着物買取で売れない着物や買取価格がつかない着物とは?

着物買取で売れない着物や買取価格がつかない着物とは?

そもそもあまり使っていない着物であれば、押し入れやクローゼットに保管してそのままという人も多いのではないでしょうか。そんな着物を着物買取の査定に出してみたいと思ったとしても、出した着物が買い取ってもらえるのか不安に思い、なかなか行動に起こせないという人も多いかと思います。

実際、査定に出す着物によっては査定額がつかないということもありえます。

だからといって、着物をそのまま押し入れやクローゼットに保管しておいてしまうのはもったいない話です。

今回は、そんな売れない着物や買取価格がつかない着物についての対策を紹介していきます。

着物買取で査定額がつかない着物とは

着物買取で査定額がつかない着物とは

着物買取において査定額がつかない着物というのは、つかないだけの理由があるんです。

汚れやシミが激しい

着物買取の専門店だと、着物を専門とするクリーニング業者を使っていることが多いので、着物に多少の汚れやシミがあったとしても綺麗にできるため買い取りが可能なんです。

多少の汚れやシミであれば買い取りが可能なんですが、これが激しい場合は着物の状態がかなり悪いため、着物買取の専門店であっても買い取りが不可になってしまう場合があります。専門のクリーニング業者であっても元に戻すことが難しいからです。

状態が悪い着物を買い取ったとしても売れ残ってしまう確率が非常に高いため、在庫をずっと抱えてしまうことになります。着物買取の専門店もそういう状態にはなりたくないため、汚れやシミが激しく状態が悪い着物は、買い取りを断ることがあるのです。

においがついている

香水やカビ臭、タバコなど、こういったにおいが着物に激しくついていますと、買い取りしてもらえない場合があります。多少のにおいがついている着物を買い取りしてもらえたとしても、着物買取の専門店のほうでクリーニングに出すことになり、その分の費用を買取額から差し引かれて減額になる場合があります。

着物につくカビ臭は、他の洋服からうつってしまうことがよくあります。そのため、着物の保管方法に気をつけないといけません。

においなので、何回かクリーニングすることでにおいが取れる場合がありますが、着物のクリーニングは結構かかりますので、着物の買取額を考えますと割に合わないかもしれません。と合わせてもマイナスになってしまうだろう。

着物の素材によって買取できないもの

着物の素材としてウール生地がありますが、この素材を使った着物の場合、買い取りをしないお店がたくさんあります。

ウール生地というのは、虫が付きやすい素材のため虫食いの状態になりやすくあります。そして、ウールの着物は安価で手に入れることができるため買取額としても高値になりにくくあります。手間がかかる上に安いということもあり、着物買取の専門店としても割に合わないので買い取りをしないということになります。

とはいえ、人気のブランドであったり人気のデザインであれば、ウールの着物であったとしても買い取りをしてくれるところもあります。

着物のサイズが小さい

150㎝以下のサイズになりますと、買取が不可になるお店もあります。着物の丈は、おはしょりによって調整することができます。ですが、着物のサイズが小さいと、このおはしょりが作れなくなってしまい丈の調整ができなくなるからです。

着物サイズが小さかったとしても、専門の業者にお願いすることで丈を長くしてもらうことができますが、多額の費用がかかってしまいます。これでは、採算が合わないため、サイズが小さい着物は積極的に買い取りをおこなわないのです。

喪服

喪服の場合も買い取ったあとの需要が低いため買い取りが不可となってしまうことが多くあります。

ただ、ブランド品の喪服の場合は別です。人気のブランド品であれば、買い取りも可能ですし、高い買取額になることもあります。

着物買取で査定額がつかなかったときは

着物買取で査定額がつかない着物とは

着物買取で査定額がつかなかったとしても、諦める必要はありません。

フリマアプリを使う

もし、査定額がつかなかった場合は、フリマアプリを使ってみるのも一つの方法です。フリマアプリであれば個人間での取引になりますので、価格競争などがおこりにくく初心者でも比較的簡単に売ることができます。

フリマアプリの代表的なところとしては、メルカリが有名だと思います。メルカリであれば、スマホで簡単に始められますし、着物の写真を撮って気軽に出品することができます。そもそもフリマアプリでは、販売する価格帯が安めに設定されているため、それだけ売れやすくあります。

