大島紬の買取相場を解説!着物買取でいくらで売れるのか?

大島紬の買取相場を解説!着物買取でいくらで売れるのか?

大島紬を売りたい人が気にする買取相場

着物ちゃん

大島紬…着物をあまり知らない私でも聞いたことがあります!

大島紬はとても人気な着物です。そんな需要の高い着物だから売りにだしたら買取額も期待していいと思います!

今回は、大島紬を売りたい人が押さえておくべきポイントや買取相場を紹介していきます。

管理人

本場大島紬の相場は、高額になる場合が多くあるんですが、そんな大島紬でも押さえるポイントを間違えますとかなりの損をすることになります。

せっかく価値の高い着物を売りに出すのだから、失敗はしたくないですよね。損をしないためにも事前にポイントを把握したうえで売りにだすようにしましょう。

下記にある実績は、私がおすすめする着物買取の専門店の買取相場になります。売りにだすときの参考にしてみてください。

管理人

買取相場:210,000円
買取相場:210,000円

本場結城紬や本場大島紬、牛首紬などが全て証紙つきでここまでの買取相場になりました。

買取相場:99,000円
買取相場:99,000円

整理したときに出てきた本場大島紬や牛首紬が未使用でこの買取相場になりました。

買取相場:145,000円
買取相場:145,000円

本場大島紬や上質な訪問着などが含まれ希少品多数だとこの買取相場になりました。

買取相場:101,000円
買取相場:101,000円

状態の良い白大島紬や和服などが全て証紙つきでこの買取相場になりました。

査定費用が無料だから気軽に頼める!

満足価格!着物の買取【バイセル】

問い合わせは無料で簡単にできます

査定もキャンセルも全部無料!

着物の高額買取なら【買取プレミアム】

問い合わせは無料で簡単にできます

大島紬の買取相場は高い!

大島紬を売りに出すときに気になってくるのがやはり買取相場かと思います。ここでは、売りに出したときに買取額が高くなるポイントを紹介します。

買取相場に証紙が影響する

買取相場に証紙が影響する

大島紬はいろいろな土地で作られていますので、この証紙の有無は相場に関わってきますので、売るときには必ずつけるようにしましょう。

証紙とは着物の産地を証明する登録商標になり、検査合格印も押されます。さらに、産地ごとになりますが、厳しい染めの基準を満たした着物には染め証紙も付いてきます。大島紬の証紙は、所属する組合ごとに発行されています。

大島紬は以下の4種類の証紙
  • 地球印:奄美大島産の本場奄美大島紬
  • 旗印:鹿児島産の本場大島紬
  • 鶴印:宮崎県の都城
  • 高倉印:奄美笠利

売る時期によって買取相場は変わる

売る時期によって買取相場は変わる

大島紬は、種類によって柄や雰囲気が違ってきます。季節に合わせるようにして大島紬の売り時を図るといいでしょう。

暖かい季節になってきますと着物の素材として薄地のものが好まれます。こういったことから、例えば、白地で涼しげな印象の白大島であれば、早春から初夏に売りに出すようにすると需要や相場が高くなり価格としても高くなりやすくあります。大量の着物を売るのであれば別ですが、数枚程度の場合であれば季節を考慮したうえで売りにだすようしましょう。

売りたい人は着物買取の専門店を選ぶべき

リサイクルショップに売りたい場合

大きい街であればひとつはあるリサイクルショップですが、ここに大島紬を売るという選択肢があるかと思います。

そもそも、お家にある不用品をリサイクルショップに売りに出したことがある人も多いのではないでしょうか。それくらいリサイクルショップは、手軽な存在です。お店に大島紬を持っていくだけですぐに売る事ができます。

ただし、リサイクルショップを利用する場合の注意点があります。それは、着物に対する専門の知識を持った人がいないということです。もちろんすべてのお店がないかというそうではありませんが、圧倒的に少ないため、リサイクルショップにはいないと考えてしまってもいいかと思います。

ですので、大島紬が持っていったとしても、着物が持っている価値を正確に判断することができないため、買取価格が低く付けられてしまうことが多々あります。

フリマアプリやネットオークションに売りたい場合

最近、とくに流行ってる売却方法です。アプリやネットオークションを使って大島紬を売るという選択肢です。フリマアプリやネットオークションは、誰でも登録することができますし、自由に大島紬をネット上で出品することができます。

この方法のメリットとして、希望者に直接売る事ができます。ですので、買取価格が高値で売れる可能性があります。

注意点としては、出品することは簡単でも、大島紬がいつ売れるかわからないことや質問や値引き交渉など意外と手間がかかってしまいます。また、写真と違うといったクレームなどのトラブルがありますのであまりおすすめできません。

