帯にも格がある?!知っておくべき簡単な見分け方

帯にも格がある?!知っておくべき簡単な見分け方

帯にも格が存在する

着物ちゃん

帯に格というものがあるんですね?

着物に格があることを知っている人は多いんですが、帯にもあることを知っている人は少ないかもしれません。

今回は、そんな帯の格について紹介していきます。

管理人

着物には格が存在しています。その格を調整してくれるのが帯なんです。とはいっても、着物が礼装だとして、その着物にカジュアルな帯を合わせたとしても普段着にはなりません。

着物自体の格に対して、帯をどう合わせるかによってより改まった「重い」印象になるか、それともくだけた「軽い」印象になるかということになります。

帯における格の見分け方を紹介していきます。

ちなみに格の調整というのは、フォーマルの度合いを調整するということになります。調整する格としては、「染めではなく織り」「金銀を多用している」「格調高い文様である」これらの条件が格上となります。条件を満たすほど、帯として格の高いものとなります。

染めか織りか

帯は染めよりも織りのほうが格上になります。「染めの着物に織りの帯」という言葉があるように着物とは格が逆になりますので、注意するポイントになります。留袖や訪問着などのやわらかものの礼装には、錦織や唐織といった帯を合わせます。ただし、織りの帯にもフォーマルとカジュアルがあります。もちろん、染めの帯にもフォーマルとカジュアルのものがあります。見極めるポイントとしては、金銀の分量や柄の雰囲気で格を判断する必要があります。

織りの代表的な技法

錦織

錦織

金糸、銀糸といった多彩な色の糸を使って模様を織りだした紋織物の総称になります。綴織(つづれおり)や唐織、佐賀錦も錦織の仲間になります。

唐織

唐織

光沢のある良質な絹糸で織る唐織になります。刺繍のように立体的になり色鮮やかな色彩が特徴となります。

綴織

綴織

柄の色と色の境目に、把釣孔(はつりこう)と呼ばれる隙間があるのが特徴になります。金銀糸が使われているのは礼装用になります。

引き箔

引き箔

金銀の箔を緯糸(よこいと)に織り込んだ織物です。煌びやかすぎない感じで落ち着いた金銀の色合いが特徴になります。

モール織

モール織

銅線を経糸(たていと)で包むように織り上げており、銅線を抜くことで立体感のあるループ状に毛羽立たせた織物になります。

紹巴

紹巴

糸に強い撚りをかけて織る、薄手の織物になります。千利休の弟子でもある里村紹巴が愛用したことから名付けられました。

金糸銀糸の量

金糸や銀糸、もしくは金彩銀彩を多用している帯は礼装用の帯になります。当然、金銀の分量が少なくなればなるほどフォーマルへの度合いが軽くなります。また、使っていないものは、お洒落用またはカジュアル用になります。

文様

吉祥文様、有職文様、正倉院文様などの古典文様は格上にあたります。これは昔から日本に伝わる伝統的な模様であり、文様自体に意味があることが多いからです。当然、幾何学柄や遊びを効かせている柄は、カジュアル寄りの描くになってきます。

形状

格が高い順になりますが、袋帯→洒落袋帯→名古屋帯→八寸帯→半幅帯になります。金銀の分量と文様の種類によって、洒落袋帯と織り名古屋帯の格付けが変わることもあります。

格の高い帯の特徴

着物や帯が素敵だったとしても、それぞれの世界観が違うものを組み合わせてしまっては台無しです。

世界観を統一させることがとても大事になってきます!

管理人

伝統のフォーマル柄を色で楽しむ

格を備えた伝統柄の最たるものが、正倉院文様になります。正倉院には聖武天皇の遺愛品や光明天皇による宝具や荘厳具といった奉献品をはじめとして、大仏開眼会のときに奏された舞楽の装束を含めた東大寺の法会に用いられた仏具や汁器類といった宝物が保存されています。この日本の宝を表した正倉院宝物の文様は、正倉院裂といった数多くの文様が後世に伝えられてきました。

帯の柄として伝来の華文は、正倉院文様のひとつとして、人気があり愛されています。今の色をバランスよく取り入れることで、今でも新鮮な感覚で使える帯になります。

いぶし金で上品な光沢

撚金箔の綴帯は、存在感のある着物にも合わせることができますので注目したい帯になります。多くは正倉院文様などの格のある文様になり、色数を抑えてマットな印象になるよう表わしています。

