着物は売れない!そもそも売るお店を間違っていませんか?

着物買取の相場でかなりの違いが出る!お店選びが本当に大切

着物は売れないの?

着物は売れないの?

着物ちゃん

着物ってそもそも売れるのか?っていう疑問があります!

街中で着物ってあまり見ないですよね!そういう状況だから、着物を売りにだしてもそもそも売れないのかなって思ったとしてもおかしくありません。

そんな着物ですが、実は売れる着物とそうでない着物が存在します。今回は、どんな着物が売れないのか紹介していきたいと思います。

管理人

着物を売るために重要なのが、お店選びです。街によくあるリサイクルショップに着物を売りにだすと基本的に高く売ることはできないと思っていいです。リサイクルショップで高く売れる着物は、有名作家の着物や伝統工芸品の希少な着物くらいです。

普通の着物であればとにかく安いのが一般的です。もし、シミや汚れがある場合には買取額がつかないこともあります。

査定費用が無料だから気軽に頼める!

満足価格!着物の買取【バイセル】

問い合わせは無料で簡単にできます

査定もキャンセルも全部無料!

着物の高額買取なら【買取プレミアム】

問い合わせは無料で簡単にできます

着物を売っても安くなる理由

  • 古着は高く売れない
  • 着物人口の低下
  • 日本人の平均身長
  • 着物クリーニングの料金

古着は高く売れない

そもそも、着物が高く売れると思っている人が多いようですが、実は、高く売れるのはごくごく一部になります。着物というと特別な感じがしますが、基本的には服の一種にすぎず、売ろうとしているのは古い服であり、古着なんです。古着を売ると考えれば高くないのも納得できるかと思います。

とはいえ、価値のある着物も当然存在しています。古着だからと簡単に処分してしまっては損をしてしまう可能性もあります。それを避けるために着物のプロに査定をしてもらうのがとても大切です。

着物人口の低下

着物を着る人は、年々少なくなってきています。つまり需要が減ってきているということです。そうなりますと、着物を買い取ったとしてもあまり売れないわけです。販売するときに安く設定して売るしかなく、買取額としてもそれを考慮せざるを得なくなってしまい安くなってしまうのです。

日本人の平均身長

昔の着物の特徴として、サイズが小さいということがあります。現代の女性の平均身長ですが、食生活や生活習慣から昔の女性と比べて随分と伸びています。大きいものであれば、お直しをすることで着ることができますが、小さいものはお直しができず、需要が少ないことから買取額としても期待することができません。

着物クリーニングの料金

着物を綺麗にするために、着物専門のクリーニングがあります。このクリーニング代が高さが買取額の低下につながっています。たとえば、染み抜きだと3万円くらいになり、修繕だと5万円になったりします。こういった費用を考えると、汚れが激しい着物は儲けにならないわけです。

もし、長期間なにもせずタンスに入れっぱなしの着物だと、元がどんなにいい着物だったとしても状態は決して良くはありません。そうなると必然的にクリーニングの必要がでてきてしまうので、高く買い取るのが難しくなるわけです。

着物を少しでも高く売るには?

着物を高く売るには?

リサイクルショップに着物を持ち込んだとしても高く買い取ってもらえないということは分かっていただけたかと思います。

着物を高く買い取ってくれるところはちゃんとありますので、そんなお店を紹介します。

管理人

着物を高く買い取ってくれるお店は、着物買取の専門店です。着物買取の専門店にお願いすることで、市場の需要を見ながらお持ち着物の価値をきちんと見出してくれます。

着物買取の専門店であれば、査定の依頼は簡単ですし、着物に対する専門的な知識を持ち合わせているため査定額に納得しやすくあります。お持ちの着物の価値をしっかりと査定してくれ、短時間で買い取りが成立するのも嬉しいポイントです。

高い査定額を期待するのなら、着物の知識があり、実績が豊富な着物買取の専門店にお願いすることが大事なポイントです。だされた査定額に対して判断するためにも、あらかじめ相場を把握しておき、そのうえで着物買取の専門店にて適正な価格で買い取ってもらうようにしましょう。

着物買取の専門店ならどんな着物でも大丈夫

「自宅に着ていない着物が何年も眠っていて、価値は分からないが捨てるのはもったいない…」といったことで悩んでいませんか?


  • 昔の着物で柄や色が古くても!
  • シワや汚れがある着物でも!
  • 証紙がない着物でも!
  • 価値のわからない反物でも!

