着物の買取相場は高め?お得に売る方法やオススメ店も紹介!

着物の買取相場は高め?お得に売る方法やオススメ店も紹介!

フリマアプリやリサイクルショップ、着物買取の専門店など、着物を売るところは様々ですが、どうすれば損をせずに着物を売ることができるのでしょうか。

今回は、着物の売り方や買取店、着物の種類別の買取価格の相場などについて調査してみました。併せて買取額のアップにつながるポイントや、注意点なども紹介しています。

中古の着物も売れるの?

着物はそもそも元値が高いものが多くあり、有名な作家や産地のものになると数万円という高値で買取が成立することも珍しくはありません。「中古で構わないからちょっと良い着物が着たい」「着物を少しでも安く手に入れたい」と考える人は多く、中古の着物だとしても問題なく売ることができます。

まずは、着物を中古で売る場合に、どのような買取方法が適しているのか知っておきましょう。

着物はどうやって売るのがベストなのか?

街にあるリサイクルショップでも着物の買取は行っていますが、着物専門の査定員がいるわけではありません。そのため、相場よりもかなり低い査定額を付けられてしまうことがほとんどです。

フリマアプリやネットオークションで売ることももちろんできますが、送料や販売手数料がかかってくるうえに、トラブルに発展したとしても自分で対処しなければならないというデメリットがあります。

それに、落札者が現れない限りいつまでたっても現金にすることができません。取引完了までに手間はもちろん時間もかかってくるため、早くお金が欲しいと考えている人や時間に余裕の無い人はあまりおすすめすることができません。

より簡単に着物を高く売りたいのなら、専門査定をしてくれる着物買取の専門店がおすすめです。

着物買取に特化したお店を使うのがコツ!

有名な作家や産地の着物なら、中古だとしても十分に需要があるため、着物買取の専門店で売ることで高額査定を期待することができます。高く売れる着物なのに、リサイクルショップやフリマアプリを使ったことによって、相場より安い価格で売ってしまうのは勿体ないことです。本来の価値を反映した価格で買取してもらうためにも、着物買取の専門店を利用するようにしましょう。

全国対応の着物買取の出張買取サービスが人気を集めていて、街にリサイクルショップがない地方でも簡単に着物を査定に出すことができます。査定料や出張料といった手数料などが完全に無料なのに加えて、着物の知識を持ったプロの査定員が査定をするので、査定額に対して納得しやすいのもポイントになります。

売りたい

実際に着物を売るかは別として、着物の査定額を知るために利用してもいいの?

管理人

もちろん!着物の価値を知るために査定だけしてもらうのでも問題ありません!
キャンセルが簡単な、キャンセル料が無料のお店を利用するのがおすすめです。

着物の買取相場価格を詳しく紹介!

もし、有名作家や産地のものではなく普通の着物だとしても、状態が良いもので購入してから10年以内だと、数千円から1万円くらいと幅はありますが査定額がついてきます。有名作家や産地ものになれば、たとえ古いものであっても希少価値のため高値になりやすくあります。さらに状態が良ければかなりの高値になる可能性がありますので期待できるかと思います。

着物の買取相場としてよく言われるのが、普通の着物で新品だと購入価格の10~20%くらい、中古の場合で状態が良いと5~10%くらい、状態が悪いものだとよくて5%が相場と言われています。普通の着物で古いものになりますと、査定額がつかないこともありえます。

着物を購入するためには高い出費が必要になるので、売るときも高くなる!と思われている人が多くいます。ですが、実際はそんなことはありません。先程も述べましたが、着物買取の相場として、購入価格の10%くらいだと覚えておけば、過度な期待をすることなくでてきた査定額を受け入れることができるかと思われます。

下記にある買取相場は、有名作家や産地もの等の着物を売りにだしたときの実績のごく一部になります。もちろん、着物買取が全てこの金額になるわけではありませんが、高い査定額で有名な買取店の実績なので、着物を売るときの参考にしてください。

