着物の買取相場は知っておくべき!安くなる原因はコレだった!?

着物の買取相場は知っておくべき!安くなる原因はコレだった!?

着物をせっかく売るなら高く!って思いますよね?

着物は洋服と違って格が存在するため、用途に応じて、訪問着、留袖、小紋、紬、浴衣、喪服といった一通りの着物をお持ち人もいるかと思います。そして、持ってはいるものの着る機会がなくなり、どうしたものかとお悩みではないでしょうか。

愛着のある着物をただ処分したりあげたりするのは抵抗があり、簡単には手放すことはできないでしょう。そこでおすすめしたいのが、着物買取の専門店にお持ちの着物を売ることです。専門店に売ることで着物を必要としている人にお持ちの着物が渡り、タンスに眠っていた着物がリサイクルできることになります。

着物の現状

経済産業省が2015年に調査をおこなった資料があるんですが、全国の20代以上の男女で着物の着用経験者に今後の着用意向はありますかと質問をしています。40代の女性の4割以上になり、50代の女性ですと5割以上の人が今後も着る予定はないと答えています。七五三、成人式、結婚式、卒業式といったイベントがあり若い頃には着物を着る機会はいろいろありましたが、年齢を重ねていきますと着る機会は減少してきますので、着物を着れずにいます。かなりの人が着物を一度または多くても数回着ただけで、今後も着る予定もなくタンスの中で眠っていることが多くあります。

着物を着る機会は少なくなってきましたが、着物が人気がないというわけではありません。着物は誂えて作るものですから、購入するときにどうしても高価な金額になってきます。先程の経済産業省が取ったアンケートでも、年代を問わず金額が安ければ約5割の人が購入したいと答えています。

つまり、着物買取の専門店に売ってリサイクルすることで、次の人は着物を手が届く範囲で手に入れることができるわけです。眠っていた着物が再び日の目を浴びて価値を取り戻すことになります。そして、せっかく着物を着物買取の専門店に売るのなら、高く売りたいですよね。高く売るための方法を紹介します。

着物の状態の確認

着物を高く売るためには着物の状態がとても重要になります。まずは、お持ちの着物がどんな状態なのか確認しましょう。

シミやシワ、カビといった汚れの有無

着物をきちんと保存をしていれば当然ですが、着物の状態はいいままになります。例えば、着物の価値が同じであれば、着物の状態がいい方に査定として高評価になってきます。正絹とよばれる素材でできている着物は人気があり価値が高いのですが、虫や湿気・カビに弱いという欠点があります。ご自分で着物を買うときに着物の状態が悪いと買う気が失せますよね。それと一緒で保存状態が悪いと買取価格に影響してきます。シミやカビを確認するときは、分かりやすい表地はもちろんですが、胴裏や襟裏、袖裏なども必ず確認するようにしましょう。

もし、お持ちの着物で経年のシミや汚れが発生している場合は、これを綺麗に落とすのは素人には無理です。下手をすると更に状態を悪化させてしまう可能性がありますので触らないほうが無難です。また、シミや汚れではなく、シワが酷い場合には、軽くアイロンを当てるといいです。当てる際の注意点として、中温以下にして必ず当て布をしましょう。そして、スチームはシミの元になりますので厳禁です。

着物の素材

着物の素材として、絹や交織、ウール、ポリエステルなどが主に使われています。素材はいろいろありますが、人気が高いのはやはり絹になり、査定としても絹は高く評価されます。それ以外の素材になりますと、査定としてはあまり価値が高くないと判断される可能性がありますし、ものによっては、査定対象にならない場合もあります。

有名作家や産地の作品

人間国宝や有名な作家ものや昔からの伝統技法により作られる産地もの、金糸や銀糸が全面に入った手刺繍といった貴重で入手困難な着物の場合は、高額査定を期待していいでしょう。その着物がもし、新品に近い状態であったりシツケ糸が付いている着物だとすると、更なる高額査定になるでしょう。有名作家や産地ものになりますと、証紙と呼ばれるものが着物に付属品として付いてきます。この証紙を付けて査定にだすと、その着物が作家ものや産地ものという証明になりますので、査定を受ける際には是非忘れずに付けるようにしましょう。

