付下げの買取相場は?そもそも売れる着物なの?

付下げの買取相場は?そもそも売れる着物なの?

付下げの買取相場はどうなる?

付下げの買取相場はどうなる?

着物ちゃん

付下げって着物を初めて知りました!付下げという着物は売れるんですか?

付下げは着物好きでないとなかなかご存知ないのかもしれませんね!

今回は、そんな付下げについてどこに売ればいいのか、どうすれば高く売れるのか、そんな大事なポイントを紹介していきます。

管理人

そもそも付下げは売れるのか

付下げが売れるのかという疑問があるかとは思いますが、付下げを買い取ってくれる買取専門店は需要も高いことから多く存在します。気になる付下げの買取価格ですが、状態の良い中古の付下げで7〜8千円前後になり、未使用品で状態が良い場合ですと1万7〜8千円程度となります。また、有名な産地や作家ものになりますと、付下げの状態にもよりますが、上記の価格よりも高値で買い取ってもらえることがあります。着物買取の専門店に売る前に、お持ちの付下げを確認しておきましょう。

付下げの買取相場は数百円から数万円にも

様々な場面で着ることができる付下げは、未婚や既婚といった区別がありませんので、需要が高く人気があります。それだけ売りやすい着物といえます。

未使用品や高級品、人気作家の手掛けた着物になりますと、証紙がある場合には数万円以上の高値が付くことがあります。

ただし着物買取の価格は、実際の着物を確認しないと買取価格をだせないため、同程度の品質の着物だとしても、保存状態やサイズなどの様々な要因によって買取価格は上下しますので、注意してください。

付下げの買取実績

買取価格:47,000円

証紙付きで汚れも少なく落ち着いた色合いが素敵な紬の付下げや訪問着が高額な買取価格になりました。

買取価格:98,000円

鮮やかな染めの付下げや相良刺繍の帯など十数点が高額な買取価格になりました。

買取価格:52,000円

箪笥一竿分の着物類の中から状態の良い付下げや小紋ですが、高額な買取価格になりました。

買取価格:129,000円

未着用込みで風合いも良い染めの小紋や付下げなどが高額な買取価格になりました。

査定費用が無料だから気軽に頼める!

満足価格!着物の買取【バイセル】

問い合わせは無料で簡単にできます

査定もキャンセルも全部無料!

着物の高額買取なら【買取プレミアム】

問い合わせは無料で簡単にできます

付下げを高く売るには

付下げを高く売るには

仕立てに手間がかる訪問着と異なり、付下げは、事前に柄つけをしますので比較的安価で購入できる着物です。ですので、着物買取では低い評価になると思いがちですが、実は、生地そのものや付けられた紋様が評価されますので、着物買取の時に買取価格が思わぬ高値になるということがありえます。

そして、付下げは、訪問着よりも着まわしがきく汎用性の高い着物です。とはいえ、着物を着て出かけるという機会自体が時代の流れと共に減ってきているということもあり、必然的に着る頻度が減っています。

着る機会が減り、タンスの肥やしになっているそんな状況で利用して欲しいのが、付下げを買い取ってもらうことです。着物買取で付下げは、とても多く見かけます。付下げの買取需要はとても高いです。買取価格の幅は広く、状態の良い伝統工芸品や作家物であれば買取価格は高値を期待することができます。

付下げの具体的な買取価格は?といいますと、着物買取の査定での値段は一概に言うことはできません。なぜなら、着物買取で取り扱われる着物の多くは中古になり、保管状況でダメージが変わってきます。

付下げの価値を決めるポイントが当然あり、どこの地域の伝統工芸品になるのか、著名や無名といった作家物になるのか、証紙といった価値を証明する付属品があるか、付下げの状態や丈の長さといった、様々な条件を確認をした上で、買取価格が決まってきます。

着る頻度の高い付下げは、買取市場における需要が他の着物よりあります。ですので、着物買取の査定に出したら、思わずの高値にびっくりするといったこともありえます。もし、ご自宅に付下げがタンスに眠っているようでしたら、一度、着物買取の専門店に査定を依頼してみるのもおすすめします。

付下げを売る前に押さえておくべきポイント

付下げの保存状態

付け下げの状態が買取価格に影響することは多くあり、状態が良いと当然買取価格は高くなり状態が悪いようであれば買取価格は低くなります。有名な産地ものや作家ものは価値が高く高値が期待できますが、状態が悪い場合は価値が高い付下げであっても買取価格は低くなってしまいます。

付下げの状態は査定額にとても大きな影響を及ぼします。ですので、付下げの価値を下げないためにも、普段から状態に対して注意するようにして悪化させないようにしましょう。

