喪服だって売れる!着物買取で必要な5つのコツ

喪服

着物買取で喪服の買取相場

法事や葬儀などで着る礼服のことを喪服といいます。喪服といえば基本的に黒や薄墨色で着物が一般的でしたが、今では、ダークスーツや黒のワンピースを着ることが多くなっていて、着物を着る人自体が減っています。

理由としては、着物を着るというのがとても大変ということがあります。日常的に着物を着ている人はいいですが、めったに着物を着ないという人は自分で着物を着ることができませんし、着たら着たで着物のマナーがついてまわるので敬遠されてしまいます。

機会がない喪服は

機会がなくなった喪服をどうするのが一番いいのか。もしものときのために喪服を保管しておくということも考えられますが、最近ですと身内の葬儀だとしても着物の喪服を着なくなっており、必ずしも着物でなくてはならないという状況ではありません。ですので、喪服を保管したとしても今後も着る機会はないかもしれません。

着物をいい状態に保管するには手間がとてもかかります。喪服の素材が絹製ですと湿気に弱いこともあって、安いプラスティックや段ボールといった収納ケースでなく、桐製のタンスなどで保管する必要がでてきます。タンスだけでは不十分になり、こもる湿気を除くために防湿剤を入れ、そのうえ年に数回は陰干しをする必要があります。

そして虫食いも防ぐために防虫剤を入れて虫食い対策をする必要があります。さらに喪服は、着物だけでなく長襦袢や帯、帯締め、腰紐、足袋、草履、バッグといった様々な小物があり、それらを一緒に保管する必要がありスペースを確保しておかなければいけません。

喪服は売れるのか

着る機会のない喪服を保管しておくのは結構な手間がかかって割りにあいません。こういった手間を省くためにも喪服を着物買取にだすという選択肢があります。限られた場面でしか使い道がない喪服を買い取ってもらえるのかという疑問があるかと思います。

先に答えをいいますと喪服を買い取っている専門店はありますが、数が少ないというのが現状です。ですので、着物買取を専門にしているところでも喪服は買い取らないということがありますので、前もって喪服を買い取りしているのか確認するようにしましょう。

着物買取で喪服の相場は

売れるところは少ないですが、喪服は売ることができます。そこで気になることは、査定額がいくらになるのかだと思います。使われる場面が限られる喪服は、やはり他の着物と比べますと需要が低いため査定額も低くなります。喪服の査定額としては、着物の状態や素材が良いもので数千円くらいになり、この価格帯が相場となっています。ただし、作家ものの喪服になりますと、相場よりも高い査定額になる可能性があります。

喪服の買取相場

  • 有名作家の黒留袖… 50万円になることも
  • 縮緬の喪服(正絹・状態良好)… 4千円〜になることも
  • 普通の喪服(正絹・未使用)…数百円

これはあくまでも相場の価格であり、着物買取の専門店によって査定額は異なってきますので、相場の価格よりも高い金額で喪服の買い取りをする専門店があるかもしれません。できれば1店だけでなく複数の専門店に査定を依頼して、比較したうえで納得できる専門店にすることをおすすめします。

喪服を高く売るための大事な5つのコツ

喪服は、査定額は期待できませんが、少しでも高く売れるためのポイントを紹介します。

  • 1.一式全部揃える
  • 帯や帯締め、帯揚げ、草履、バッグといった喪服とセットになるものをすべてまとめて売りますと、査定額が上がる場合があります。次に着る人が喪服をセットで揃えることができるため専門店としてもセットでのほうが売りやすくあります。和装小物は売れないと思わずに、喪服とセットにして売るようにしましょう。

  • 2.良い状態を保つ
  • 他の着物と同様に喪服も状態が良いほうが査定額は高くなります。ですので、状態が良いのであれば査定額が上がり、その半面、汚れやシミ、色あせやカビ、虫食いといったことがありますと、査定額が下がってしまします。そうならないよう普段から着物のお手入れを実践して喪服の状態を良いまま保管しておきましょう。

  • 3.良い状態のまま早く売る
  • 新しいものほど査定額は高くなり、購入してから時間が経過するにつれて当然ながら査定額が低くなっていきます。なぜかといいますと着物は劣化していくもので、着物の価値が下がってしまうからです。価値が下がるイコール査定額も下がってしまいます。

