江戸小紋の買取相場は?高額買取を引き出すために知っておくべき情報

江戸小紋の買取相場は?高額買取を引き出すために知っておくべき情報

江戸小紋は買取相場でいくらになるのか?

着物ちゃん

江戸小紋?小紋に江戸というものがあるんですか?

小紋の種類の中に江戸小紋が存在します。この江戸小紋は、フォーマルとして着ることができるため需要が高い着物なんです。

今回は、そんな江戸小紋を売りにだしたときの相場や高く売るためのポイントを紹介します。

管理人

江戸小紋は買取相場でいくらになるのか?

江戸小紋の買取相場は?

小紋は、ちょっとしたお出かけなどに重宝されます。小紋はフォーマルな場には着ることはできませんが、平服指定された披露宴に着ていくことができます。正装に比べて格が下にされる小紋ですが、着る機会としては、他の着物に比べ多くあります。

そんな使い勝手のいい小紋ですが、着なくなる時は来ます。着ていく行事が減ってしまったり、小紋以外の着物を購入したなど理由は様々です。きっかけとしては色々ありますが、着なくなった小紋はどうするかという問題があります。愛着のある小紋でしたら、保管するという選択肢あるかもしれませんが、保管するには手間がかかってしまいます。

江戸小紋

正絹で作られた小紋ですと、虫食いや湿気に弱いため、保管場所として桐製のタンスだったりたとう紙や防虫剤などが必要になってきますし、湿気を取るために防湿剤を用意したり、また年に数回ほど虫干しが必要となってきます。綿やウール、麻で作られた小紋の場合は、湿気には強いですが虫食いが発生しやすくあるため、保管する時には防虫剤を用意して虫食い対策をする必要があります。

保管には手間がかかりますが、これからも着続ける場合はこのような手間も惜しくはないかと思います。ですが、今後着る機会がないかもしれない場合は、こういった手間は割に合わないかもしれない。

保管の手間暇を考えて難しいと思うのであれば、処分ということになりますが、そこでおすすめになるのが、着物買取の専門店に売るということになります。小紋の状態が悪い場合やあまりにも古いといった場合ですと売ることが難しいかもしれませんが、小紋の状態が良い場合には想像以上の高値で買い取ってもらえる場合があるからになります。

小紋の買取価格は実は低い?

そもそも小紋という着物は、購入する場合、価格はリーズナブルな部類に入ってきます。ですので、ちょっとしたお出かけに気軽に着ていけ、何着も購入しているという人は割といます。

そんな使い勝手の良い小紋ではありますが、着物の格としては残念ながら街着というランクに該当するので、格の高い留袖や振袖といった着物と比べてしまうと買取価格は相当低くなってしまいます。

そういった事情から有名作家の作品や状態の良い物で価格としては、6,000円~1万円くらいの買取価格が付くでしょう。そういった条件に当てはまらない場合には、数百円~3,000円くらいになるでしょう。

小紋の買取価格が高いのは江戸小紋

小紋での買取価格はあまり期待できませんが、例外として価格が高くなる小紋があります。それは、江戸小紋と呼ばれる着物です。

この江戸小紋は、一つ紋を入れることで略礼装という格になりますので、披露宴に着ることができるフォーマルな着物となります。

そんな江戸小紋で三役と呼ばれる鮫や角通し、行儀は、とくに格が高く、江戸小紋を代表する文様になりますので、価格としても高値を期待することができます。

正絹の江戸小紋にで未使用であれば、数万円といった査定額が付くこともあります。さらに、人間国宝といった有名な作家ものになりますと、査定額がさらに上がってくる可能性があります。売る前に、持っている小紋がどのようなものになるのか確認しておきましょう。

江戸小紋の買取実績

実際に江戸小紋がいくらになるのか気になるかと思います。ここに出ている価格は、下記でおすすめしている専門店のものです。売るときの参考にしてみてください。

管理人

江戸小紋の買取相場

買取価格:107,000円

人間国宝の希少な江戸小紋や証紙付きの複数枚の着物が高額な買取価格になりました。

買取価格:52,000円

タンスにあった複数枚の着物の中に状態のいい小紋や付下げが含まれここまでの買取価格になりました。

買取価格:80,000円

有名作家の小紋や牛首紬が証紙付きで、さらに未使用品ということもありこの買取価格になりました。

買取価格:59,000円

複数枚の着物の中に小紋や紬があり、品質も良いことから査定額も高くなりこの買取価格になりました。

無料で査定!着物を高く売りたいなら着物買取の専門店!

査定費用が無料だから気軽に頼める!

満足価格!着物の買取【バイセル】

問い合わせは無料で簡単にできます

査定もキャンセルも全部無料!

