振袖

振袖

振袖

着物には様々な種類がありますよね。その中の一つでもある振袖を今回はご紹介します。

未婚の女性に許された第一礼装

袖を振ることができるくらい長い着物なので、振袖と呼ばれています。袖が長くなったのには、諸説ありまして、当時の年頃の女性に流行病が多くそういった厄を長い袖で振り払うという厄払いの説や娘に舞踊を習わせる習慣が生まれ舞台で美しくみせるためといった説など様々です。

振袖にはそもそも大振袖、中振袖、小振袖の3種類があります。袖が長くなるほど格が高くなります。未婚の女性に許された最も格の高い着物であり、成人式に着てる女性をよく見ますね。

  • 大振袖…昔は袖の長さが125cmまであったようです。現在は最も袖の長いもので114cmくらいになります。結婚式での花嫁衣装が主であったんですが、最近は、成人式も着られるようになりました。
  • 中振袖…大振袖に次ぐ礼装であり、袖丈としては90cm前後と言われています。かつては、成人式で中振袖が一般的でしたが、現在のほとんどは大振袖です。
  • 小振袖…袖丈としては75cm前後になります。大振袖の袖丈を短く仕立てて小振袖としていることが多いようです。

袖で想いを伝える?

振袖の袖には恋愛の想いを伝える合図がありました。江戸時代には、そもそも女性が相手に対して想いを伝えることは端ないとされていました。そこで、男性への返事として、好きの場合は、袖を左右に振り、嫌いの場合は前後に振って意思表示をしていました。既婚している女性は、この袖を振る必要がなくなりますので、振袖の袖を詰めて留袖としていました。逆をいいますと、留袖を着てることは結婚してることのアピールになるわけです。
余談ですが、告白して振られるのこの「振られる」は、この袖のサインがエピーソードが由来とされています。

振袖を着るのは?

振袖は未婚の女性が着ます。既婚の女性は、基本的には着ませんが、地域によっては第一子が生まれるまでは着てもいいというところもあるそうです。気になるのは、未婚だけど何歳まで着れるのか?というところだと思います。未婚であれば振袖を着ることに問題はありません。あるとしたら、世間の考えるイメージだと思います。年配の方で年齢によっては振袖を着るのはNGと考える人がいます。イメージとして未婚は20代というのがあるのではないでしょうか。30代になってくるとそのイメージからずれてくるので止めたほうがいいということになってくると思います。また、振袖の柄や色もあるかと思います。振袖は他の着物と違ってとても華やか色や柄が使われています。この柄が30代になってくると年齢的に合わなくなってくる可能性があります。そういったことから、振袖を着るのは20代までにしておくのが無難かもしれませんね。

そして、どんな場所で着るのかということですが、友人の結婚式や成人式、式典など慶事ごとにぴったりの装いです。ただ、ひとつ気をつけないといけことがあります。なにかと言いますと、未婚であれば振袖を着ることに問題はありませんが、マナーがあるということです。例えば、友人の結婚式に出る場合は、花嫁との衣装に対する色かぶりです。花嫁の色が何色か事前に確認しましょう。そして、花嫁の着物が何かも確認が必要です。花嫁が大振袖の場合、ゲストは格の違いを出すためにも中振袖か小振袖を着る必要があります。

振袖は、成人式や結婚式といったところで着ることができます。何をどう着るかは自由だと思います。ですが、場や周りを考えなくてはいけないときがあると思います。なぜそうなのかを理解して、未婚だから大丈夫ではなく、あえて着ないということを考えるのも大事になってきます。