着物買取の専門店に売りたい場合

着物を専門に買い取ってる専門店があります。専門店のサービスがどういうサービスかといいますと、インターネットか電話にて買い取りの申し込みをして、査定希望日に査定員がご自宅まで出張してきます。

着物のプロがその場で査定をしてくれますので、査定に対して質問ができるので査定額に対して納得しやすくあります。買取価格に納得ができましたら、現金を受け取ることができます。

リサイクルショップですとタダ同然の買取価格になる可能性が高いですが、着物買取の専門店であればそういったリスクを避ける事ができます。

大島紬を売りたい人必見!買取相場は数十万円にも

着物ちゃん

えっ!数十万?!そんなに高く売れるんですか?

そうなんです!

大島紬は人気の着物なので買取額としても高値になる可能性が高いんです。ただ、どの着物もそうなんですが、着物の状態が価格に影響することは理解しておいてください。

管理人

大島紬を売りにだしたら買取相場は数十万円にも

大島紬の買取相場としては、状態の良いもので約3万円くらいになります。大島紬は紬のなかでも高級な部類に入りますので、多くの買い取りのお店が買取対象として挙げる織物になっていますので価格としても需要としても高くあります。

また大島紬は産地や種類がたくさんあり、振袖や訪問着、留袖、小紋、袖、帯、反物などそれぞれ価値が高いので、売りに出したら買取価格を期待することができます。

この着物買取における価格ですが、注意する点があります。これは着物の特性でもありますが、明確な価格を掴みにくいというところがあります。なぜかといいますと、着物はしっかり査定してみないとどのくらいの価値があるのか分からないものです。

買い取りのお店を調べてみれば分かりますが、ほとんどのところが大島紬における買取相場の実績をホームページに表示していないかと思います。

無料で査定!大島紬を高く売りたいなら着物買取の専門店!

査定費用が無料だから気軽に頼める!

満足価格!着物の買取【バイセル】

問い合わせは無料で簡単にできます

査定もキャンセルも全部無料!

着物の高額買取なら【買取プレミアム】

問い合わせは無料で簡単にできます

着物の買取相場には幅が

着物買取で、買取相場を表示しているお店はあまりありませんので、売り値を掴みづらいかと思います。着物の査定は、着物の状態をしっかり見たうえでおこなわれますので、状態によって査定額に幅が出てきます。

もし本場大島紬であれば、相場としても数万円から数十万円になる可能性が高く期待できるでしょう。本場大島紬の状態が良ければ、間違いなく高額査定になるでしょう。

大島紬を売りに出したら買取相場が高額になる理由

大島紬は、売りに出したら買取相場が高額になりやすい着物の代表格です。高くなる理由がありますので紹介していきます。

管理人

生産量が少なく希少性が高い

生産量が少なく希少性が高い

価格を高めているのが、その希少性です。生産量としては一般の絹織物の約半分といわれています。大島紬は作るのが大変で、図案作成、絣合わせ、染め、色の刷り込みなど、完成までに工程として40もの作業が発生します。

さらに生産数も減少していて、1973年の最盛期は28万反ありましましたが、2016年になるとわずか4700反になります。技術の継承問題もあり、今後も生産数は減少傾向は続いていくでしょう。そういった事情から希少価値は変わらず高いことが想定されます。

大島紬は伝統工芸品

大島紬は伝統工芸品

日本の染物の歴史として大島紬は、日本最古の染色技法となります。泥染め技法と絣模様が特徴の染めと織りで、日本はもちろんですが、世界でも注目を浴びています。

大島紬というネームバリューから、幅広い層から愛されていることから中古だとしても需要が見込まれ、相場としても高値が期待できるのです。

本場大島紬とは?

大島紬の中でも、本場大島紬はとくに価値の高い着物になります。そんな本場大島紬について紹介します。

管理人

本場大島紬とは?