証紙も一緒に

有名な産地や作家ものになりますと、産地はもちろん作家名などが記載されている証紙が付いてきます。この証紙は、査定するのに重要な要素であり、この証紙があるかないかで買取価格に違いが出てきます。付けるのを忘れたために買取価格が下がってしまうということがないように、付け下げを売るときには証紙を付けて査定をしてもらうようにしましょう。

付下げのサイズ

これは付下げだけでなく着物全体になりますが、サイズによって買取価格に違いが出ることがあります。サイズが大きいと買取価格が高い傾向にあります。これは、サイズが大きければ仕立て直すことができるため、様々な需要に対応できるということで高値になりやすくあります。

価値が下がる前に

これも着物全般にいえますが、着物は新しいものほど買取価格が高くなります。当然、着る頻度や歴が長くなればなるほど買取価格は安くなります。どうしても期間が長くなれば劣化具合も大きくなってしまい価値が低くなってしまいます。そして一般的ではありますが、着物を購入してから10年までが買取対象とされています。これ以上になりますと、買い取ってもらうのが難しくなる可能性が高くなります。ですので、付下げを買い取ってもらいたい場合は、価値が下がる前に早めの対応をおすすめします。

付下げを売るなら着物買取の専門店に

付下げを売るなら着物買取の専門店に

着物買取の専門店を選ぶには

付下げを売る場合には、数ある専門店の中から選ぶ必要がありますが、これがなかなか難しい問題かもしれません。そこで、専門店を選ぶポイントを紹介しますので、あなたにとって最適な買い取りの専門店に巡り合うために選ぶ参考にしてください。

ポイントのひとつとして、付下げの買取実績が豊富なことが挙げられます。この実績が豊富ということは、それだけお客に支持されている証明であります。つまり、みんな買取価格に納得している可能性が高く高値がつくことが期待できます。

そして、付下げに対する知識や経験も豊富なので、市場の相場も十分に把握しているため提示される買取価格は、市場価格を踏まえた額である可能性が高いです。そのため、自分では思いもよらぬ買取価格になる可能性があります。

それ以外のポイントとして、サービスの充実があります。サービスにかかる費用が高かい場合や利用するための手続きが煩雑の場合には、たとえ付下げを売れたとしてもトラブルになったりする可能性が高くなります。お客の目線に合わせたサービスが充実している専門店を選ぶことでトラブルなく付下げを売ることができます。これらのポイントを満たした専門店でおすすめしたいところがありますので、選ぶときの参考にしてください。

おすすめする着物買取の専門店

買取価格が高くなる専門店を選ぶかと思いますが、他にも選ぶポイントがあります。買取実績が豊富なこともポイントになります。実績が豊富ということは、多くのお客に支持されているということの証明でありますし、色無地の相場や知識があり色無地が持っている価値を十分に知っていますので、査定額が高値になるといった可能性があります。

また、サービスが充実しているのもポイントになります。客のことを考えてできたサービスだから、着物買取の手続きがスムーズに進みます。このサービスが良くないお店ですと、気持ちよく色無地の買取をしてもらえない可能性があります。着物買取をトラブルなく終えることができるのは重要なポイントです。これらのポイントを満たすお店は世の中にいくつかあると思いますが、おすすめしたい着物買取の専門店があります。

おすすめする理由として、色無地を含め様々な着物を買い取っています。そのため着物全般に精通していて、たとえ無銘の着物だとしても高値で買い取りをしてくれることがあります。また、サービスに関わる費用が全て無料なので、気軽に査定を依頼することができますし、買取価格に納得できなかった場合も、キャンセル料が無料になります。

着物買取での評判が高い専門店になり、それぞれに強みがありますが、どちらもサービスの質や査定に対して期待できますのでお店選びの参考にしてください。

着物の出張買取なら【バイセル】

メインキャラクターに坂上忍さん起用しているバイセルですが、特徴としましては、日本全国で出張買取をしているところではないでしょうか。また、場所によっては、申し込んでから最短30分で査定が受けられることも可能です。女性の査定員を指名できるのも嬉しいサービスです(※お客様が女性の場合のみ)。
出張エリアでない場合でも、宅配買取に対応していますので安心してください。

査定費用が無料だから気軽に頼める!満足価格に自信!

買取方法 出張買取/宅配買取/持ち込み買取 出張・査定料 無料
査定時間 30分前後 支払方法 その場でお支払い
対象地域 日本全国 キャンセル クーリングオフ制度あり

満足価格!着物の買取【バイセル】

▼出張&査定費用完全無料!!▼

※申し込みは1分で完了します

高価着物買取の専門店【買取プレミアム】

毎月10,000件以上のお問い合わせがあるとても人気な買取プレミアムですが、特徴としましては、名前にあるとおり買取価格にプレミアムをだすことに注力しているところではないでしょうか。
出張買取、宅配買取、持込買取と都合に合わせて買取方法が選べて買取価格が高くなるなら使わない手はないですよね。

査定もキャンセルも全部無料!着物買取で高額買取なら!

