慶事で着る着物を着物買取にだしたらいくらに

慶事で着る着物は着物買取でいくらに

着物買取における慶事用の着物の相場は

そんな慶事で着る着物ですが、最近は着る機会が少ないこともありレンタルで済ますのが一般的になりつつあります。着る機会のない留袖や振袖をタンスに保管しておきますといくら手間暇をかけたとしても経年劣化でせっかくの着物が傷んでしまいます。風通しをしたり着物専用のクリーニングをかけたりと着てない着物に対する手間がかかり過ぎるかと思います。そこでおすすめしたいのが、着てない留袖や振袖を着物買取の専門店に買取をお願いするということです。

留袖や振袖は売れるのか?

タンスに眠ったままの留袖や振袖をそのまま保管するというのは、手間ばかりかかるので割に合いません。そこでおすすめしたのが買取にだすという選択肢ですが、そもそも着物が売れるのかという疑問がでてくるかと思います。

実際に留袖や振袖を買い取ってくれるお店は結構存在します。状態のいい留袖や振袖に限られますが、留袖は着物の中で格が高いので評価を得やすいこともあり需要があるからです。

そもそも留袖は大きく二つの種類に分けることができます。黒留袖と色留袖になり、黒留袖とは着物そのものが黒いものをいい、色留袖とは黒とは逆で様々な色を使った着物になります。

留袖と振袖には着る上で守るべきルールが存在します。黒留袖は既婚の女性が着るものとされており未婚の女性は着ることができません。その逆で振袖は未婚の女性が着ることが望ましいとされており、既婚女性が振袖を着ることはありません。色留袖は未婚の女性でも着ることができます。

留袖は格も高く、何かと出番の多い着物ということもあり需要がありますので着物買取で査定対象として価値があります。もし自宅に眠ったままの留袖があるのならば、持っている留袖の価値を知る意味でもまずは査定にだしてみるのはいかがでしょう。

振袖を購入するタイミングとして多いのはやはり成人式ではないでしょうか。そんな振袖ですが、成人式の思い出として大切にタンスにしまっておく人がほとんどです。そしてそのまま、一度も振袖を着る機会がないまま眠らせてしまう場合がほとんどです。

実は振袖も、査定額が高値になる可能性が高くあります。ですので、そのまま眠らせておくのは、本当にもったいないです。振袖は、成人式だけ着たという人が多く、着用回数が少ないので状態が良く美品として高値がつく可能性があります。ただしいくら振袖が着用回数が少ないとはいえずっと眠らせているのは振袖にとっても良くはありませんので、価値が高いうちに着物買取で査定してもらうようにしましょう。

気になる着物買取での相場

留袖の買取相場

留袖の買取相場ですが、需要の多さで価格が変動してきます。ちなみに色留袖ですと、既婚未婚の縛りがありませんので、結婚していない女性も着ることができます。ですので最近は、振袖を選ぶよりも色留袖を選ぶ女性が増えてきている現状があります。そして、黒留袖よりも色留袖のほうが華やかということもあり人気が高く需要のある品は、買取額としても高くなる可能性があります。留袖のサイズも買取額アップには重要です。なぜかといいますと、昨今の女性は食生活の影響から平均身長も高くなり手足も長くあります。サイズが小さいとお直しでは対応できず着る人が選ばれてしまいます。ですが、サイズが大きいものは、該当する人が多くなりますので需要としても高くなります。そういった事情からサイズが大きく裄丈がある留袖は査定額が高くなる可能性があります。

留袖の着物買取の査定額は1,000円~数万円以上

お持ちの留袖が人気の作家ものや人間国宝と呼ばれているものや伝統工芸品などでしたら、高値を期待しましょう。それ以外の留袖や色留袖になりますと着物買取の相場は、幅広くなり下は1,000円から上は10,000円と様々です。

とはいえ、作家ものや伝統工芸品ではなくても、上記の相場ではなく思いもかけない査定額になることがありますので、高くないだろうと諦めることなく、まずは査定をしてもらうようにしましょう。