本場大島紬は、そもそもの発祥の地である奄美大島と第二次大戦中に島民が疎開先の鹿児島市周辺や宮崎県都城市にて生産されています。

一説には1,500年の歴史をもつといわれていますが、盛んになったのは江戸時代の頃で、この地を治めた薩摩藩への上納品でした。当時の本場大島紬は、紬糸を使っていましたが大正時代に絹練糸(きぬねりいと)を使うようになり、名前だけが紬として残っています。

精緻な絣柄と泥染で知られている大島紬ですが、現在は泥染を施した「泥大島」のほかにも、藍染を加えた「泥藍大島」、植物染料だけで染めた「草木染大島」、化学染料による「色大島」、春先やひとえにふさわしい白地の「白大島」、透けるように薄い「夏大島」があります。

伝統的なこの絣柄は、ハブの鱗やソテツの葉、魚の目といった奄美大島の自然を取り入れながら模様化した独特の柄ゆきになります。明治後期になると、絣糸作り用に締機(しめばた)が開発されると、模様がいっそう精緻になっていきました。

この締機は高機よりも大きく絣糸を括るのは男性の仕事です。括り糸の役目を果たす木綿糸を経に張り、緯に絹糸を通して固く打ち込みながら織っていき、布のような絣筵(かすりむしろ)を作ります。

染め工程で代表的な大島紬の泥大島だと、テーチ木(車輪梅)染と泥染を繰り返し施して、渋く艶やかな茶褐色に染めた糸が特徴になります。絣筵をテーチ木の煮汁で20回ほど染めてから、専用の泥田に1回浸してもみ込みます。テーチ木のタンニン酸と泥の鉄分が化合することによって、渋く艶やかな色になります。染めの工程を数回繰り返すことによって、地色を染めることができるのです。

絣の部分に色を付けるときは、その部分だけを解いて染めた後、すべての絣筵を解きます。こうして染めた絣糸を高機にかけて、7cmほど織っては、針で柄合わせをしながら織り進めていきます。図案作りから完成まで半年以上かけて、紬の名品である本場大島紬が織り上がります

大島紬は手間暇かけた上質な織物

大島紬は、非常に手間のかかる織物になり30余りの工程を経て作り出されます。大島紬の良さとしては、夏は涼しく冬は温かく、着れば着るほど肌に馴染むだけでなくシワになりにくい織物になります。シワになりにくいというのはお手入れが簡単にできるというのは嬉しいポイントです。

本場大島紬と大島紬の違い

勘違いしている人も割りかしいますが、そもそも本場大島紬と大島紬は違ってきます。奄美大島、鹿児島県、宮崎県都城で作られたものを本場大島紬と呼び、それぞれ証紙が貼ってあります。

鹿児島は籏印、奄美大島は地球印、都城は鶴印の証紙になります。大島紬が人気になり、いろいろな場所で作られるようになったため、本場で生産されたことが分かるように、それぞれ証紙を付けるようになっています。

大島紬でのチェックポイント

大島紬の模様は、絣が基本となります。この絣の種類によって大まかに4つに分けることができます。

絣の種類
  • 経緯絣(たてよこがすり)
  • 予め染め上げた絣糸を経糸と緯糸両方で使い織り上げます。模様を合わせながら織り上げていくため、高度な技術が必要になります。

  • 総絣(そうがすり)
  • 絣柄の名称になり、経糸や緯糸、あるいは経緯糸に対して、地糸を用いず絣染めした糸のみを使った絣模様をいいます。

  • 緯絣(よこがすり)
  • くくって染めた括り糸を緯糸に使って絣模様を織り出します。

  • 縞大島(しまおおしま)
  • 基本的に地糸のみで織られるため絣締めの工程は発生しません。縞大島は機械で織られるものがほとんどですが、手織りのものも存在しています。

絣糸の数

大島紬にはマルキという言葉がありますが、これは絣模様の絣糸の数を表す単位になります。一般的に、マルキの数が多くなるほど、模様が細かくなり高級品とされています。5マルキ、7マルキ、9マルキ、12マルキがあります。

手織りか機械織りか

手織りの大島紬は職人の手作りということもあり高級品です。そこで、昭和40年代ごろ技術の発展とともに機械織りが登場し、購入しやすい価格の大島紬が登場しました。この手織りか機械織りかは証紙に書かれていますので確認してみましょう。

大島紬の染色方法

大島紬の染色方法は独特で泥染めと呼ばれる天然の方法が採用されています。

テーチ木という木の皮を煮出して、その汁で色を染めます。染めたあとに泥田につけて染めていきます。これを繰り返して、泥の鉄分とテーチ木のタンニンが結びつくことで渋い黒になり、光沢がでてきます。泥染めによって柔らかくしなやかで大変着心地が良い紬になります。

大島紬は、泥染めが有名ですが、それ以外の染色もあります。藍染めや草木染め、化学染料で染めた色染めなどがあります。

地色は白のままで、染料を使って染めた絣糸を使って模様をだしたものを白大島と呼ばれています。多色使いのものは色大島と呼ばれています。白大島や色大島は、値段も安いこともあり着やすい着物になります。