金箔を糸により合わせた撚金糸を使うことで、従来にはない上品な光沢で深い味わいを生み出しています。金箔や絹糸のクオリティをそれを最大限に引き出す技術がダイレクトに着心地に反映されています。フォーマルでありながら一歩控えた色や風合いが、今の女性のお洒落感覚に響いたことで受け入れられています。

物語柄や幾何文を唐織で重厚感を

源氏物語といった文学に由来する物語柄は、友禅の着物でもしばしば目にしますが、美しい唐織の袋帯にもありました。奥行きのある配色が絵画のように表現されています。

唐織によく見られるのは、幾何文の繰り返し柄になります。小菱や花菱といった有職文、正倉院文様も見られ重厚感が漂います。

正倉院宝物の文様には、中国との交易を通して、西域の文化も伝えられてきたために樹下動物文や葡萄文、狩猟文といったペルシャのササン朝文化を起源に持つものもあります。

ドレス感覚を帯で豪華に演出

帯の柄の素材は世界各地の染織品であるといっても過言ではありません。そのくらい様々なモチーフが使われています。人気のものになりますと、唐花柄になり、多くの種類があります。

気になる色目になりますが、何と言っても清々しさや明るさのある色で構成されています。この構成が重要で配色によって印象ががらりと変わってきます。

着物や帯それぞれが素敵だとしても、世界観が違うものを組み合わせてしまっては台無しです。イメージする世界観を統一させることで、取り合わせの妙が出てきて楽しむことができます。

着物買取での相場や高く売れる帯とは?

ここからは、帯を売りにだしたときの買取相場や気をつけるべきポイントを紹介します。

管理人

帯に格があることは理解していただけたかと思います。そんな帯を売りたいと考えたときに、そもそも「どうすればいいのかわからない」「売りたいけれど安く買い叩かれるのはいや」といった感じで、悩みを抱えている人が多くいます。

着物買取で高値になりやすい帯や高価買取を実現するために気を付けておきたいポイントなどを事前に知っておくことで失敗を回避することができます。

高く売るためにはお店選びが重要に

帯の売り先として、リサイクルショップやフリマアプリさらには着物買取の専門店など、帯を売れるところは当然1つじゃありません。

ただし、帯も着物と同様にプロが査定しないと判断が難しい商品なので、間違ったところに売りにだしてしまうと本来持っているはずの価値の半分にもならない買取価格になってしまう場合があります。

リサイクルショップで売る場合

せっかくの帯を売りにだすのなら、近場にあるリサイクルショップはおすすめできません。

なぜかといいますと、リサイクルショップには着物のプロがいないため、有名作家や有名産地の帯だとしてもそれを判断できずに相場よりも低い買取額になり損をしてしまう可能性が高いためです。

そもそもリサイクルショップの場合、着物とセットで売りにださないと買い取りを断られる場合があります。査定をしてもらえない可能性を考えると、せっかくお店まで持って行っても無駄足となってしまい、こういったことからもおすすめできないところでもあります。

フリマアプリやネットオークションで売る場合

フリマアプリやネットオークションの場合は、自分で価格を設定できるためリサイクルショップよりかは高値を見込むことができます。

ただし、フリマアプリやネットオークションは気軽に出品できることから出品数が多く埋もれてしまい、落札されないということが難点です。入札を増やすためにも相場の買取額より低い価格にしてしまうのがほとんどで、現状としては高値で売るのは厳しいというのがあります。あと、メルカリやヤフオクですが、落札価格の10%が手数料として引かれるので注意が必要です。

さらに、「写真よりも状態が悪い」「思っていたのと違うから返品したい」といった落札者とのトラブルがありえますので、そういったリスクにも十分な注意が必要です。

着物買取の専門店で売る場合

帯を高値で売るなら着物買取の専門店がおすすめです。

とはいえ、「近場に呉服店がない」「呉服屋に売りに行くのは気が引ける」という人も多いのではないでしょうか。今回おすすめする着物買取の専門店は、インターネット上で買い取りをおこなっている専門店です。宅配買取であれば、全国どこからでも利用することが可能です。