下記にある買取実績は、私がおすすめする着物買取の専門店の買取額になります。売りにだすときの参考にしてみてください。

買取金額:173,000円
加賀友禅の色留袖や辻が花の訪問着だけでなく、千總の振袖といった高級着物が含まれ買取金額になりました。
買取金額:74,000円
売りにだそうとした着物類から、草野一騎の色留袖や牛首紬の帯が含まれてこの買取金額になりました。
買取金額:150,000円
大量の着物の中に加賀友禅の黒留袖や大島紬が含まれてこの買取金額になりました。

振袖の買取相場

振袖の状態がきれいであることは前提になりますが、10,000円から40,000円程度になり、高級品で未使用の帯と襦袢がついた3点セットだと50,000円から60,000円くらいになります。

老舗呉服店の着物は、反物、柄、仕立てが全てにおいてレベルが高いので、そこで仕立てられた振袖は、未使用という条件がつきますが200,000円を超えてくる査定額もあります。老舗呉服店というのもブランドになるため高額になるポイントになります。

  • 査定額アップのポイント
  • 華やかな柄が多いので、その時その時の流行に影響されやすいが、老舗呉服店の仕立てになるとプラス

    サイズが大きい場合は、仕立て直すことができるため需要が高く査定額アップ

    振袖を購入したときの帯や襦袢を一緒に査定にだす

    一点ものが多く、作家ものも多いので、証明書を取っておき査定のときにつける

状態が良好で無名の振袖ですと10,000円からになり、作家もので例えば手書き友禅に襦袢と帯がつきますと100,000円を超えてくることがあります。着物買取の専門店での査定額の相場は、振袖を購入したときの1割程度がおよその目安になります。作家ものを証明できる証明書や襦袢の有り無しといった差で数万円の違いになってきます。査定の際には忘れずに一緒につけるようにしましょう。

下記にある買取実績は、私がおすすめする着物買取の専門店の買取額になります。売りにだすときの参考にしてみてください。

買取金額:65,000円
大切に保管されていたこともあり全て状態が良好で、振袖や和装品類がこの買取金額になりました。
買取金額:103,000円
状態の良い振袖や有名機屋の着物類など多数ありこの買取金額になりました。
買取金額:82,000円
上質な振袖だけでなく相良刺繍の帯など複数枚あってこの買取金額になりました。

留袖や振袖を売りにだすなら着物買取の専門店に

着物は基本的にまったく同じというものは存在しませんので、サイズや状態など実際のものを見てみないと正確な査定額をだすことはできません。ですので、着物買取の専門店は、無料で査定を受けることができますし、何よりも着物のプロに留袖や振袖を見てもらうことができます。留袖や振袖の価値をしっかりと判断してもらえますので、査定額に対して納得しやすくあります。

また、サービスが充実しているのもお店を選ぶポイントになります。客のことを考えてできたサービスですので、着物買取の手続きがスムーズに進みます。このサービスが良くないお店ですと、気持ちよく着物の買取をしてもらえない可能性があります。着物買取をトラブルなく終えることができるのは重要なポイントです。これらのポイントを満たすお店は世の中にいくつかあると思いますが、おすすめしたい着物買取の専門店があります。

おすすめする理由として、様々な着物を買い取っています。そのため着物全般に精通していて、たとえ無銘の着物だとしても高値で買い取りをしてくれることがあります。また、サービスに関わる費用が全て無料なので、気軽に査定を依頼することができますし、査定額に納得できなかった場合も、キャンセル料が無料になります。

着物買取での評判が高い専門店になり、それぞれに強みがありますが、どちらもサービスの質や査定に対して期待できますのでお店選びの参考にしてください。

着物買取での評判が高い専門店になり、それぞれに強みがありますが、どちらもサービスの質や査定に対して期待できますのでお店選びの参考にしてください。

着物の出張買取なら【バイセル】

メインキャラクターに坂上忍さん起用しているバイセルですが、特徴としましては、日本全国で出張買取をしているところではないでしょうか。また、場所によっては、申し込んでから最短30分で査定が受けられることも可能です。女性の査定員を指名できるのも嬉しいサービスです(※お客様が女性の場合のみ)。
出張エリアでない場合でも、宅配買取に対応していますので安心してください。

査定費用が無料だから気軽に頼める!満足価格に自信!