一般的な着物の買取相場

一般的な着物の場合は、査定額に幅がでてきます。傾向としては、状態が悪かったり古い着物になりますと安くなり、新しく状態がいいものだと査定額としても高めの設定になります。

着物の種類 買取相場
訪問着 2,000円~50,000円程度
付け下げ 2,000円~80,000円程度
振袖 2,000円~50,000円程度
色留袖・黒留袖 2,000円~20,000円程度
小紋・紬 1,000円~30,000円程度
色無地 1,000円~50,000円程度

人間国宝や作家ものの買取相場

ここに挙がっているのは代表的なもので、その他にも、人間国宝や有名な作家はたくさんいます。

着物の種類 買取相場
久保田一竹 ~700,000円程度
松井青々 ~300,000円程度
由水十久作 ~200,000円程度
羽田登喜男(人間国宝) ~200,000円程度
福田喜重(人間国宝) ~200,000円程度

お得に売れる!査定額アップのポイントと注意点

付属品を必ず付けて査定を受ける

着物を購入すると、証紙や落款というものが付いてくる場合があります。この証紙や落款があることで着物の価値を証明してくれることになります。もちろん、この証紙が無くても着物の価値が下がるということはありませんが、あることで査定額がアップに繋がるのであれば、査定時に付けるべきです。

証紙や落款以外にも、もし購入先の呉服屋や百貨店の領収書があれば、それも品質を証明するものになりますので、捨てずに取っておくといいでしょう。

着物の状態を保つ

洋服と違って着物は保管するのが難しいため、きっちりと管理しないとすぐに痛んでしまいます。着物を高く売るためには、着物の状態が大切で、日頃からの対策が非情に大事です。

着物に袖を通した時間がたとえ短時間だったとしても着用したら汗が染み込んでしまいます。この汗ジミを作らないためにも、少しでも着たのなら風通しの良い場所で半日以上、日干しをしましょう。長期間の保管するのであれば、事前に着物専用のクリーニングをしておけば安心です。

お店選びを間違わない

査定に出す専門店にも、大事なポイントがあります。高く売るためには、買取実績の多い着物買取の専門店を選ぶことです。買取実績の多いところは、それだけお客さんが満足して売りに出した証明になります。さらに実績の多い専門店には、着物の価値がわかる査定員が在籍しています。価値が分かる査定員なら納得いく査定額をだしてもらえるでしょう。高い査定額を期待するのなら、実績の多いところにお願いしましょう。

おすすめの着物買取の専門店

着物買取の専門店によって、相場や査定額はかなり変わってきます。評判の良い着物買取の専門店を紹介します。

着物買取の相場を調査!高価買取してくれるのはこんな店 着物買取の相場を調査!高価買取してくれるのはこんな店

着物を売る時に注意したい点は?

着る機会のない着物であれば、早めに売りにだすことをおすすめします。

着物の状態が査定額に影響を大きく及ぼします。ですので、購入してからの期間が短ければ短いほど、着物の価値としては高くなりますので、高額査定につながってきます。

たとえ着ないまま保管しておいても、時間の経過と共に着物は徐々に劣化していきます。状態が悪くなってしまえば、マイナス査定は免れられないので、着物の状態が良い内に査定を受けるのが懸命でしょう。

まとめ

着物をお得に売るなら専門店で早めの買取を

中古の着物でも十分に需要がありますので、ものによってはかなりの高値になることがあります。もし使用感が目立つ場合には、事前に干しておくようにして、匂いやシワに対して軽くお手入れするだけでも査定額のアップにつながるでしょう。

着物の価値を見抜くのが難しいからこそ、プロの査定員がいるところで見てもらうのが最も有効です。せっかく着物を売るのなら、着物買取の専門店を利用して、見合った価格で買取をしてもらいましょう。

査定料や出張料、キャンセル料といった費用が無料のお店を選ぶことで、お金をかけることなく査定をしてもらえるので、とりあえず査定額だけ知りたいという人も、気軽に利用してみてはいかがでしょう。