着物買取の気になる相場は?相場よりも高値になる方法とは

着物買取の相場について

着物買取における相場ってどのくらい?

着物を売りたいと思ったときに、気になるのは、やはり買取額や相場だと思います。正確な買取額は、実際の着物の状態や需要といった様々な要因によって変わってきます。着物買取の相場は、損をしないために参考として頭に入れておくといいでしょう。

着物買取の相場は着物の状態や条件によって変わってきますので一概に言えないところがあります。リサイクルショップや古着屋だと二束三文にしかならないと言われたとしても、着物買取の専門店に見せることで、実は需要が高く人気の品だと判明し、想像以上の査定額になるというケースが普通にありえます。

着物買取の専門店であれば、たとえ無名のものだったり、一着だったとしても無料で査定してもらえることもあり、着物を売るなら必ず、着物買取の専門店で査定してもらうようにしましょう。

有名な作家さんや伝統工芸品ですと、高いもので数十万円という相場に

着物の査定をしてとくに買取額が高くなるのは、

  • 人間国宝
  • 伝統工芸品

といった着物になります。

伝統工芸品

全国各地で伝統工芸品に指定されている着物は沢山あります。伝統工芸品は、伝統的な技法を凝らすことで、さまざまな染め物や織り物が発展してきました。そもそも、伝統工芸品とは、国や地方自治体により指定されるもので、高度な技術と経験があり、その地域の名産品を指します。

もし、そんな伝統工芸品の着物を着ることもなくただ保管しているだけだとしたら注意が必要です。着物はきちんと保存しないとどんどん劣化していきますので、着物の価値もどんどん下がってしまいます。

伝統工芸品として指定されている着物ですが、とくに有名なのは紬、友禅、上布になります。

普段着とされていた紬は、結城紬大島紬塩沢紬などが有名です。それぞれ産地によって特徴があります。

茨城県と栃木県が主な産地である結城紬は、二千年の歴史を持っています。遡ること奈良時代ですが、結城紬を朝廷に納めていたという歴史を持っています。そのことから日本最古の絹織物と呼ばれています。黒や藍色といった落ち着いた色が特徴であり、描かれている模様が小さくなればなるほど作るのが難しくあり、高価とされています。

鹿児島県奄美大島が産地である大島紬は、光沢がありシワになりにくいことから初心者にオススメな着物として人気があります。染めの中でも泥染めは深みのある黒褐色で人気が高いです。

新潟県南魚沼市の産地である塩沢紬は、とても細かい模様と薄手でやわらかいのが特徴となります。

ー 着物買取における紬の買取相場は? ー

買取金額:185,000円
9マルキ大島紬や珍しい刺繍が入った訪問着が複数枚でこの価格

友禅

東京友禅、加賀友禅、京友禅の友禅が3種類あります。

その中の東京友禅は、職人が下絵から仕上げまでを一人でこなし粋なデザインなのが特徴になります。京友禅は基本的には分業になります。主に草花をモチーフにしており、黄色を含む朱系の色使いが特徴になります。全体的にはんなりと表現されるイメージが好まれています。仕上げには、金箔加工や刺繍が用いられています。特に有名な加賀友禅は、東京友禅同様に一人の職人がほとんどの工程をこなします。古典色調を使い鮮やかなのが特徴になります。

ー 着物買取における友禅の買取相場は? ー

買取金額:173,000円
加賀友禅の色留袖や辻が花訪問着、さらに千總の振袖など高級着物でこの価格

上布

上布とは、上等な麻で織られており、暑い夏に着られています。新潟越後地方の越後上布、沖縄県宮古島の宮古上布、滋賀県の近江上布は、上布の中でも特に人気があり憧れ織り着物です。着物はその人に合うように仕立てますので、一般的には売るときに値が大幅に下がりますが、こういった伝統工芸品は希少価値があり、高く売れることが多々あります。伝統工芸品は、日本だけでなく海外でも人気があり、芸術的で繊細な模様は高く評価され需要があり相場としても高くあります。

作家もの

人間国宝や伝統工芸士、デザイナーなどによって作られたオリジナル作品を作家物と呼びます。ただし、人間国宝や伝統工芸士など技術を認められた場合もあれば、有名人(タレント)がプロデュースした着物なども含まれるので、作家ものを売る場合、状況によってはという場合もあります。

代表的な作家を紹介しますと、

久保田一竹

日本だけでなく世界的にも有名な久保田一竹になります。辻が花の第一人者であり、絞り染めの伝統技術を現代に蘇らせ更に独自の技法を加え再現させました。久保田の作品は、繊細で絵画のようであり、パリやニューヨーク、ベルギーなどで個展を開催し、海外でも評価が高く人気です。有名かもしれませんが、音(富士山)・夕立の後の富士は3億円の価値がある着物として話題になりました。

ー 着物買取における久保田一竹の買取相場は? ー

買取金額:45,000円
大切に保管していたという久保田一竹の帯や和装品類が全て状態も良くこの価格

龍村平蔵

龍村平蔵といえば、初代 龍村平蔵は、経糸と緯糸とで構成される織物を、立体の造形としてとらえながら新技法を次々と生み出しました。また、龍村平蔵は数々の特許を取得して、織物を芸術の域まで高めた先駆者として知られています。

初代 龍村平蔵の帯は一本もっていれば家宝とされるほど、貴重な品です。

ー 着物買取における龍村平蔵の買取相場は? ー

買取金額:360,000円
たくさんの着物や帯の中から希少な紫根染と龍村平蔵の帯が含まれなんと!この価格

上記の作家はもちろん、ひと昔前は高い着物が飛ぶように売れていました。一般の家庭でも数百万の着物を買い求めていましたが、そんな高価な着物も着る機会がなくタンスに保管されている人も多いのではないでしょうか。

