ウールの着物をリサイクル!お願いするならここしかない!

ウールの着物をリサイクル!お願いするならここしかない!

ウールの着物をリサイクルするならここに

ウールの着物をリサイクルしたいなと考えたときに、どこにお願いしたらきちんとリサイクルしてくれるのか判断に迷う人が多くいます。リサイクル先の候補として3つ存在します。それは、リサイクルショップ、古着屋、着物買取の専門店の3つです。

今回はその3つについて何が違い、どこにお願いすればいいのか紹介していきます。

リサイクルショップの場合

街にひとつはあるリサイクルショップですが、ご家庭にある不要品を売りに一度は利用したこともあるのではないでしょうか。気軽に利用できることから、着物をリサイクルするときに真っ先に思い浮かぶのではないでしょうか。

リサイクルショップのリサイクル方法は、店舗に着物を直接持ち込んで査定してもらいます。査定に納得ができれば買い取りが成立し、着物がリサイクルショップのものになり店内で次の人へと販売する流れになります。

ただし、リサイクルショップによっては、着物の買い取りが不可というところもありますので、持ち込む前に確認しておくとよいでしょう。そして、気になる買取額ですが、高値を期待するのはやめましょう。なぜかといいますと、リサイクルショップには、着物の価値がわかるスタッフが在籍していないからです。それに、リサイクルショップで買い取った商品は、その店舗内で売ることになります。店舗内に着物コーナーがある場合には、ある程度、着物が売れる環境ですが、そうでない場合がほとんどですので、買い取りにあまり積極的ではありません。

こういった事情から着物の価値が買取額に反映されることなく、二束三文といった金額での買い取りになってしまうでしょう。リサイクルとはいえ、せっかく売りに出すのなら少しでも高くと思ってしまうのが人情ですよね。

古着屋の場合

洋服をメインに扱っている古着屋ですが、お店によっては着物を買い取りしているところがあります。流れとしては、リサイクルショップと同様に着物をお店に持ち込んで売りにだすことになります。古着屋にも注意点があって、着物が買取不可としているお店が多いということです。

古着屋のメインになるユーザー層としては、若者になります。古着屋が着物を買い取ったとしても若者に着物を売るのは難しく、どうしても買取不可にせざるを得ません。もし、買い取りが成立したとしても買取額はまったく期待できないでしょう。

売りに出す前に着物を買い取っているのか確認してからにするとよいでしょう。

着物買取の専門店の場合

着物を専門的に買い取っているお店があります。専門的に扱っているので、スタッフとしても当然着物に詳しくあります。そんな着物買取の専門店で着物を売る場合には、出張買取か宅配買取といった買取方法にてお願いすることになります。これらの買取方法は、無料でサービスを利用できますので安心してお願いすることができるでしょう。

ただし、たとえ着物買取の専門店であってもウールの着物は、買取不可としている場合がありますので、お店選びが需要になってきます。着物買取の専門店ですらウールの着物を売るのが難しい商品になりますので、リサイクルショップや古着屋の場合はもっと厳しいでしょう。少しでも高く売りにだすのなら着物買取の専門店をおすすめします。

ウールの着物とは

ウールの着物を売るならどこがいいのか理解していただけたかと思います。ウールが素材として使われている着物は、基本的にリサイクルショップや古着屋では値段がつくようなことがありません。リサイクルするなら少しでも高く買い取ってくれる着物買取の専門店です。

ウールの着物もそうですが、着物の素材について予め知っておけばリサイクルするうえでとても役立ってきます。着物にはどんな素材があるのか、買取してもらえるポイントや素材の見分け方などを紹介していきます。

着物の素材

着物に使われる素材といえば正絹と思っている人が多くいます。着物の大半が正絹なのであながち間違ってないと言えそうなんですが、正絹以外の着物もちゃんと存在します。正絹の他に、ウールや綿、麻、化学繊維になります。

正絹以外の素材の特徴を紹介します。

ウールの着物

ウールは羊毛を原料としていて、着物が普段着として扱われていた昭和中期にこのウールの着物が流行りました。温かいのはもちろんのこと、手入れがとても簡単で値段も安いこともありとても重宝されました。中には見た目がウールとわからないものもあります。

化学繊維の着物

化学繊維で着物に最も使われているのは、ポリエステルになります。ポリエステルの着物がでた当初は、風合いが良くないため安物の着物として認識されていました。ですが、技術の向上もあり今では、正絹の着物と区別がつかないほどの風合いに仕上がっています。

とはいえ、軽さやしなやかさ、光沢感といったところでは断然正絹の着物の方が上になります。

ポリエステルのメリットとして、耐久性がとても高いことです。耐久性に優れているので、しわや型崩れしにくいので気軽に洗濯ができます。そのうえ、高温に強いためアイロンもかけることができます。手入れが本当に簡単なんです。

そして、なんといっても、カビや虫の被害を受けにくいのは大きいです。正絹の着物に比べると保管が段違いに簡単なのが魅力になります。そんなポリエステルの着物ですが、安く購入でき需要としても高いのですが、買い取りになると価値が反転して買取額は安い場合が多くあります。

麻や綿の着物

麻や綿が使われている人気の着物として、絽や紗という透け感のある着物があります。それ以外にも付け下げや訪問着などがあり、とくに上布と言われる麻の織物になりますと、重要無形文化財に指定されており高価な着物になります。

