江戸小紋作家の小宮康孝の買取相場は?高く売るコツは?

江戸小紋作家の小宮康孝の買取相場は?高く売るコツは?

江戸小紋作家の小宮康孝を売りにだしたら相場はいくら?

お持ちの着物の中に江戸小紋の作家である小宮康孝の着物があって、その着物を売りにだしたいと考えたときに気になってくるのが買取相場ではないでしょうか。今回は、そんな小宮康孝の着物を売りにだしたときの買取相場や高く売るコツを併せて紹介していきます。

江戸小紋作家である小宮康孝とは

小宮康孝は東京の浅草で1925年に生まれた江戸小紋の作家になります。小宮康孝の父である康助(こうすけ)から江戸小紋について学び、美しい芸術性と高い技術力を受け継いでいきます。

1978年に小宮康孝は、江戸小紋で重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定されることになります。父である康助も人間国宝に認定されていますが、息子の康正(やすまさ)も江戸小紋で人間国宝に認定されています。同分野で3代続けて人間国宝に認定されるのは、史上初のことであり素晴らしい功績になります。

小宮康孝の技法

小宮康孝は修行の中で染料や紙型の改善する必要性に気づき、研究して試行錯誤を繰り返しています。その結果、色落ちを防ぐ色止め剤を防染糊の中に混ぜることで、文様部分への染料が染みこむことを防ぎ、絹が持つ光沢感と透明感を生かす染料の彩色方法を開発することになります。

また紙型に関しては、一枚の和紙を使うのではなく、複数枚の和紙を渋柿で張り合わせることで強度を高めることに成功しました。

こういった改良の末に、文様や図面の細かさ、鮮やかな色による洗練された江戸小紋を作り出せたわけです。

情熱と美しさにこだわった小宮康孝の技法として最大の特徴は、時が経ったとしても色焼けすることなく鮮明な発色が褪せないことになります。染料や染めの技術に対する強いこだわりが、色鮮やかな状態で長く保つことに繋がっていくのです。

しっかりと染められた生地により、小宮康孝が手がけた着物は時を経ても美しいままの状態で着ることができるのです。

江戸小紋の買取相場は?

江戸小紋作家の小宮康孝の作品になれば、買取相場としては5万円を超えてくる買取額になってきます。もちろん、この価格は相場の価格ですので、状態によって前後しますし、ものによっては跳ね上がることもありえます。小宮康孝が手がける江戸小紋は、柄や風合いによって相場が大きく変わってきます。買取額が高い傾向にあるものは、渋い色味の暗めのものが人気が高くあります。

そもそも小紋の買取相場は素材や種類によって違ってきますが、買取額としては数百円〜数万円くらいになります。素材が綿や麻、化学繊維、ウールといった小紋の場合、査定額は期待できず未使用だったとしても数千円くらいになります。素材が正絹の小紋になってきますと、未使用であれば約1万円前後くらいになってきます。

江戸小紋の場合は、未使用であれば数万円といった査定額になってきます。上記にもありますが、人間国宝といった有名な作家ものや有名産地の小紋であれば、査定額がさらに上がる可能性があります。

江戸小紋の買取実績は?

着物買取相場(江戸小紋)

買取金額:107,000円
人間国宝の希少な江戸小紋や証紙付きの複数枚の着物が高額な買取金額になりました。
買取金額:52,000円
タンスにあった複数枚の着物の中に状態のいい小紋や付下げが含まれここまでの買取金額になりました。
買取金額:80,000円
有名作家の小紋や牛首紬が証紙付きで、さらに未使用品ということもありこの買取金額になりました。
買取金額:59,000円
複数枚の着物の中に小紋や紬があり、品質も良いことから査定額も高くなりこの買取金額になりました。

着物買取で高額買取してもらうために

需要が高いうちに査定をしてもらう

がすでに亡くなられていることもあり、新しい作品が今後、出回ることはありません。人間国宝である小宮康孝の作品を着てみたいと思うファンは多くいますので、市場の需要は高くあります。ですので、人気が高いうちに着物買取にだすことをおすすめします。需要があるということは、少しでも高く買い取ってもらえる可能性が高いということでもあるからです。

状態が悪くなる前に査定をしてもらう

たんすに着物を長期間お手入れせずに入れたままになっていませんか。もしそうであれば、風通しが悪く湿気が籠りやすくなっており、シミやカビの原因になりえます。そして、着たときにクリーニングをせずにそのまま閉まったのであれば、わずかな汗や皮脂に反応して虫に食われる可能性もありえます。

着物は保存が難しく時間がたてばたつほど、状態が悪くなってしまうものです。

状態の良いうちに査定にだすことで高額買取を期待することができます。

江戸小紋の買取相場や高く売るコツ

ご自宅に小宮康孝の作品である江戸小紋があるのであれば、着物買取の専門業者に査定をしてもらいましょう。着物買取の専門店であれば、着物のプロが多数在籍しています。着物のプロでなければ、どれだけ素敵な着物でも価値がある着物でも、正確な価値を見抜くことができません。

もし、プロがいないところに売りにだすと、本来着物が持っている価値ではなく、単純に着物の状態だけの価値になってしまいます。安く買い叩かれる可能性が高いということです。

着物買取の専門店に売りにだすメリットは買取額の高さだけではありません。たとえば、サービスのひとつである出張買取であれば、ご自宅まで査定員が出張してきますので、ご自宅にいながら着物を簡単に売ることができます。そして、サービスにかかわる費用が無料です。ですので、査定をしてもらい買取額を聞いたうえで納得がいかなければキャンセルしたとしても費用は発生しません。もちろん出張料や査定料も無料です。そもそも着物を売る売らないを迷ってる場合でも、まずは買取額を聞いたうえで決めることも可能になります。

江戸小紋を売りにだすのなら、着物買取の専門業者を利用することをおすすめします。

着物買取の相場を調査!高価買取してくれるのはこんな店 着物買取の相場を調査!高価買取してくれるのはこんな店

江戸小紋とは

江戸小紋の歴史

江戸時代のころ幕府によって派手な色や柄の着物を規制されて生まれたのが江戸小紋になります。江戸小紋の特徴でもあるとても細かく描かれた文様ですが、幕府に規制されたお洒落を楽しみたい江戸っ子の心意気によって生まれたのです。

江戸小紋は高い技術力が必要

生地を板に広げて、その上に糊を塗っていきます。文様の色を白くしたいのなら透明な糊を使い、色をつけたいのなら色のついた糊を使っていきます。文様の大きさや向きによって、糊を塗るヘラの力加減や角度が重要で、経験と技術力がとても大切です。

型紙も緻密で繊細ということもあり、染めることが難しく、職人技が必要になってきます。

江戸小紋の特徴的な文様

江戸小紋の代表的な文様として江戸小紋三役があります。

  • 細かい点によって円弧がいくつも描かれ鮫肌のように見える文様

  • 行儀
  • 点が規則正しく斜め45度に配列されて行儀よく見える文様

  • 通し(角通し)
  • 細かい正方形が縦横に連続した文様

この江戸小紋三役は、略礼装とされていることから式典や結婚式といったフォーマルな場に着ることができます。極鮫や極通しといった極がつくものになりますと、大変凝ったつくりで格がさらに高くなり、着物買取の買取額としても高値になりやすくあります。

江戸小紋の魅力

江戸小紋の文様はとても細かく、季節を問わずに着られることが魅力の一つになります。着物は季節を感じさせる柄や文様が多いため限られてしまいますが、江戸小紋の場合は細かく凝った文様のため年中着ることができます。