韓国産の大島紬

大島紬には、日本製だけでなく韓国製も結構出回っています。韓国製は白大島や色大島になり、作り方はに日本とそれほど変わりません。質も悪くないため、ちょっと目には日本製との違いは分からないくらいの出来です。

昭和50年くらいに韓国で大量に作られて日本に出回っていましたが、現在では、韓国での人件費が高くなってきて、韓国産の大島紬が安いという価格のメリットがなくなってきました。そのため、以前ほど生産されることはなくなりました。

大島紬の生産地に韓国があるのは、こういった事情があったためです。

大島紬の格は低い

大島紬の着物は高級品ですが、着物の格としては高くないんです。ですので、改まった場に着ていくことはできず、普段着として着る着物になります。披露宴や正式なパーティなどに着ていくのは駄目とされます。

光沢があり渋い着物ですが、着物好きに大変に人気のある着物ですが、着る場面を選ぶので着物を着る機会が少ない人は、なかなか手がだしにくい着物という側面もあります。

せっかくの大島紬ですが、着る機会がなくてタンスの肥やしになっているのであれば大変もったいないことでう。職人さんが気持ちを込めて作った貴重な伝統工芸品の大島紬です。

着物は、しっかりと対策をして保管をしていないと傷んでしまいます。そうなりますとせっかくの伝統工芸品の価値が下がってしまいます。

価値が下がる前に、着物買取の専門店に売って、大島紬をリサイクルするようにしましょう。

高く売りたい人が利用する着物買取の専門店

着物ちゃん

高く売るなら着物買取の専門店がいいの?

買取額が高いというのも大事なポイントになってくるので、着物買取の専門店にお願いすることをおすすめします。

そして、買取額の高さだけじゃなく専門店が独自におこなっているサービスも便利なので知って欲しいですね。

管理人

着物買取の専門店にて査定を依頼するときに、価格が高くなるであろう専門店を選ぶかと思いますが、他にも選ぶポイントがあります。買取実績が豊富なこともポイントになります。

実績が豊富ということは、多くのお客に支持されているということの証明でありますし、着物買取の相場であったり知識があり着物自体が持っている価値を十分に把握していますので、査定額が高値になる可能性が高くあります。

また、サービスが充実しているのもポイントになります。客のことを考えてできたサービスですので、着物買取の手続きがスムーズに進みます。このサービスが良くないお店ですと、気持ちよく着物の買取をしてもらえない可能性があります。

着物買取をトラブルなく終えることができるのは重要なポイントです。これらのポイントを満たすお店は世の中にいくつかあると思いますが、おすすめしたい着物買取の専門店があります。

おすすめする理由として、様々な着物を買い取っています。そのため着物全般に精通していて、たとえ無銘の着物だとしても高値で買い取りをしてくれることがあります。また、サービスに関わる費用が全て無料なので、気軽に査定を依頼することができますし、査定額に納得できなかった場合も、キャンセル料が無料になります。

着物買取での評判が高い専門店になり、それぞれに強みがありますが、どちらもサービスの質や査定に対して期待できますのでお店選びの参考にしてください。

着物の出張買取なら【バイセル】

メインキャラクターに坂上忍さん起用しているバイセルですが、特徴としましては、日本全国で出張買取をしているところではないでしょうか。また、場所によっては、申し込んでから最短30分で査定が受けられることも可能です。女性の査定員を指名できるのも嬉しいサービスです(※お客様が女性の場合のみ)。
出張エリアでない場合でも、宅配買取に対応していますので安心してください。

査定費用が無料だから気軽に頼める!満足価格に自信!

買取方法 出張買取/宅配買取/持ち込み買取 出張・査定料 無料
査定時間 30分前後 支払方法 その場でお支払い
対象地域 日本全国 キャンセル クーリングオフ制度あり

満足価格!着物の買取【バイセル】

▼出張&査定費用完全無料!!▼

※申し込みは1分で完了します

高価着物買取の専門店【買取プレミアム】

毎月10,000件以上のお問い合わせがあるとても人気な買取プレミアムですが、特徴としましては、名前にあるとおり買取価格にプレミアムをだすことに注力しているところではないでしょうか。
出張買取、宅配買取、持込買取と都合に合わせて買取方法が選べて買取価格が高くなるなら使わない手はないですよね。

査定もキャンセルも全部無料!着物買取で高額買取なら!

買取方法 出張買取/宅配買取/持ち込み買取 出張・査定料 無料
査定時間 30分前後 支払方法 その場でお支払い
対象地域 日本全国 キャンセル クーリングオフ制度あり

着物の買取プレミアム

▼出張&査定費用完全無料!!▼

※申し込みは1分で楽々完了♪