人間国宝や伝統工芸品の高額買取相場 価格
由水十久(訪問着) 100,000円
久保田一竹 100,000円
玉那覇有公 60,000円
羽田登喜男(訪問着) 100,000円
百貫華峰(訪問着) 60,000円
宮古上布 100,000円
結城紬(但し重要無形文化財に限る) 50,000円
芭蕉布 100,000円
牛首紬(訪問着) 50,000円
琉球紅型(訪問着) 50,000円
久米大島紬 30,000円
本場加賀友禅(訪問着) 30,000~100,000円
需要の高い着物の買取相場 価格
振袖 10,000円~
付下げ、訪問着 10,000円~
黒留袖 6,000円~
色留袖 8,000円~
小紋 6,000円~
7,000円~
袋帯 8,000円~
名古屋帯 6,000円~

これはあくまでも相場であって、この買取額になるというものではありません。「丈の長さ」や「汚れやシミ」「使用未使用」等の条件で買取額が変わってきます。

上記の着物をお持ちの場合、着物買取の専門店に査定をお願いしてみてください。素敵な買取額になるかと思います!

着物買取の口コミ

東京都 70代

引越の準備でタンスの整理をしましたら、古めかしい着物が出てきてどうしようか悩んでいました。古いこともあり値がつかないんだろうなと思い、ゴミとして処分しようかと思っていました。そんなときに友人に相談したところ着物買取の専門のお店があることを教えてくれました。

自宅に来てもらう出張買取をお願いしたところだいたい1時間くらいで査定に来てくれて、着物を丁寧に1枚ずつ査定してくれました。古い着物でしたので査定額にまったく期待していませんでしたが、思っていたよりも高い査定額になったのはとてもありがたかったです。

査定してくれているときも、着物の状態や査定額についての質問に答えてくれましたので、納得できましたし、査定員に対して良い印象を持ちました。またの機会があれば利用したいと思います。

東京都 50代

生前母が着ていた着物を譲り受けましたが、サイズやデザインもありほとんど着ることはなく、少し躊躇もありましたが買い取ってもらうことにしました。インターネットに色々な専門店があったので調べてみますと、買取の方法も種類があり悩みました。出張買取が便利そうで迷いましたが、知らない人が家に来るということを考える嫌だなって気持ちがあり、宅配買取を利用することに決めました。

宅配買取をお願いすると自宅に宅配キットが届きました。着物を専用のダンボールに入れて送るだけなのでとても簡単でした。

郵送してだいたい3日後ぐらいだったと思いますが、送った着物の査定結果が電話であり、説明を受け査定額に納得できたので売ることにしました。対面が苦手な人や急いでいない人に向いてるサービスですね。

ただこの宅配買取は、時期によっては査定依頼が殺到するので完了するまでに結構待つことがあるみたいなので、急いで処分した人は出張買取を利用するのがいいのかもしれませんね。

大阪府 40代

持っている着物が増え、古い着物はなかなか着る機会が少なくなっていました。このままではもったいないと思い、友人が着物買取店で着物を売ったと聞いていましたので、査定が無料ということもあり私も物は試しにお願いしてみました。

もちろん査定額が安いのであれば売るつもりはありませんでしたが、いい額がついたので売ることにしました。タンスにただしまっているよりかは、売ることで着物が好き人に着てもらえた方が持っていた着物も喜ぶと思えたので、これで良かったと思っています。

査定員の話では、無銘の着物でも10年以内であれば買取額も高い傾向にあるとのことでしたので、もし売ることを考えているのであれば、なるべく早く売った方がいいかと思われます。

着物買取で相場よりも高く売るためのポイント

査定額が高くなるのは、「着物の状態のいいもの」「人間国宝や作家もの」「新しいもの

伝統工芸品や作家ものだと、証紙や落款という品質を証明してくれるものが付いてきます。この証紙が無いからといって着物の価値が下がるということはありませんが、あれば査定額のアップに繋がる可能性としては高くなりますので、査定時に付けない理由はありませんよね。

また、証紙や落款以外にも、購入先である呉服屋や百貨店の領収書があれば品質の証明になりますので、捨てずに取っておくといいでしょう。

着物の状態を良いままで保つ

洋服と違って着物は保管するのがとても難しく、きちんと保管しなければすぐに痛んでしまいます。着物の価値を下げないためにも、日頃からのケアが非情に大切になってきます。

着物は、たとえ短時間でも着用したら汗が染み込んでしまいます。汗ジミの予防のためにも、少しでも着たら風通しの良いところで半日以上、日干しをしましょう。長期間の保管をするのであれば、着物専用のクリーニングに出事前にしておくことで安心です。

売りにだすならなるべく早く

今後も着る機会が見込めない着物であれば、早めに売りにだすことをおすすめします。何度もお伝えしていますが、着物買取は着物の状態が査定額に大きな影響を及ぼします。ですので、購入してからの期間が短いほど、着物の価値が高いので、少しでも早く査定にだすことで査定額を上げることができます。

そして、査定にだすお店選びも、大事なポイントです。それは、高く売るためには、買取実績の多い着物買取の専門店を選ぶことです。買取実績の多いということは、それだけお客さんが納得して売りにだした証拠です。実績の多い専門店には、着物の価値がわかる査定員が多数在籍しています。価値が分かる査定員の査定なら納得いく査定額をだしてもらえるでしょう。高い査定額を期待したいなら、実績の多いところにお願いするようにしましょう。

私がおすすめする着物買取の専門店

評判の良い着物買取の専門店をご紹介します。それぞれに強みがありますので、お店選びの参考にしてください。

着物買取の相場を調査!高価買取してくれるのはこんな店 着物買取の相場を調査!高価買取してくれるのはこんな店