単衣の買取価格は?着物買取で高額査定を期待するなら

単衣の買取価格は?着物買取で高額査定を期待するなら

単衣の買取価格はいくらに

お持ちの単衣を売るときの大事なポイントとして、単衣の買取価格を知っておくことです。ちなみにネットオークションでの価格は、平均になりますが約8,000円くらいです。オークションなのでどうしても値段にバラつきがでてしまいます。単衣で価値の高い着物になると白大島紬になりますが、この着物をオークションにだしますと、三桁を余裕で超えてくる場合があります。

オークション以外にも単衣の買取価格が高くなるところとして、着物買取の専門店があります。この着物買取の専門店であれば、名前の通り着物を専門的に取り扱っていることもあり、着物のプロが多数在籍しています。プロに査定してもらうことで単衣が持つ価値を正確に判断することができますし、買取価格としても適正価格で買い取ってもらうことが可能になります。

下記にある買取価格は、私がおすすめする着物買取の専門店の買取価格になります。単衣を売りにだすときの参考にしてみてください。

買取価格:47,000円
証紙つきで汚れもない訪問着や色合いが素敵な紬の付け下げがここまでの買取価格になりました。
買取価格:184,000円
絞りや染めといった様々な訪問着が全て作家物でここまでの買取価格になりました。
買取価格:145,000円
希少品である本場大島紬や上質な訪問着など多数ありここまでの買取価格になりました。

無料で査定!着物を高く売りたいなら着物買取の専門店!

単衣を相場よりも高値で売るコツ

これは他の着物と同様ですが、単衣を着物買取の専門店で高く買い取ってもらいたい場合には、着物の状態が良いものというのが前提です。そのうえで、単衣の価値を判断できる専門家に査定してもらうようにしましょう。単衣は、いろいろな場面で着ることができることから、とても需要があります。ですので、買取価格としても高値が期待できる着物なんです。

着物買取のお店について

サービスが充実しているのもポイントになります。お客のことを考えてできたサービスですので、着物買取の手続きがスムーズに進みます。このサービスが良くないお店ですと、気持ちよく着物の買取をしてもらえない可能性があります。着物買取をトラブルなく終えることができるのは重要なポイントです。これらのポイントを満たすお店は世の中にいくつかあると思いますが、おすすめしたい着物買取の専門店があります。

おすすめする理由として、着物買取の専門店は様々な着物を買い取っています。そのため着物全般に精通していて、たとえ無銘の着物だとしても相場を見ながら高値で買い取りをしてくれることがあります。また、サービスに関わる費用が全て無料なので、気軽に査定を依頼することができますし、買取価格に納得できなかった場合も、キャンセル料が無料なので安心です。

着物買取での評判が高い専門店ですが、それぞれに強みがあります。そして、どちらもサービスの質や査定に対して期待できますのでお店選びの参考にしてください。

着物の出張買取なら【バイセル】

メインキャラクターに坂上忍さん起用しているバイセルですが、特徴としましては、日本全国で出張買取をしているところではないでしょうか。また、場所によっては、申し込んでから最短30分で査定が受けられることも可能です。女性の査定員を指名できるのも嬉しいサービスです(※お客様が女性の場合のみ)。
出張エリアでない場合でも、宅配買取に対応していますので安心してください。

査定費用が無料だから気軽に頼める!満足価格に自信!

買取方法 出張買取/宅配買取/持ち込み買取 出張・査定料 無料
査定時間 30分前後 支払方法 その場でお支払い
対象地域 日本全国 キャンセル クーリングオフ制度あり

満足価格!着物の買取【バイセル】

▼出張&査定費用完全無料!!▼

※申し込みは1分で完了します

高価着物買取の専門店【買取プレミアム】

毎月10,000件以上のお問い合わせがあるとても人気な買取プレミアムですが、特徴としましては、名前にあるとおり買取価格にプレミアムをだすことに注力しているところではないでしょうか。
出張買取、宅配買取、持込買取と都合に合わせて買取方法が選べて買取価格が高くなるなら使わない手はないですよね。

査定もキャンセルも全部無料!着物買取で高額買取なら!

買取方法 出張買取/宅配買取/持ち込み買取 出張・査定料 無料
査定時間 30分前後 支払方法 その場でお支払い
対象地域 日本全国 キャンセル クーリングオフ制度あり

着物の買取プレミアム

▼出張&査定費用完全無料!!▼

※申し込みは1分で楽々完了♪

単衣の着物とは

単衣の特徴

裏地がない単衣は、通気性が良く軽いのが特徴の訪問着になります。通気性が良いため着用ルールとしては、6月とか9月などの季節が変わるときに着られることが多くなります。昔と違い近年は温暖化の影響なのか季節と気温が一致しなかったり、室内の温度が快適に整えられていることから季節を問わず着られています。ですので、とくに決まり事がない限りにはなりますが着用ルールを守る必要はありません。

夏に着る夏単衣と秋に着る秋単衣という呼び方がありますが、素材としては特別な違いはありません。

単衣は訪問着の一種になりますので、着ることができる場面は、普段使いはもちろん結婚式やパーティーといったセミフォーマルなところでも着ることが可能になります。単衣は裏地がありませんので生地の質が分かりやすくあります。ですので、フォーマルな場面で着るのは注意が必要になります。

単衣に合わせる帯としては、暑い日なら夏用の帯を合わせ、涼しい日なら軽めな素材を選ぶようにして、気候によって合わせるようにするとコーディネートがうまくいきます。