振袖の着物買取について

華やかな振袖は査定額が期待できない…
華やかな振袖は、豪華にうつりますので査定額も高く買い取ってもらえそうな印象がありますが、振袖を使える時期がとても短く、また需要が少ないために査定額が安くなる傾向があります。また、成人式といったときに着る振袖は、20歳の若い人が着ることからその年ごとの流行デザインになり、数年前の振袖になりますと古くて可愛くないといったことになってしまいます。若いからこそ流行のサイクルが速いというわけです。
そういったことから、振袖の袖を切ったとしても、色や柄が若い人向けで派手になり、20~30代前半くらいまでと限定されてしまいます。ですので、いかにも若い人向けで華やかな色柄の振袖になりますと買取金額が安くなってしまうのです。
地味めの振袖は査定額がやや高めに…
華やかな振袖とは打って変わって、落ち着いた色目の振袖ですと、帯や小物を使ってアレンジがしやすいため色々なコーデが楽しめます。また、色柄が地味になりますと袖を切り訪問着としても使えるため末永く活用することができますので、買取金額は比較的高くなる傾向にあります。
それと、地味な色柄ですと流行に左右されないという魅力があります。
振袖に帯や小物を付けると査定額が高くなる傾向に…
振袖のみを買取にだすのではなく、振袖に必要な袋帯や帯揚げ、帯締め、草履、バッグ、髪飾りなども一緒に査定にだすことで着物買取で高く査定して貰えることが多くあります。これは振袖だけの話ではなく、他の着物の場合でも同様です。着物はそもそも、帯や小物などと一緒に売る事が多くありますので、最初からセットで揃えてある場合のほうが着物買取の専門業者も買いやすくあります。
伝統工芸や有名作家の作品になると高額査定に…
人間国宝や伝統工芸といった有名な作家の作品になりますと、振袖や辻が花の絞りなどは高額査定が期待できます。ですが、人気の着物を持っていたとしても価値を知らずに捨ててしまう人も多くいます。もし、振袖をお持ちで置き場所に困っていたり手放したいと思っている人は、着物買取を専門にしている買取業者にお願いすることをおすすめします。

下記に振袖の着物買取における相場を紹介しています。振袖を売りにだすときの参考にしてみてください。

振袖の着物買取相場について?

高く買い取ってもらうためにきれいな状態であることは前提になりますが、ある着物買取の専門店では、中古で1万円~3万円後半、帯と襦袢の3点セットでの未使用品は5~6万円とされています。

また、老舗の呉服店で仕立てた振袖は反物や柄、仕立て方が全てにおいてレベルが高くありますので、未使用だとすれば2万円を超えてくる買取実績があります。呉服店名はブランドの一つとされますので、着物買取で高く買い取ってもらえるポイントになります。

着物買取の金額アップのポイントは、以下のようになります。

  • 振袖は華やかな柄が多く、流行に左右されやすいですが、老舗呉服店での仕立てになるとプラス査定になり得る。
  • 今は、身長の高い方が増えているので、サイズが大きいもの(とくに丈)は仕立て直しができるので人気がある。
  • 振袖を購入した際の襦袢や帯をセットにすると良い。
  • 振袖は「一点もの」が多く、有名作家によるものも多くあり、更に証紙があると良い。
振袖の種類 着物買取額(参考例)
作家手書き友禅+襦袢+帯セット(状態良好) 1万円台が中心で1万5千円超は最良
振袖のみ、無名のもの(状態良好) 数万円前半
老舗呉服店仕立ての振袖 単品だとしても、10万円を超えるものも

買取額の相場は、購入金額の1割程度がおよその目安となりますが、作家物で証紙や襦袢の有無で数万円の違いがでてきます。ですから、振袖と一緒に証紙やたとう紙を忘れずに振袖と合わせて着物買取で査定してもらうようにしましょう。

気になる着物買取業社の買取相場は?

スピード買取.jpでの着物買取相場(振袖)
  • 買取金額:97,000円

    成人式で着た鮮やかな色合いが特徴の振袖をはじめとした多数の着物買取がこの金額になりました。

  • 買取金額:173,000円

    千總の振袖をはじめ、加賀友禅の色留袖や辻が花訪問着といった高級着物ばかりで、高額な買取金額になりました。

  • 買取金額:65,000円

    長い間、大切にご愛用されていた振袖や和装品など複数枚が状態良好でしたので、この買取金額になりました。

  • 買取金額:103,000円

    有名な機屋の着物類や児玉博の万筋、さらに状態の良い振袖が多数あり、この買取金額になりました。

  • 着物買取でこれを知らないと数万円の差が!!