着物の高額買取なら【買取プレミアム】

問い合わせは無料で簡単にできます

小紋を売るときの注意すべきポイント

小紋を着物買取の専門店に売りにだす場合には、いくつか注意する必要があります。

管理人

小紋を売るときの注意すべきポイント

専門店が買取価格をだすには、様々な要素によって決まってきます。その中でも小紋の状態がとくに価格に左右します。ですので、小紋の状態によって買取価格が相場よりも低くなったり、高くなったりします。

保有期間を短く

小紋だけでなく、着物は新しいものほど買取価格が高くなり、着ている期間が長くなることで買取価格が安くなっていきます。着物は、着ている期間が長くなるほど劣化していくため、価値が下がってしまうためです。上記の買取価格は、未使用の一度も袖を通していない状態の買取価格になり、中古の小紋ですと、どうしても未使用の買取価格よりも下がってしまいます。ですので、小紋を売りにだすことを検討しているのであれば、できるだけ早く売るようにしましょう。

状態が良いと買取価格が高く

小紋の状態が良いと買取価格が高くなって、悪いと買取価格は安くなってしまいます。高額査定が期待できる有名作家ものや有名な産地の小紋だとしても状態が悪いと、買取価格が下がってしまう可能性が高くなります。小紋としての価値を下げないためにも、良い状態を保つために使用後の手入れや保管方法のケア十分に注意して、悪化させないようにしましょう。

証紙を一緒に付けて売る

有名作家ものや有名な産地の小紋になりますと、購入した時に証紙と呼ばれる証明書が付いてきます。これは小紋を作った作家名であったり産地が記載されており、お持ちの小紋を客観的に証明してくれるものになります。ですので、この証紙があるとないとでは違った結果になります。もし、この証紙が売る時にないと、たとえ有名な作家ものであったり有名な産地の小紋だとしても、買取価格が下がってしまう可能性もあります。そのために、証紙が付いていた場合は、必ず小紋と一緒に売るようにしましょう。ただし、証紙がないからといって、小紋が売れないということではありませんので誤解されないようにしてください。

サイズが大きいと買取価格が高く

これも小紋だけの話ではなく着物全般にいえますが、サイズが大きいと買取価格が高額になる傾向にあります。これは、女性の身長が昔よりも大きくなっているため、大きいサイズのほうが需要があるためです。そして、サイズが大きいということは、布地も大きいということでもあり仕立て直すことができるので、様々なサイズの仕立て直すことができます。そういった事情からサイズが大きいほうが買取価格に期待ができるということです。

着物買取を依頼するときは専門店に

着物買取を依頼するときは専門店に

小紋は需要も高いこともあり、色々な業者が買取をしています。着物買取を専門に扱っている買取業者からリサイクルショップや質屋までと業種も様々です。そのために、どの買取業者にお願いするべきか迷ってしまうかもしれません。買取業者の選ぶポイントがありますので、それを紹介します。

小紋の買取実績が多くあるのがポイントになります。この買取実績が多いということは、それだけ売りにくる人が多いということでもあり、その業者は支持されているとことにもなります。

売りにきた人が買取価格を見て納得して売りにだしているということが推測されます。また、買取実績が多いということは、中古の相場を熟知しており、小紋の知識はもちろん、需要と供給のバランスを把握していてより正確な査定額を提示してくることが期待できます。

着物買取のお店について

また、サービスが充実しているのもポイントになります。客のことを考えてできたサービスですので、着物買取の手続きがスムーズに進みます。このサービスが良くないお店ですと、気持ちよく着物の買取をしてもらえない可能性があります。着物買取をトラブルなく終えることができるのは重要なポイントです。これらのポイントを満たすお店は世の中にいくつかあると思いますが、おすすめしたい着物買取の専門店があります。

おすすめする理由として、様々な着物を買い取っています。そのため着物全般に精通していて、たとえ無銘の着物だとしても高値で買い取りをしてくれることがあります。また、サービスに関わる費用が全て無料なので、気軽に査定を依頼することができますし、買取価格に納得できなかった場合も、キャンセル料が無料になります。

着物買取での評判が高い専門店になり、それぞれに強みがありますが、どちらもサービスの質や査定に対して期待できますのでお店選びの参考にしてください。

着物の出張買取なら【バイセル】

メインキャラクターに坂上忍さん起用しているバイセルですが、特徴としましては、日本全国で出張買取をしているところではないでしょうか。また、場所によっては、申し込んでから最短30分で査定が受けられることも可能です。女性の査定員を指名できるのも嬉しいサービスです(※お客様が女性の場合のみ)。
出張エリアでない場合でも、宅配買取に対応していますので安心してください。

査定費用が無料だから気軽に頼める!満足価格に自信!

買取方法 出張買取/宅配買取/持ち込み買取 出張・査定料 無料
査定時間 30分前後 支払方法 その場でお支払い
対象地域 日本全国 キャンセル クーリングオフ制度あり

満足価格!着物の買取【バイセル】

▼出張&査定費用完全無料!!▼

※申し込みは1分で完了します

高価着物買取の専門店【買取プレミアム】

毎月10,000件以上のお問い合わせがあるとても人気な買取プレミアムですが、特徴としましては、名前にあるとおり買取価格にプレミアムをだすことに注力しているところではないでしょうか。
出張買取、宅配買取、持込買取と都合に合わせて買取方法が選べて買取価格が高くなるなら使わない手はないですよね。

査定もキャンセルも全部無料!着物買取で高額買取なら!