    着物買取でよくいわれますのが、着物の流行は10年とされており、10年以上経過してしまいますと着物買取自体を断られてしまう可能性が高くなってしまいます。ですが、同じ10年内の喪服だとしても、購入してすぐの着物と10年近くの着物とでは査定額は変わってきます。新しいほうが査定額が高い傾向にありますので、売ることを決めたらできるだけ早くに査定をお願いすることをおすすめします。

  • 4.証紙をつける
  • 有名な作家や産地の喪服には、証紙と呼ばれるものがついてきます。これは、産地や作家名などが記載されており、喪服と一緒に出すことで査定額が高くなる可能性があります。とくに高級な喪服は、証紙がついているかどうかで査定額がかなり変わってきますので、必ずつけて着物買取にだすようにしましょう。

  • 5.家紋の入れ替えをする
  • 礼服のほとんどは家紋入りになります。もし手元に黒留袖がある場合には、確認してみてください。五つ紋または三つ紋になっていることが一般的になります。

    この家紋が入っていることで買取店として売りづらいということがあって安い買い取りになってしまいます。なぜ、安くなってしまうのかといいますと、買取店は家紋の入れ替えをすることがあります。この入れ替えですが、1カ所につき5,000円ほど費用がかかってしまいます。もし五つ紋の場合は、単純に2万円以上の費用がかかるわけです。この費用を考えるとどうしても安くなってしまうわけです。

    もし、有名作家物の喪服といった価値の高いものであれば、ご自分で家紋の入れ替えをおこない、売りに出すことで高額査定の更なるポイントアップが見込まれるわけです。

私がおすすめする着物買取の専門店

査定額が高くなる専門店を選ぶかと思いますが、他にも選ぶポイントがあります。買取実績が豊富なこともポイントになります。実績が豊富な専門店ですと、喪服の相場感や知識があり喪服が持っている価値を知っていますので、他店では低い査定額が思ってもいなかった高値になる可能性があります。

また、サービスが充実しているのもポイントになります。客のことを考えてできたサービスだから、着物買取の手続きがスムーズに進みます。着物買取をトラブルなく終えることができるのは重要なポイントです。これらのポイントを満たすお店はいくつかあると思いますが、おすすめしたい着物買取の専門店があります。

おすすめする理由として、喪服を含め様々な着物を買い取っています。そのため着物全般に精通していて、たとえ無銘の着物だとしても高値で買い取りをしてくれることがあります。また、サービスに関わる費用が全て無料なので、気軽に査定を依頼することができますし、査定額に納得できなかった場合も、キャンセル料が無料になります。

着物買取での評判が高い専門店になり、それぞれに強みがありますが、どちらもサービスの質や査定に対して期待できますのでお店選びの参考にしてください。

着物の出張買取なら【バイセル】

メインキャラクターに坂上忍さん起用しているバイセルですが、特徴としましては、日本全国で出張買取をしているところではないでしょうか。また、場所によっては、申し込んでから最短30分で査定が受けられることも可能です。女性の査定員を指名できるのも嬉しいサービスです(※お客様が女性の場合のみ)。
出張エリアでない場合でも、宅配買取に対応していますので安心してください。

査定費用が無料だから気軽に頼める!満足価格に自信!

買取方法 出張買取/宅配買取/持ち込み買取 出張・査定料 無料
査定時間 30分前後 支払方法 その場でお支払い
対象地域 日本全国 キャンセル クーリングオフ制度あり

着物買取の最大手【バイセル】

※査定はもちろんキャンセルしてもすべて無料

高価着物買取の専門店【買取プレミアム】

毎月10,000件以上のお問い合わせがあるとても人気な買取プレミアムですが、特徴としましては、名前にあるとおり買取価格にプレミアムをだすことに注力しているところではないでしょうか。
出張買取、宅配買取、持込買取と都合に合わせて買取方法が選べて買取価格が高くなるなら使わない手はないですよね。

査定もキャンセルも全部無料!着物買取で高額買取なら!

買取方法 出張買取/宅配買取/持ち込み買取 出張・査定料 無料
査定時間 30分前後 支払方法 その場でお支払い
対象地域 日本全国 キャンセル クーリングオフ制度あり

高額買取を期待するなら【買取プレミアム】

※査定はもちろんキャンセルしてもすべて無料