卒業式の袴に合うのは振袖?訪問着?合わせるべき着物はこれ

卒業式の袴に合うのは振袖?訪問着?合わせるべき着物はこれ

卒業式に袴姿で参加することを考えているかと思います。そして、袴に対してどんな着物を合わせればいいのかお悩みではないでしょうか。今回は、卒業式の袴に合わせる着物について紹介していきます。

卒業式の袴に合わせる着物

実は特別な決まりごとはなく、どんな着物を合わせても問題ありません。普段使いの着物に合わせたとしても問題ないという意見が多くあります。とはいえ、卒業式という大事な式典に参加することを考え、振袖や訪問着、小紋といった着物で、そのうえでふさわしい柄や色を考慮して選ぶようにしましょう。

袴の歴史

明治の中期頃に、上流階級の子女が通う女学校の制服として広まったのが始まりになります。時代としては、明治や大正、昭和初期と着物と違って裾さばきを気にすることなく動きやすいため制服として着用されていましたが、第2次世界大戦の後になりますと制服がセーラー服になっていき、袴を制服とする学校が徐々になくなっていきました。

90年頃になりますと卒業式に大学生や先生が袴姿で出席するようになりました。昨今では小学生が、卒業式で袴を履くようになっています。

袴に振袖を合わせる

そもそも振袖は長い袖をもち、未婚女性だけが着ることができる格の高い着物になります。そして、袖の長さとして3つあり、大振袖、中振袖、小振袖になり、それぞれ格が違ってきます。この中でもっとも格が高いのは大振袖になり、袖の長さは約114cm(三尺)にもなります。大振袖は第一礼装という格になり、成人式や結婚式、披露宴などにふさわしい装いとなります。

卒業式に着る振袖の主流は、大振袖ではなく、中振袖や小振袖になります。ちなみに、中振袖の袖の長さは約108cm(二尺八寸五分)で、小振袖の袖の長さは約76cm(二尺)となっています。

振袖をレンタルする

振袖をレンタルで間に合わせる人もいるかと思いますが、レンタルの場合ですと、基本的に二尺袖と呼ばれる振袖を着ることになります。

振袖の袖丈は短ければ短いほど動きやすいもので、歩きやすくあります。ましてや普段から着物に慣れていないのならなおさらです。卒業式は、なにかと動くものですし移動もあります。軽やかな雰囲気があり可愛らしさがあって人の目を惹くことができます。袖丈が短い分、デザインに可愛らしさが出てくるのです。

その一方、大振袖や中振袖は袖丈が長いので、デザインが大きく描け様々な柄をちりばめることができます。気品があり人の目を惹くことができるのが特徴になります。

卒業式に履く袴はレンタルなの?購入なの? 卒業式に履く袴はレンタルなの?購入なの?徹底比較 着物レンタル 着物レンタルの相場は?レンタルを選ぶべき理由とは

着物の格は気にしない

振袖や訪問着はもちろん、色無地や付下げ、小紋と合わせてもいいですし、なんでしたら喪服と合わせても問題ありません。華やかな印象にしたい場合は、やはり振袖が一番です。柄も派手で華やかですし、金糸や銀糸が散りばめている着物が多いので豪華に見えるでしょう。

もしあまり派手にしたくないのであれば、小紋や色無地にして地味な柄にするのもいいかと思います。柄によっては普段着のような感じになってしまう可能性もあります。

袴に訪問着を合わせる

訪問着は、柄がつながっている絵羽模様の上品で華やかな略礼装です。未婚や既婚を問わずに着れるため長く使うことができる着物です。卒業式に譲り受けた訪問着を袴に合わせる人もいます。

訪問着を合わせるポイント

訪問着を袴に合わせて卒業式に出るのであれば、明るい色であったり華やかな柄の上品な訪問着を選ぶようにすると良いでしょう。もし、手持ちの訪問着が落ち着いた色柄の場合は、小物を使うようにして若さをプラスしていきましょう。

半襟や重ね衿で雰囲気を変える

お持ちの着物が地味な場合は、半幅帯や重ね衿を派手めにしたり、派手めの袴を合わせるようにしてアクセントをつけましょう。

また、半幅帯の色をアクセントにすることで着物と袴の雰囲気を変えてくれます。着物と袴がはっきりしない色や柄なら半幅帯を派手にしてもいいですし、着物や袴とは全く違う色を持ってくることで全体がはっきりしてきます。

まとめ

袴のコーディネートとして、どのような着物に合わせても問題ありません。ですので、どのようなコーディネートになるかはあなた次第となります。振袖にしろ訪問着にしろ、お持ちの着物を合わせるにせよレンタルで揃えるにせよ、ご自分で納得できる袴姿で素敵な卒業式を迎えてください。