買取方法 出張買取/宅配買取/持ち込み買取 出張・査定料 無料
査定時間 30分前後 支払方法 その場でお支払い
対象地域 日本全国 キャンセル クーリングオフ制度あり

着物の買取プレミアム

▼出張&査定費用完全無料!!▼

※申し込みは1分で楽々完了♪

江戸小紋の特徴

江戸時代から続く一色染めの小紋

遠目から見ると、江戸小紋の柄は、無地と見まごうばかりの細微な柄です。この小さい柄は、伊勢型紙を白生地の上に置き、模様の部分を糊で防染して表現します。地色を一色で染めたあとに糊を落とすと、糊の部分が白く残り模様になります。江戸時代から続くこの技法で、今も東京で染められている小紋を江戸小紋と呼んでいます。

東京染小紋という名で、伝統工芸品に指定された小紋に含まれますが、江戸小紋という名称は、昭和30年にこの型染めの技術を伝承してきた、小宮康介氏が重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定されたときに採用されました。

江戸時代に武家の裃小紋や小袖、羽織などに染められた、気品のある一色型染め小紋。他家の使用が禁じられた裃小紋は、留柄と呼ばれました。江戸時代の中期以降には、裕福な町人がこうした小紋柄に遊び心を加えたところから、庶民的で粋な柄が多く生まれました。

型紙の彫り方には突彫り、錐彫り、引き彫り、道具彫りがあり、細微な柄を彫るのは至難の業です。また一反の着尺を染めるためには、何十回も型紙を送る必要があり、一分の狂いもなく送って糊付けするには、熟練した技が求められます。このため、彫り師や染め師にも人間国宝に認定された人が見られます。

江戸小紋以外にも

京型小紋

京型小紋は、何枚もの型紙を使って染められた、華やかな雰囲気を持つ着物です。

京型小紋の始まりは明治時代のころになります。京都の老舗メーカーである千總の技術者がヨーロッパで学んだあと、化学染料と糊を混ぜた色糊を開発し、1色1枚の型紙が作られるようになりました。型紙の材料は和紙に柿渋で、京型小紋には寸法の長い友禅型紙を用います。型紙は、図案の色数と同じだけ必要なので20〜30枚、ときには100枚も用意します。

この中には、疋田型や摺り込み型など特殊なものもあり、これらを合わせて、京風の柄ゆきを染めます。

華やかで多彩な京型小紋は、明治後半から昭和初期まで、若い女性の晴れ着として人気を博しました。花車や薬玉、乱菊、御簾、投扇などの御所風の意匠の古典模様があったり、バラやカトレアなどの洋花や、シャンデリアなどフランスプリントのモチーフの新模様がありました。とくに、新模様が人気で、ハイカラでモダンな、という形容詞がついたほどです。

京型小紋は現在もよそゆきの小紋として、お正月や観劇、パーティなどにふさわしい着物です。

加賀小紋

加賀小紋は加賀友禅と同じ、金沢を中心とする地方で染められる型小紋です。伊勢型紙を用いて、江戸小紋と同様の手法で染める一色染めの小紋と、京型小紋と同じ手法で染められる小紋があります。

加賀小紋の起こりは、加賀百万石の前田家の武士に使われる裃柄からです。細かい一色染めの小紋は、武士にとどまらず、その妻女や商家の人たちなどにも広がり、それにつれて柄が大きくなり、柄数や種類も増えたと言われています。

女性用の小紋には、草木や花の柄が染められ、江戸小紋よりも優しい雰囲気をもつ色柄が加賀小紋の特徴です。

明治になって、京都で色糊を用いた型友禅が染められるようになると、それにならった多彩な加賀小紋が生まれました。京型小紋と技法は同じですが、色柄は加賀友禅の伝統を基調にした、優しい印象の小紋です。

現在は型染めは小紋だけでなく、振袖や訪問着、付下げなどにも用いられています。また生地も縮緬や綸子に加え、白山紬などにも染められ、お洒落な着物としても人気があります。

東京染小紋

京都の型友禅に対して、東京で染められる小紋を東京染小紋といいます。

江戸時代から東京では、江戸小紋などの型染めが行われてきました。明治時代に入り、京都で創案された色糊を用いた型染めの技法が、東京にも伝わり、防染糊で模様を白く残す江戸小紋の技法に加え、色糊を使った多彩な小紋が作られるようになりました。

これらの小紋は東京染小紋とよばれ、昭和49年に経済産業省から伝統的工芸品に指定されています。

色糊を使った小紋にも江戸小紋の伝統が受け継がれています。彩度を抑えたシックな色合い、模様は縞や格子、市松などの粋な幾何学模様や現代的な抽象模様、花柄などさまざまですが、どれもすっきりとした作風が印象的です。

たとえ色数を多く使っても、それを感じさせずさらりと着られるのも東京染小紋の特徴です。

現在は、小紋のほかも型染めの訪問着や付下げも作られていて、さっぱりとした着こなしやすさが人気です。