着物の格を見分ける方法

着物の格を見分ける方法

着物には洋服には無い格が存在します。

自分で買う場合には、着物の格が分かりますが、譲り受けたものであったりタンスの奥に眠っていたものの場合は、なかなか分かりにくいかと思います。

そこで今回は、着物の格を見分けるポイントをご紹介します。

基本的な見分け方としましては、「織りではなく染め」「絵羽模様」「古典模様」「紋の数が多い」といった条件に当てはまるものが多いほど格が高くなります。

染めか織りか

着物は、やわらかものと呼ばれる染めのほうが、織りよりも格上になります。染めの着物とは、留袖、振袖、訪問着、色無地、付け下げまでの礼装と小紋になります。そして、それらの着物に刺繍がされていても、地が染めであれば格が変わりません。織りの着物の紬を絵羽模様に柄付けした紬地の訪問着や振袖は、正式な式典や儀式では礼装にはなりませんので注意が必要です。

  • 京友禅
  • 京友禅

    日本がのような多彩な染め模様に、金彩や刺繍で装飾を施した絢爛豪華な京友禅。約20種の工程を分業でおこないます。

  • 加賀友禅
  • 加賀友禅

    友禅染めの一種。京友禅が内側から外側にぼかしをかけるのに対し、加賀友禅は外側から内側にぼかしを入れるのが一般的な特徴です。

  • 箔置き
  • 箔置き

    金や銀を細かく砂子状にした金砂子を布地に貼り付けて模様を表す方法です。箔押し、摺箱とも呼ばれます。

  • 京鹿の子絞
  • 京鹿の子絞

    京都で生産される絞りの総称になります。礼装の振袖や訪問着、帯揚げなどに用いられる、大変贅沢な技法になります。

  • 琉球紅型
  • 琉球紅型

    南国の自然の美しさを瑞々しい色彩で表現した、型染めの琉球紅型。藍一色のものを藍型(えーがた)と呼びます。

  • 型染め
  • 型染め

    型紙を使って染める技法。なかには手描きのものもありますが、小紋や更紗、江戸小紋に用いられる技法になります。

柄付け

格の高い順から、留袖や訪問着のように縫い目で柄が繋がる絵羽模様の柄付け、どこから見ても柄が上向きになっている付け下げの柄付け、柄が上方向と逆向きになったものとが混在する小紋の柄付けとなります。付け下げ小紋も柄の向きを確認すると付け下げなのか小紋なのかが分かります。

  • 飛び柄
  • 飛び柄

    無地場が多い、古典柄の飛び柄小紋は、帯の格を上げれば改まった装いになります。染めの名古屋帯といった気軽な帯にすればお洒落着となります。

  • モダン柄
  • 少ない色数のものや、ぼかしを効かせた小紋はモダンな雰囲気になります。洋服感覚でお洒落な装いが合います。帯の雰囲気でよそゆきや遊び着になります。

  • カジュアル柄
  • 格子や太縞、ポップな柄の小紋は遊び着になります。帯の格を上げると、かえってちぐはぐな印象で改まった場所には不向きとなります。

文様

古典文様の訪問着とモダン柄の訪問着があります。どちらも準礼装の格付けとなりますが、吉祥文様や正倉院文様、有職文様などの伝統的な古典文様のほうが、格式ある場所に向いています。着物自体の格は変わりませんが、訪問着や付け下げ、とくに小紋が文様によって改まる感じが変わります。

  • 古典模様
  • 吉祥文様

    吉祥文様や正倉院文様、有職文様など伝統的な古典文様は格式ある雰囲気になります。同じ小紋でも古典文様はよそゆき着として改まった場所で着ることができます。

紋の数

格が高い順に五つ紋、三つ紋、一つ紋となります。黒留袖と喪服は必ず、染め抜き日向五つ紋をつけます。色留袖や色無地、江戸小紋は紋の数により格が変わります。振袖、訪問着、付け下げは紋を付けないのが今の主流になります。洒落紋はお洒落用になりますので、紋を付けても格が変わることはありません。