素材別のリサイクルポイント

着物の価値を図るうえで素材はとても重要です。着物をリサイクルする場合も同様で、「なんの素材を使っているのか」で買取額に影響してきます。

正絹だからって油断はできない

正絹だからといって着物の買取額が確実に高値になるとは限りません。なぜかといいますと、着物の買取は、着物の状態に大きく左右されてしまうからです。状態の良い正絹であれば高値が期待できますが、そうでなければ安くなってしまうでしょう。もちろん、柄や状態といった条件が一緒であれば、ウールや化学繊維と比べた場合に正絹の方が高く買い取りしてもらえることは間違いありません。

ウールは未使用品や柄によっては買取可能に

上記でも述べていますが、ウールの着物は買取不可としているところが多いのが現状です。ウールの着物は、普段着としてしか着れないということもあり、買い取っても売れる見込みが低いため買い取りに消極的になってしまうのです。

ただし、ウールの着物でも買い取りの対象となる場合があります。それは、比較的新品に近かったり人気の柄であれば買い取りが期待できます。

ポリエステルの着物の場合も買取可能に

ポリエステルの着物もウールと同様に、買取対象としては厳しくあります。ですが、例外があります。洋服を出掛けているブランドが作っている着物の場合は、人気が高く需要が見込まれるため買取額としても期待ができます。

とはいえ、ブランドの着物の場合は、流行を取り入れた着物が多くありますので、売りにだすタイミングによっては時代に合ってなく買取額が低くなってしまう場合があります。

素材の見分け方

着物の素材ですが、見ただけでは正直わかりにくいと思います。基本的に着物は品質を表すタグが付いていないので、証紙や保証書などがなければ、正絹なのかポリエステルなのかを素人で見分けられる人は少ないです。

その点、着物買取の専門店に在籍しているスタッフは、着物に関する研修を受けていますので着物を触ることで判断できます。

触ると判断できる場合がある

絹の感触を知っていれば分かる場合があると思いますが、普段から着物に触れていないのであれば触ったとしても、なかなか見分けはつかないはずです。

絹を触り心地としては、肌になじむ感じです。特徴としては、擦り合わせをするとキュッキュッという衣擦れの音がします。ポリエステルの場合は、とくに音はしません。ウールの場合は、見た目からして違うので判断がつきやすいかと思います。触り心地としてもウール特有のチクチク感があります。

証紙や保証書で判断する

証紙や保証書があれば素材の見分けは簡単です。証紙には、織元であったり素材、作者といった情報が記載されていますので素材の確認が簡単なんです。ですが、この証紙や保証書を着物には関係ないからと言って意外と処分している人が多くいます。

実は、この証紙や保証書があるかないかで買取額が変わってきますので、処分せずに取ってある人はリサイクルする際に必ず着物を一緒にだすようにしましょう。

ウールの着物は着物買取の専門店に任せる

ウールの着物をリサイクルすると決めた時に、簡単だからとリサイクルショップに安く手放してしまう人が多くいます。ウールの着物や素材のわからないような着物、シミや汚れている着物など売れるかどうか不安な着物をリサイクルするなら、着物買取の専門店に任せるのが一番です。

ウールだけでなく他の着物も一緒に

ウールの着物だけでは買取額がつけにくい場合でも、他の着物とまとめて売ることで買い取りしてくれることがあります。着物買取の専門店としても、買い取りするにはいろいろと費用が発生しているわけで、一度に複数枚をまとめて買い取ることができれば経費を抑えることができます。そのため、着物買取の専門店では、複数枚の着物を売ることで買取額を多少アップしてくれることがあります。

状態がよく新しいものであれば売れる

着物の素材は、買い取りが実現する大事なポイントの1つですが、着物買取の専門店は素材以外のポイントも見て判断しています。

ウールやポリエステルといった素材の場合、そもそも買い取りしてもらえないと思っている人がいますが、色や柄などが流行しているものであれば、きちんと査定をしてもらえ買取額をつけてくれます

着物が古い場合だと買取額がつきにくいため、できるだけ購入してから年数が経たないうちにタイミングで依頼するようにしましょう。

ウールの着物でも問題ないところを選ぶ

ウールの着物をリサイクルする時は、どんな着物でも買い取りしますといったところにお願いするようにしましょう。

着物買取の専門店でも正絹の着物じゃないと買い取らないというところもあるからです。そういうお店を避けるためにも、事前に買取可能なのか事前に確認して、ウールの着物でも問題なく査定してくれる着物買取の専門店を選ぶことをおすすめします。

ウールの着物でも買い取りを実施しているおすすめの着物買取の専門店があります。興味がある人は参考にしてみてください。

着物買取の専門店を利用するメリットとは 知っている人だけが得をする!専門店を利用するメリット

まとめ

着物を売りにだす時に素材は大事なポイントになります。ウールの着物は、需要が高くないため売るのが難しいですが、着物の査定は素材だけでなく色や柄、種類などをトータルに判断したうえで買取額が決まります。

その的確な判断ができるのは、着物買取の専門店になります。ウールの着物をリサイクルする時は、きちんと査定してくれる着物買取の専門店を上手に活用するようにしましょう。