買取方法 出張買取/宅配買取/持ち込み買取 出張・査定料 無料
査定時間 30分前後 支払方法 その場でお支払い
対象地域 日本全国 キャンセル クーリングオフ制度あり

着物の買取プレミアム

▼出張&査定費用完全無料!!▼

※申し込みは1分で楽々完了♪

付下げとは

訪問着を簡略化した略礼服

付下げは訪問着よりも気軽で、小紋よりは格の高い染め着物です。訪問着を簡略化して昭和の初期に考案された着物です。付下げを見分けるポイントとしては、柄付けが縫い目で繋がる絵羽模様ではなく、単発の模様が前後の身頃ですべて上向きの「付下げ柄」になっていることです。人気がでたために、上前の衽(おくみ)と上前身頃の模様が縫い目で繋がるように改善され、付下げ訪問着と呼ばれる華やかなものもあります。
格は訪問着よりやや気楽な礼装またはよそゆき着になりますが、一つ紋をつけると略礼装に格上げされます。

古典柄かモダン柄でコーディネートを選びます

格式のある場なら古典的な色柄を選び、ホテルのパーティといった場合は、モダンな色柄が合います。また結婚式の参列といったあらたまった場なら金銀や淡色を用いた略礼装のコーディネートにしますが、カジュアルなパーティやお出かけ着とするなら、小紋のような感覚で装うのも良いでしょう。

来賓の装い

あまり大仰になりすぎないように装うには、訪問着よりも付下げが大変重宝されます。一般的に付下げは、反物のまま切らずに染色します。重厚感を出すためには、最終的に絵羽に見えるように、上前から後ろへと続く柄ゆきに染め上げていきます。染の技術が改良されてきたこともあり高度な染色が可能となっています。暈しや飛び柄の付下げには無地場があり、軽やかな印象が生まれますし、気張りすぎずに装うことができます。

結婚式の招待状のドレスコードが平服であるときでも、カジュアルな着物で出かけるのは避けて、略礼装の訪問着や付下げで出席するのがマナーになります。

友人や会社の先輩、同僚として列席するのであれば、訪問着か付下げを着ましょう。略礼装でかまいません。そして、何よりも着る本人が楽しく装うことが大切です。来賓は、祝いの心でめでたい日を盛り上げる立場でもありますから新郎新婦の新しいスタートを華やかに彩りたいものです。

お呼ばれの着物は、今を感じさせる明るい綺麗な色目でモダンさのある祝い柄、そして染織品としてのクオリティを厳選するようにしましょう。これらの原則を忘れずにお洒落にコーディネートをすれば、どんな形式の結婚式でも慌てること、爽やかな笑顔で出席することができます。

まとめ

付下げは、訪問着を簡略化した着物になり格としては、準礼装になります。既婚や未婚といったことは関係なく着ることができ、結婚式はもちろん様々な行事に着て行くことができますので、とても便利な着物になります。この付下げができた歴史としては、太平洋戦争がおこった頃に訪問着を着ることが禁止になったために代わりとして作られたのが付下げとなりこれが始まりとされています。

着なくなった付下げをどうするか

準正装という格になり訪問着の簡易版という付下げは、結婚式はもちろん、入学式や卒業式、お茶会など様々な場面で着る事ができますので、とても使い勝手のいい着物になります。そういったことから、付下げを持っている人は多いかと思います。

ですが、着物を着るイベントはそう頻繁にあるわけではありませんし、お茶や日本舞踊といったお稽古事も辞めてしまうとその後に着る機会は皆無かと思われます。

皆無になった場合に、着なくなった付下げをどうするかという問題があります。まず考えられることとして、高級な付下げですと大事に保管するという選択肢がありますが、この付下げを保管するのはとても手間がかかります。

なぜかといいますと、高級な付下げは素材として正絹になり、この正絹は虫食いと湿気にとても弱いからです。この対応のために桐製のタンスを用意して湿気対策をしたり、更に防湿剤を入れたり合わせて防虫剤も入れたりします。タンスだけでは湿気は取れませんので年に数回は虫干しをする必要があります。こういった手間や道具は、付下げを今後も着るのであれば負担がかかったとしても問題はありませんが、着る機会がないのであればこれだけの手間をかけるのは割に合わないのかもしれません。

ですので、着ない付下げは保管ではなく、処分するという選択肢を選ぶことが考えられます。そこでおすすめしたいのが、付下げをただ処分するのではなく着物買取の専門店に買い取りしてもらうことです。

査定費用が無料だから気軽に頼める!

満足価格!着物の買取【バイセル】

問い合わせは無料で簡単にできます

査定もキャンセルも全部無料!

着物の高額買取なら【買取プレミアム】

問い合わせは無料で簡単にできます