高額査定には着物の長さも重要

高額査定になるためには、着物の大きさが重要になってきます。着物は基本的にその人に合わせて作るお誂えのものになります。もし着物が短い場合ですと着物を直すことが出来ずそれを着れる人にしか買えないことになり、需要が少なくなります。その点、着物の大きさがあれば、身長の高い人も着れますし、身長の低い人でもお直しをすれば着ることができます。大きい着物は、多くの人が着ることができ需要が高いため高額査定になりやすくあります

価値を証明する証紙

先程も述べましたが証紙とは、着物がどこで織られたのか誰によって織られたのか、その価値を証明してくれるものになります。例えば、伝統証紙になりますと、経済産業大臣指定伝統工芸品であることが証明されます。本場奄美大島紬の証紙になりますと、産地や登録商標、伝統証紙、泥染証紙、草木泥染証紙といった種類が存在します。

価値がある高価な着物だとしても、この証紙がなかったことにより安く査定されてしまうことがあります。着物を購入したときに、証紙を持っていても必要ありませんから、捨ててしまったり無くしてしまったりする人がいます。着物を売りにだすと証紙があると査定ポイントが上がりますので、是非とも忘れずに無くさずに付けておくようにしましょう。

証紙が付くような、特に重要無形文化財指定だったり人間国宝であったりと有名な作品になりますと査定では高額査定が期待できます。ただし、どんなに有名な作品や産地ものであっても着物の状態は重要です。せっかくの着物ですが、状態が悪ければ査定額としても安くなってしまいますので、注意が必要です。

着物買取で想像以上に高く売れた

着物買取で高額になってくるポイントは色々ありますが、着物買取は、実際の着物をまずはみてみないことには判断がつきづらいという側面もあります。ですから、価値がわからないものは一度、プロである査定員にみてもらいお持ちの着物の価値を把握しましょう。着物買取の専門店にお願いすれば、プロの査定が査定料やキャンセル料が無料で利用できます。思いもよらない査定額になるかも知れませんのでまずは依頼をしてみましょう。

下記にある買取実績は、私がおすすめする着物買取の専門店の買取額です。今後の参考にしてみてください。

買取金額:1,210,000円
有名で人気な作家による逸品たちが三桁を超えてくる買取金額になりました。
買取金額:350,000円
人間国宝の作品や老舗の帯といった希少品の数々がありこの買取金額になりました。
買取金額:63,000円
箪笥の整理で出てきた友禅の訪問着や伊勢型小紋といった品々がこの買取金額になりました。
買取金額:54,000円
独特の風合いや柄が魅力の大島紬が美品で、枚数も多くこの買取金額になりました。

着物買取だったらここ!実績と人気が違う!高額買取でお馴染みのこの2店

買取額が高いというのもお店を決める重要な要素です。ですが、お客様が安心して買取ができるというのも重要な要素だと思います。着物買取がまとまったときに、ここにお願いして良かった!と思えるのって大事だと思います。

そう思える着物買取の専門店を紹介します。当然、上記で挙げた内容は全てクリアしている着物買取の専門店です。ですので、専門店を探すときの選択肢のひとつとしてこの2店を選んでもらえたら私としても嬉しくあります。

着物の出張買取なら【バイセル】

メインキャラクターに坂上忍さん起用しているバイセルですが、特徴としましては、日本全国で出張買取をしているところではないでしょうか。また、場所によっては、申し込んでから最短30分で査定が受けられることも可能です。女性の査定員を指名できるのも嬉しいサービスです(※お客様が女性の場合のみ)。
出張エリアでない場合でも、宅配買取に対応していますので安心してください。

査定費用が無料だから気軽に頼める!満足価格に自信!

着物買取の最大手【バイセル】

高価着物買取の専門店【買取プレミアム】

毎月10,000件以上のお問い合わせがあるとても人気な買取プレミアムですが、特徴としましては、名前にあるとおり買取価格にプレミアムをだすことに注力しているところではないでしょうか。
出張買取、宅配買取、持込買取と都合に合わせて買取方法が選べて買取価格が高くなるなら使わない手はないですよね。

査定もキャンセルも全部無料!着物買取で高額買取なら!

高額買取を期待するなら【買取プレミアム】