もし、着物買取で買い取りが不可といわれた場合でも、フリマアプリであれば、ウール生地の着物であっても売れる可能性があります。

着物買取の専門店で買い取ってもらえないという場合でも、処分をしてしまう前にメルカリなどのフリマアプリを利用してみましょう。

着物を少しでも高く買い取りしてもらうために

着物を売りに出すのなら少しでも高く買い取ってもらいたいものです。高く買い取ってもらうめに必要なコツについて紹介しますので、査定に出すときの参考にしてください。

着物買取の専門店にお願いする

着物を売りに出すときは、必ず着物買取の専門店にお願いしましょう。査定する側に専門の知識がないと着物が持っている価値を見いだせず、安く買い叩かれてしまいます。そして、できれば1つのお店にお願いするよりも複数のお店にお願いするようにしましょう。

複数のお店にお願いすることで、買取額を比べて検討することができます。買取額によっては、他のお店で出た買取額を使って交渉することも可能になります。

着物の出張買取なら【バイセル】

メインキャラクターに坂上忍さん起用しているバイセルですが、特徴としましては、日本全国で出張買取をしているところではないでしょうか。また、場所によっては、申し込んでから最短30分で査定が受けられることも可能です。女性の査定員を指名できるのも嬉しいサービスです(※お客様が女性の場合のみ)。
出張エリアでない場合でも、宅配買取に対応していますので安心してください。

査定費用が無料だから気軽に頼める!満足価格に自信!

買取方法 出張買取/宅配買取/持ち込み買取 出張・査定料 無料
査定時間 30分前後 支払方法 その場でお支払い
対象地域 日本全国 キャンセル クーリングオフ制度あり

満足価格!着物の買取【バイセル】

▼出張&査定費用完全無料!!▼

※申し込みは1分で完了します

高価着物買取の専門店【買取プレミアム】

毎月10,000件以上のお問い合わせがあるとても人気な買取プレミアムですが、特徴としましては、名前にあるとおり買取価格にプレミアムをだすことに注力しているところではないでしょうか。
出張買取、宅配買取、持込買取と都合に合わせて買取方法が選べて買取価格が高くなるなら使わない手はないですよね。

査定もキャンセルも全部無料!着物買取で高額買取なら!

買取方法 出張買取/宅配買取/持ち込み買取 出張・査定料 無料
査定時間 30分前後 支払方法 その場でお支払い
対象地域 日本全国 キャンセル クーリングオフ制度あり

着物の買取プレミアム

▼出張&査定費用完全無料!!▼

※申し込みは1分で楽々完了♪

着物に必要な付属品も一緒につける

着物だけを売るのではなく、帯や帯留め、バッグといった和装品を一緒に査定してもらうと買取額がUPしやすくなります。着物に付属品が付いているほうが、次に着る人の購買意欲を刺激して売れやすくなるからです。

着物買取の専門店としても買い取った着物を売らなければ利益になりません。在庫はなるべく抱えたくないのです。

付属品が付いている着物は、売れる確率が高いため、付属品がある着物は着物買取の専門店としても高く買い取りしてくれる傾向にあります。

着物についていた証紙は必ずつける

有名な作家の着物や老舗の呉服店が仕立てた着物になりますと、査定額としても高額になる可能性があります。そして、その着物の価値を証明してくれるのが証紙というものです。着物を購入したときについてきたものは、証紙もそうですがたとう紙、箱など全部つけて査定に出すようにしましょう。

着物は少しでも綺麗な状態で出す

もちろん新品や未使用の着物であれば査定額としても一番良くあります。中古の着物であれば、査定する前に虫干しをしてにおいを取ったり程度によってはクリーニングをするようにして少しでも綺麗な状態にするのもおすすめです。

自分で綺麗にできる汚れであれば、しっかりと落としておきましょう。掃除やクリーニングをすることで綺麗な状態にして着物を査定に出すことができれば、高額査定への第一歩になるかもしれません。

まとめ

着物買取を使って着物が買い取りできないからといって、何も考えずに着物を処分してしまうのはおすすめできません。工夫をすることで、査定額がつかなかった着物だとしても売れることがあるからです。

工夫をしても売れない着物もあるかもしれません。そのときは、処分するしか方法はないかもしれません。やれることを最大限にやったうえで、売れなかったときに着物を処分するようにしましょう。

押し入れやクローゼットの中に眠っている着物があるのなら、一度、着物買取の専門店に査定に出してみましょう。

着物買取の相場でかなりの違いが出る!お店選びが本当に大切 着物は売れない!そもそも売るお店を間違っていませんか?