初宮参りの掛け着について

初宮参りの掛け着について

初宮参りの掛け着について紹介します。

無事に生後1ヵ月を迎えられた感謝と健やかな成長を祈願する初宮参りになります。地域によって風習は異なりますが、一般的に男児は、生後31日か32日目、女児は32日か33日目におこないます。産後間もない母親に変わって、父方の祖母が赤ちゃんを抱いて参拝することが多いようです。現在は両家の家族が揃い、生後1ヵ月を目安に都合のよい日取りにおこなう傾向にあります。

赤ちゃんには産着の上に掛け着を着させます。掛け着は一つ身という裁ち方になり、3歳の祝い着である四つ身に仕立て直すことができます。掛け着には背縫いはなく、「背縫いのない着物を着ると魔物が憑く」と信じられていました。昔は一つ身の背には背守りがあり、背紋と呼ばれる飾りをつける風習がありました。

男の子の掛け着

男児の衣装は、産着に五つ紋の掛け着を着させます。掛け着には、婚家の家紋を五つ紋としてつけて、めでたい柄の熨斗目模様か、または、黒羽二重の紋付が正式になります。最近は、黒や紺、紫、白地を使うことがあります。柄は鷹や兜といった昔ながらのものや縁起がよい昇り鯉、宝船といったものが主流になります。

女の子の掛け着

男児と同様に、産着を着させたうえに、綸子や縮緬地におめでたい柄でもある吉祥文様や花柄の友禅模様といった華やかな掛け着を着させます。地域にもよりますが、男児の掛け着には必ず五つ紋をつけるのに対して、女児の掛け着を入れないことのほうが多いようです。