していた着物を褒めてもらえとても気分が良かったです。着物を大事に扱ってくれるところに売ることができ気分もよく、いい経験になりました。

出張買取は便利なサービスだと改めて思いました。

知人からの紹介で初めて着物買取の出張買取を利用してみました。査定のために自宅に来てもらうのですが、紹介とはいえやはり不安な部分も割りかしありました。そんな気持ちで査定員の方を迎えたのですが、最初だけですぐに解消されました。いらした方がとても親切にそして丁寧に対応してくれました。

査定ででた金額としては、高いという感じにはなりませんでしたが、この金額になった理由をしっかりと教えてくれましたので納得したうえで着物を売ることができました。ですので、この着物買取自体に大変満足しています。これがもし、リサイクルショップとかの場合だと納得しにくかったり、何より着物を運ぶ必要がないので、出張買取は便利なサービスだと思いました。

査定にだしてみないと結果は分からない!

タンスを整理していたときにずっと着ていなかった着物がでてきました。ずっと着ていなかったので、存在を忘れており風通しといったこともしなかったので少しシミのようなものができていました。もう着ることもないと思いましたので、思い切って着物買取にお願いしてみました。

売れればラッキー!売れなくてもこれを機会に処分できたらタンスが片付いてこれまたラッキーといった気持ちでした。

そんな気持ちで査定員さんの査定風景を眺めていました。値段はつかないかなって思っていましたけど、意外にも値段がつきました。査定にだしてみるもんですね。

着物買取でよくある質問

Q:着物に家紋がついてるけど、売れるの?
A:売ることができます。
そもそも家紋とは、留袖や喪服につけるものになり、家系や血縁を表すものになります。留袖は、着物の中で格が高い部類に入りフォーマルな服装として一生着られる着物になります。そして、生地や仕立てをこだわりますので買い取り額が高くなる傾向にあります。結婚式や披露宴といった場面で、新郎新婦の母親や既婚の姉妹、仲人などが着る着物になりますので、中古だとしても需要が高い着物になり、高値が期待できる着物になります。家紋が入っている着物は、その家紋を持つ人しか着ることができないイメージですが「切り付け紋・張り紋」といった家紋が描かれたシールのようなものを貼ることで、自分の家紋に付け替えることができます。また、結婚式や披露宴で相手の紋と違ったとしても、そもそも女性は実家の紋を入れることもありますので家紋が違ったとしても問題ありません。
Q:正絹じゃないけど、紬が人気なのはなぜ?
A:紬は、先に糸を染めることで模様を織り出して仕立てた着物になります。
大島紬や結城紬など作るのに1年程度かかる伝統工芸品から米沢紬・塩沢紬・牛首紬・黄八丈・久米島紬・琉球紬・信州紬・十日町紬・越後紬・小千谷紬など、産地によってさまざまな種類があります。ひと昔前までの着物買取ですと正絹の着物だけという着物買取店が多くありましたが、今は紬の着物も買い取る専門店も増えてきました。正絹の着物に比べますとカジュアルな印象の着物ですが、普段着として着れるため、とても人気があります。
Q:着物買取の専門店はどんなところを確認するの?
A:買い取ってすぐ売れるのか…というところが大事になります。
着物買取の専門店は、買い取った着物を市場や独自の販売ルートに卸しています。ニオイ取りやシミ抜き、クリーニングといった手間をかけずにすぐ売ることができる着物は買取店にとって人気があります。
着物の保存状態がどうか?
流行の色や柄か?
作家物や人気の柄といった「セールスポイント」のある着物か?
産地やつくられた年代、素材やサイズ

というところが見られます。「老舗呉服店で仕立てた」「展示会で買った」といった着物の場合ですと、売る時のポイントになるので高く買い取ってもらうことができます。

私がおすすめする着物買取の専門店

評判の良い着物買取の専門店をご紹介します。それぞれに強みがありますので、お店選びの参考にしてください。

着物の出張買取なら【スピード買取.jp】

メインキャラクターに坂上忍さん起用しているスピード買取.jpですが、特徴としましては、日本全国で出張買取をしているところではないでしょうか。また、場所によっては、申し込んでから最短30分で査定が受けられることも可能です。女性の査定員を指名できるのも嬉しいサービスです(※お客様が女性の場合のみ)。
出張エリアでない場合でも、宅配買取に対応していますので安心してください。

高価買取専門の【買取プレミアム】

毎月10,000件以上のお問い合わせがあるとても人気な買取プレミアムですが、特徴としましては、名前にあるとおり買取価格にプレミアムをだすことに注力しているところではないでしょうか。
出張買取、宅配買取、持込買取と都合に合わせて買取方法が選べて買取価格が高くなるなら使わない手はないですよね。

公開日: