着物買取で買取額を上げるため!クリーニングは必要?

買取額を上げるために!クリーニングに出すべきか?

着物買取において高値で買取してもらうためには、お持ちの着物の状態がとても重要になってきます。とはいえ、着物を売ろうとしたときに既に保存状態が良くないということもあるかと思います。

そこで、お持ちの着物を少しでも高く売りたいときに、着物の状態を良くするためにクリーニングや染み抜きといった方法があります。今回は着物を高く売りたい場合に、着物の状態を少しでも良くするためにやるべきことやしてはいけないことについて紹介していきます。

着物買取は着物の状態に影響する

最初にも述べていますが、着物の状態は買取額にかなりの影響を及ぼします。当たり前ですが、保存状態が良くて綺麗な着物になりますと高く売ることができます。つまり未使用品に近い状態ほど高額買取が期待できるわけです。

ですので、買取が難しいといわれている浴衣であったとしても状態が良ければ買い取ってもらえる可能性が高くなります。一度も袖を通していない新品のような着物であれば、高額買取を期待することができますし、買取不可といった着物の種類だったとしても新品同様というレベルであればそれなりの値段で買い取ってもらえるはずです。

着物を少しでも高く売るためには、着物の保管状態に気をくばる必要があるんです。

着物を高く売るためにやるべきこと

高額査定のためには、着物の状態が重要ということは理解していただいたと思います。とはいえ、着物を売ろうとしたときに今さら保管状態のことを言われてもと思いますよね。

少しでも高く着物を売るために、現状の着物の状態を改善する方法はあるのかということが気になってくると思います。そこで、高く売るためにやるべきこととやってはいけないことを紹介します。

クリーニングに出すべきか?

着物買取の査定額は着物の状態に影響を受けると何度も言いました。ですので、状態が良く綺麗な着物を売りに出したほうが買取額は高くなります。

そこで浮かんでくる疑問が、着物買取にお願いする前にクリーニングに出して状態を良くしたほうがいいのかということです。

先に答えを言ってしまいますと、止めたほうがいいです。着物を高く売りたい気持ちは分かりますが、だからといって着物をクリーニングに出すことは止めておいた方が無難です。

なぜかと言いますと、着物のクリーニングにかかる費用がかなり高いんです。このクリーニング代以上に買取額が上がるかというとかなり難しいです。

もちろん着物の種類やお店によって変わってきますが、一般的には着物のクリーニングにかかる費用というのは、大体1万円ぐらいかかってきます。

クリーニングの費用以上のアップは期待できない

着物買取で高額買取が期待できる着物は、素材が正絹で出来ている着物です。この正絹というのは、絹100%ということです。そのため、洋服のように気軽にクリーニングするというわけにはいきません。当然ではありますが、ご家庭での洗濯機で洗うことは論外です。

着物のクリーニングは着物に特化したクリーニングになってきますので、街にある普通のクリーニング店では対応してもらえません。

着物をクリーニングするには、着物を専門に扱っているクリーニング店か、購入した呉服屋といったところにお願いすることになります。着物に特化していることもあり料金も通常のクリーニングよりも高めに設定されています。費用として1着1万円もの金額がかかることもあります。

上記でも述べていますが、着物クリーニングをしたからといって、かかった費用よりも買取額がアップするかというとそうでもありません。着物の状態は大事ですが、クリーニングして着物が綺麗になったとしても、買取額が少しはアップしますが、クリーニング代以上に買取額が上がることはあまり期待しないほうが無難です。

染み抜きをするべきか?

状態を改善するために着物についたシミを抜くという方法があります。着物にシミがあることで、買取額に影響してくることはあります。とはいえ、クリーニングと同様に着物を高く売りたいからと言って、シミ抜きをする必要はありません

理由も同じで、着物のシミ抜きにかかる費用ですが、それなりにかかってきます。この費用以上に買取額のアップを期待することができませんので、シミ抜きもやめておいたほうがいいでしょう。

シミの状態にもよりますが、着物買取に出したときに買い取ってもらえないというわけではありません。まずは、シミがある着物でも買い取ってもらえるかを確認してみるのが間違いがありません。売りたいお店に電話で確認すれば買い取りが可能か教えてもらえます。

着物を高く売るためにやるべきこと

もうお分かりかもしれませんが、着物を高く売るために着物の状態をよくするためにやるべきことは、実はあまりありません。着物のクリーニングやシミ抜きは、お金がかかるうえに、かかった費用以上に買取額がアップすることが期待できません。

とはいえ、何もすることがないのかといいますとそうでもありません。着物を売りに出すなら、費用をかけずに最低限の状態には戻しておくのは大事です。

何をするかといいますと、保管しているところから着物を出して、陰干しをするようにしましょう。陰干しの効果として、防虫剤でついた匂い移りやカビ臭い匂いをだいぶ解消することができます。また、畳んだときのシワも取れやすくなります。

陰干しする際の注意点として、着物はとても繊細なものです。乱暴に扱ってしまうと型崩れやシワの原因になります。干すときには、必ず和装ハンガーにかけて裏返してから干すようにしましょう。

また、着物の表面を軽くはたいて表面についたほこりを取り除いておきましょう。

着物買取で着物を売るときに、陰干しといった最低限の対応をしておくだけでも、査定の印象がだいぶ変わってくるはずです。汚れているものをそのまま出すのと少しでも綺麗にされてるものを見るのでは、どちらが好印象になるのかは言うまでもありませんよね。

着物を少しでも高く売りたいと思うのなら、クリーニングやシミ抜きといったことをする必要はありませんが、自分で出来ることは最低限やっておくといいでしょう。