こういった着物であっても着物買取の専門店なら大丈夫なんです。着物買取の専門店だから価値の分からない着物や帯、古く汚れているものだとしても状態問わずに査定してもらえます。

着物を査定するためには、着物の価値を見極める専門的な知識や経験が必要になります。下記に挙げる専門店は、熟練した査定技術と経験を持っています。売れないのではと諦めるより、まずは査定してもらいお持ちの着物の価値を把握することをおすすめします。

高額になりやすい着物

高額になりやすい着物

安いだけでなく、高く買い取ってもらえる着物もあります。

高くなる着物にもしっかりと特徴がありますので把握しておきましょう。

管理人

状態が良いものは高額になりやすい

着物の状態の良さは査定に大きく影響します。高値になる条件を挙げていきますと…

  • 着物の状態が綺麗
  • 身丈が155cm以上ある
  • シワが無い
  • 証紙といった付属品がある

上記の条件を満たすことで査定がプラスの評価となりますので、買取額が高値になってきます。基本的には、着物の状態の良さがベースとなることを覚えておきましょう。

着物買取の専門店の買取相場

着物買取の専門店の買取相場

一般的な着物の買取相場を把握しておくことで、買取額の妥当性を判断することができます。もちろん、相場はあくまでも相場なので、買取額が相場よりも高くなったり低くなったすることは頭に入れておきましょう。

買取相場一覧

訪問着 【中古】8,000円~22,000円
【未使用高級品】~45,000円
付下げ 【中古】3,000円~12,500円
【未使用高級品】~25,000円
色留袖 【中古】8,000円~12,000円
【未使用高級品】~30,000円
黒留袖 【中古】6,000円~12,000円
【未使用高級品】~30,000円
振袖 【中古】10,000円~40,000円
【未使用高級品】~60,000円
小紋 【中古】3,000円~7,500円
【未使用高級品】~15,000円
色無地 【中古】3,000円~5,000円
【未使用高級品】10,000円
羽織 【中古】5,000円~10,000円
【未使用高級品】~20,000円
袋帯 【中古】7,500円
【未使用高級品】15,000円
名古屋帯 【中古】4,000円
【未使用高級品】8,000円

着物の状態によって買取額は変動してきますので、上記の相場はあくまでも一般的なノーブランドの着物の買取相場であると認識しておきましょう。

おすすめする着物買取の専門店

査定額が高くなる専門店を選ぶかと思いますが、他にも選ぶポイントがあります。買取実績が豊富なこともポイントになります。

実績が豊富ということは、多くのお客に支持されているということの証明でありますし、着物の相場観や知識があり着物が持っている価値を十分に知っていますので、査定額が高値になるといった可能性があります。

また、サービスが充実しているのもポイントになります。客のことを考えてできたサービスだから、着物買取の手続きがスムーズに進みます。このサービスが良くないお店ですと、気持ちよく着物の買取をしてもらえない可能性があります。

着物買取をトラブルなく終えることができるのは重要なポイントです。これらのポイントを満たすお店は世の中にいくつかあると思いますが、おすすめしたい着物買取の専門店があります。

おすすめする理由として、これらの専門店は様々な着物を買い取っています。そのため着物全般に精通していて、たとえ無銘の着物だとしても高値で買い取りをしてくれることがあります。

また、サービスに関わる費用が全て無料なので、気軽に査定を依頼することができますし、査定額に納得できなかった場合も、キャンセル料が無料になります。

着物買取での評判が高い専門店になり、それぞれに強みがありますが、どちらもサービスの質や査定に対して期待できますのでお店選びの参考にしてください。

着物の出張買取なら【バイセル】

メインキャラクターに坂上忍さん起用しているバイセルですが、特徴としましては、日本全国で出張買取をしているところではないでしょうか。また、場所によっては、申し込んでから最短30分で査定が受けられることも可能です。女性の査定員を指名できるのも嬉しいサービスです(※お客様が女性の場合のみ)。
出張エリアでない場合でも、宅配買取に対応していますので安心してください。

査定費用が無料だから気軽に頼める!満足価格に自信!

買取方法 出張買取/宅配買取/持ち込み買取 出張・査定料 無料
査定時間 30分前後 支払方法 その場でお支払い
対象地域 日本全国 キャンセル クーリングオフ制度あり

満足価格!着物の買取【バイセル】

▼出張&査定費用完全無料!!▼

※申し込みは1分で完了します

高価着物買取の専門店【買取プレミアム】

毎月10,000件以上のお問い合わせがあるとても人気な買取プレミアムですが、特徴としましては、名前にあるとおり買取価格にプレミアムをだすことに注力しているところではないでしょうか。
出張買取、宅配買取、持込買取と都合に合わせて買取方法が選べて買取価格が高くなるなら使わない手はないですよね。

査定もキャンセルも全部無料!着物買取で高額買取なら!

買取方法 出張買取/宅配買取/持ち込み買取 出張・査定料 無料
査定時間 30分前後 支払方法 その場でお支払い
対象地域 日本全国 キャンセル クーリングオフ制度あり

着物の買取プレミアム

▼出張&査定費用完全無料!!▼

※申し込みは1分で楽々完了♪

ウール・化繊・ポリエステルの着物は売れるのか?