ちなみに宅配買取とは、売りたい帯や着物をダンボールに詰めて専門店に送るだけです。専門店に届いたら査定員が帯を査定してくれます。とても簡単ですね。

送料や査定料、キャンセル料が無料ですので、余計な出費もありません。もし査定額に納得できなければ、帯や着物を返してもらえますので気軽に利用できるのも魅力と言えるのではないでしょうか。

また、着物買取の専門店には、宅配買取だけじゃなく出張買取という買い取りをおこなっています。「帯を送るのは不安」「目の前で査定をしてもらいたい」という人は、出張買取を依頼して帯を査定してもらうのもおすすめです。

高く売れる帯の特徴

高い価値の帯はたくさんあります!帯が持っている価値を知るためにも一度査定にだしてみると良いでしょう。

管理人

人気ブランド

ブランドの帯は、今までに培ってきた歴史や人気があるため買取額に対して期待を持つことができます。

ブランドの中でも、とくに山口美術織物や河合美術織物、川島織物はファンも多くいて知名度も高いこともあり買取額が高値になる傾向があります。

ブランドものが好まれる理由として、初めて着物を購入する場合、ブランドを重視して選ぶことが多くあります。そのため、中古だとしても十分に価値があるのです。

もし山口美術織物や河合美術織物の帯を売った場合ですと、状態が良ければ20,000~60,000円くらいが買取額の相場になってきます。

有名産地や伝統工芸品の帯

人気ブランドよりも買取額が高くなりやすいのが有名産地や伝統工芸品の帯になります。

京都の西陣織や奄美大島の大島紬など、有名産地の帯はたくさん存在しています。例えば、重要無形文化財に指定されている結城紬の帯になりますと買取額の更なるアップが期待できます。

伝統工芸品の帯も人気が高いので需要が高く、査定額としても高くなりがちです。

結城紬の相場ですと50,000~100,000円くらいになります。更に高いところでいいますと、芭蕉布であれば、200,000円という高額の買取額が付く場合があります。

有名産地や伝統工芸品には、その価値を証明してくれる証紙が付いてきます。その証紙を一緒に査定にだせば価値を客観的に証明できますので、買取額は上がりやすくなります。証紙がある場合には、忘れずに帯と一緒に査定にだすようにしましょう。

人間国宝や作家の帯

人気ブランドよりも有名産地よりも高値になるのは、人間国宝や有名作家によって作られた帯になります。相場としては、帯1つで250,000円以上もの高値なることがあります。

せっかく価値ある帯だからこそ、リサイクルショップやフリマなどではなく、着物買取の専門店を使うことをおすすめします。

帯の買取相場

帯にも種類は様々あり、素材はもちろん作家によって相場は変わってきます。袋帯や名古屋帯、反幅帯の3種の相場について紹介します。

袋帯の買取相場

そもそも袋帯というのは、帯の片面だけに柄が入っているものになり、もう片面には柄は入っておらず無地になっています。格式としては丸帯に次いで高くなっており、訪問着や留袖など多くの人に使われています。

袋帯は買取相場の幅が最も広く、20,000円から2,000,000円以上となる場合もあり、帯の状態によって大きく買取額が変わってきます。

名古屋帯の買取相場

名古屋帯は、構造的に袋帯よりも簡単に締められるようになっています。格としても高くなく、他の帯よりも安価で購入できる物が多くあるため、相場としても低めになります。

とはいえ、作家物であれば買取額が高値になる場合があり、幅としては4,000~100,000円くらいとなります。

半幅帯の買取相場

半幅帯は、幅が細くなっており、合わせる着物としてもウールの着物や浴衣になり、カジュアル向けの帯となります。買取相場としては、高くても5,000円程度になるでしょう。

また、帯の素材としてウールやポリエステルの場合は、買取不可になってしまうことがありますので注意が必要です。

高額買取でおさえるべき3つのポイント

帯の高額買取ですが、ちょっとした気遣いをすることで高額になるポイントが3つありますので把握しておきましょう。

管理人

帯の状態が買取額を左右する

帯だけじゃなく着物にも言えることですが、状態の良さが買取額に影響します。そのため、着たときのシミや汚れに気を付けるのはもちろんですが、虫食いや日焼けによる変色にも気を配るのが大切になります。