着物買取の最大手【バイセル】

高価着物買取の専門店【買取プレミアム】

毎月10,000件以上のお問い合わせがあるとても人気な買取プレミアムですが、特徴としましては、名前にあるとおり買取価格にプレミアムをだすことに注力しているところではないでしょうか。
出張買取、宅配買取、持込買取と都合に合わせて買取方法が選べて買取価格が高くなるなら使わない手はないですよね。

査定もキャンセルも全部無料!着物買取で高額買取なら!

高額買取を期待するなら【買取プレミアム】


慶事で着る着物の文様はどのようなものでしょうか。あわせて紹介します。

慶事の文様

着物や帯に用いられる文様には、良い兆しやめでたいことを表すものが沢山あります。結婚式といった祝いの席にふさわしい吉祥文様として古くから使われてきました。そして、現在でも留袖や振袖といった礼装にたくさん使われています。

文様によく使われる草木や花、虫、風景などは季節感があり該当する季節に使われますが、吉祥文様は、季節関係せず通年使うことができます。

  • 扇文
  • 扇子文や扇面文、末広文とも呼ばれます。地紙の中に季節の花や器物が表現されています。

  • 蛤文
  • 貝遊びに使われる蛤です。これは、同じ貝としか合わないからなのです。夫婦もそうであるようにと円満の象徴として使われます。

  • 松文
  • 常盤の松や高砂の松などが表されます。松は、神聖で清浄なものの象徴として使われます。

  • 熨斗文
  • アワビを薄く長く剥いだものを熨斗と言いました。それを儀式の酒肴に用いていたことから、祝儀の象徴となりました。

  • 瓢箪文
  • いろいろとご利益がある文ですが、健康、魔除け、厄除け、子孫繁栄、商売繁盛の象徴として使われます。また、語呂合わせで、六瓢(むびょう)から無病息災とも言われます。

  • 貝桶文
  • 貝合わせの貝を入れるのが貝桶です。昔は、嫁入り道具として使われていました。振袖によく用いられる文様になります。

  • 宝尽くし文
  • いろいろな宝物を並べる文様になります。特に松竹梅と一緒に用いられる演技のいい文様になりあす。

  • 鶴文
  • 鶴は中国では、千年生きるため瑞鳥として崇められていました。日本でも縁起のいい鳥として、愛される代表的な文様です。

  • 亀文
  • 長寿繁栄の吉祥文様になります。特に、めでたいとされるのが、亀の尾に海藻が蓑のようについている蓑亀になります。

  • 薬玉文
  • 薬玉は中国の風習に由来しています。平安時代になりますが、室内の不浄を払い、邪気をさけるために室内に吊るしていました。

  • 鳳凰文
  • 鳳凰は、古代中国でめでたいときにあらわれる天の使いとして考えられていました。

  • 七宝文
  • 同じ大きさの円を重ねて表現する文様になります。この円は、円満を表していて吉祥文様とされています。

  • 桃文
  • 中国の伝説では桃を食べると不老不死になり、木自体も邪気を払う霊木とれていたことから吉祥文様とされています。

  • 雲文
  • 雲には神が宿るとされていました。めでたい柄なので現在でもさまざまな意匠に用いられています。

  • おしどり文
  • おしどり夫婦という言葉にもあるように仲のよい夫婦を表します。おしどりは、変わらぬ愛を象徴する鳥になります。

  • 向かい鶴文
  • 向かい鶴菱文や鶴菱文とも呼ばれています。吉祥文様の鶴と有職文様を組み合わせた格の高い文様になります。

  • 向かい鶴文
  • 向かい鶴菱文や鶴菱文とも呼ばれています。吉祥文様の鶴と有職文様を組み合わせた格の高い文様になります。

  • 竹文
  • 竹はまっすぐに伸びて、常緑であることから清和の象徴とされています。

  • 亀甲文
  • 六角形を繋いだ形が亀の甲羅に似ていることから名付けられています。当然、長寿の象徴とされています。

  • 雪輪文
  • 大雪の次の春は、雪解けの水が大量にあるということで稲が豊作になると信じられてきました。

  • 寿文
  • 長寿の祝儀の装いに用いられます。吉祥の文字は、寿のほかにも、吉、福、喜などがあります。

祝福や幸せを願う気持ちを文様に込めて相手に伝えることができる着物はとても素晴らしいですよね。