着物買取において査定員が重要視しているポイントのひとつとして着物の素材があります。この素材によって、買取額がかなり変わってきますので、着物買取を頼むのなら事前にお持ちの着物がどんな素材なのか確認をしておくことをおすすめします。

着物買取の基本になりますが、素材が絹ということが重要になり、その絹で織られている着物が査定額としても高値になってきます。ですから、もしお持ちの着物が古いものであったとしても絹であれば値段が付くことを覚えておいてください。

そんな絹の中でも、正絹の着物であることや有名な作家物、有名な産地物ですと、買取額が高値になりやすくあります。

正絹の着物

その一方、絹以外の素材になりますと、木綿や化繊、ウールがあります。この素材は安価なことから着物はもちろん洋服にも使われています。

ですので、木綿や化繊などでできている着物は、アンティーク着物ではないので古くなればなるほど価値が低くなってしまい、さらに状態が悪いと査定額をつけて貰えない可能性もあります。

そんな木綿や化繊、ウールですが、新品に近い状態であればもちろん売れる事が多くありますし、保管状態が良く新品に近いものであれば査定額が高くなります。とはいえ、素材が絹でなければ、基本的に査定額を期待することはできないでしょう。

買い取って貰えない着物にはそうなってしまう理由がある

買取額が高い着物は何かいいますと、上記でも述べていますが、絹で作られている着物です。つまり素材が大事ということです。絹の中でも正絹(しょうけん)で織られた着物は特に高くあります。

また、羽田登喜男さんや由水十久さんといった有名な作家によって織られたものや本場結城紬や本場大島紬といったブランドものも高くなります。

素材が絹の着物は高くなるというのは理解していただいたかと思います。一方、絹以外の素材はどうなのかということですが、ウールや化繊で織られている着物は、そもそもが普段着用として作られていますので、価値がそれほど高くないのです。

さきほども述べましたが、正絹の着物や作家ものは古くなってもアンティークとしての価値が上がりますが、ウールや化繊、ポリエステルは古くなればなるほど価値が下がっていきます。ですので、ウールや化繊、ポリエステルの着物だった場合は、状態が非常に大事になってきます。着物が新しく状態の良いものでしたら、買取額を期待してもいいかもしれません。

ポリエステルの着物

状態の悪い着物とは…匂いが酷いものやカビが酷いもの、シミが酷いもの、傷が酷いものが該当してきます。

状態の悪い着物

匂いが酷いもの

匂いが酷くなる原因として、カビや防虫剤、汗やたばこがあります。これらの匂いが着物につきますと、クリーニングにだして匂いを取る必要がでてきます。業者としても査定額の低いウールや化繊の着物にそういった手間をかけたくないということから敬遠される場合があります。

カビが酷いもの

6月7月になりますと湿度が上がってカビが発生しやすくなります。着物を着る頻度が少ないとタンスやクローゼットに入れっぱなしになり、カビが発生してしまいます。カビの浸透具合によって、クリーニングでは取り除けない場合があります。

シミが酷いもの

シミもカビ同様にクリーニングでは取り除けない場合があります。

傷が酷いもの

傷で多いのが虫食いだと思います。着物は、虫が好む生地を使って織っていますので、防虫対策をしていないと虫食いの穴が開いてしまいます。

ウールや化繊で織った着物の場合、状態があまりにも酷いとリサイクルショップや古着屋ですと査定がつかない場合があります。
ですが、着物を専門に買い取っている業者であれば、多少の傷やシミ、汚れている着物だとしても買い取ってくれるところがあります

そもそも売れない着物だったり査定額が低い着物には、共通した特徴があります。

基本的なことになりますが、元々の価値が低い着物ですと高額にはならないと思う方がいいかと思います。

今は、安価に購入できる着物の種類が増えていますが、そのような着物の場合、買取額は高値になりにくくあります。ものによっては売れない可能性が十分にあります。その為、安価で買った着物は、買取に対して期待しない方が無難と言えるでしょう。

また、市場価値の低い着物は、高額で着物買取をされません。

例えば虫食いがある場合やシミが目立つ場合、カビが発生したりカビの臭いが強力であったりと、このような状態になりますと、やはり価値が低くなります。着物買取は、そもそも市場価値の高い着物を買取してリユースすることを目的にしていますので、着物の状態が悪いものは売れにくいと判断して査定額が低くなってしまうのです。

着物を高く売るには普段からの管理がとても重要になってきます。着た後に湿気を逃がしたり、汚れが付いているのなら取り除くなど、保管をするときには湿気や防虫対策をきちんとして管理しましょう。上記のようなことを普段から気にしながら、大切に管理をしておくことで、着物買取のときに高く評価されることになります。

高く売ることができない着物としては、サイズ直しをしている場合も該当してきます。一度、お直しをしますとサイズ調整が難しくなります。リユースが難くなってしまう為に、価値が低いと判断されてしまい、高額査定や買い取りが難しくなってしまいます。