今は売ることを考えていなかったとしても、日頃から帯の状態を気にかけることで、売りたいと思った時に帯の状態をキープでき買取額が高値になりやすくなっているでしょう。

シミ抜きや修繕はしない

帯にシミや汚れ、ほつれがあったとしても、そのままの状態で査定を受けてみるのがおすすめです。

なぜかといいますと、綺麗な状態で査定をしたほうが高値になるのは確かですが、補修を試みた結果、風合いが損なわれてしまったり状態が悪化してしまったりすると、買取額が落ちてしまう可能性があります。ですので、ご自身で帯の汚れやほつれを直すのはあまり賢い選択とは言えません。

また、専門のお店にお願いして補修するとなると、状態にもよりますが数千円の費用がかかってきます。まずは、費用をかける前に無料で査定をしてもらい、帯の価値や買取額を把握してから判断しましょう。

価値が下がる前に査定に

使う予定のない帯は、すぐに査定にだすことをおすすめします。着物も同様ですが、時間の経過と共に劣化していきます。保管する期間が短ければ短いほど高く売れるというわけです。

着物や帯の流行り廃りのサイクルは10年と言われています。つまり購入してから10年以内のものが需要が高いとされています。

もちろん古い帯だとしても高額買取になるものはたくさんありますが、購入してから10年以内で状態の良い物が買取額が付きやすくあります。

もし売るかどうか迷うのであれば、まずは査定だけ受けるようにして、査定額を確認してから売るのを改めて検討してみるのもおすすめです。

着物買取の専門店を使ってオトクに帯を売る

着物買取の専門店なら、帯だけだとしても高値で買い取ってくれるお店はたくさんあります。

もちろん帯も、状態や産地、作家といった様々な条件によって買取額が決まってくるため、実際に物を見ないとはっきりとした相場は断言できませんが、常日頃から丁寧に帯を扱っていたのであれば高く売れる可能性は十分あります。

着物買取の専門店で無料の査定を受けることで簡単に帯の買取額を知ることができるので、売るか悩んでいるのであれば、まずは価値を知ることから始めてみましょう。

おすすめの着物買取の専門店

もし、専門店を選ぶのに迷うようであれば、おすすめの着物買取の専門店がありますので、参考にしてみてください。着物買取の専門店の中でも、特に人気が高く買取実績の豊富な専門店になります。

月間20,000件以上の問い合わせがある人気の業者を紹介しておきます。どちらの業者も高額買取で有名なところなので買取実績も多く、人気の買取店ですので参考にしてみてください。

着物の出張買取なら【バイセル】

メインキャラクターに坂上忍さん起用しているバイセルですが、特徴としましては、日本全国で出張買取をしているところではないでしょうか。また、場所によっては、申し込んでから最短30分で査定が受けられることも可能です。女性の査定員を指名できるのも嬉しいサービスです(※お客様が女性の場合のみ)。
出張エリアでない場合でも、宅配買取に対応していますので安心してください。

査定費用が無料だから気軽に頼める!満足価格に自信!

買取方法 出張買取/宅配買取/持ち込み買取 出張・査定料 無料
査定時間 30分前後 支払方法 その場でお支払い
対象地域 日本全国 キャンセル クーリングオフ制度あり

満足価格!着物の買取【バイセル】

▼出張&査定費用完全無料!!▼

※申し込みは1分で完了します

高価着物買取の専門店【買取プレミアム】

毎月10,000件以上のお問い合わせがあるとても人気な買取プレミアムですが、特徴としましては、名前にあるとおり買取価格にプレミアムをだすことに注力しているところではないでしょうか。
出張買取、宅配買取、持込買取と都合に合わせて買取方法が選べて買取価格が高くなるなら使わない手はないですよね。

査定もキャンセルも全部無料!着物買取で高額買取なら!

買取方法 出張買取/宅配買取/持ち込み買取 出張・査定料 無料
査定時間 30分前後 支払方法 その場でお支払い
対象地域 日本全国 キャンセル クーリングオフ制度あり

着物の買取プレミアム

▼出張&査定費用完全無料!!▼

※申し込みは1分で楽々完了♪