帯の買取相場っていくら?売れる帯の特徴はこうだった

帯の買取相場っていくら?売れる帯の特徴はこうだった

「使わなくなった帯があるけど、処分するにはどうすればいいか分からない」、そんな感じで帯の処分方法について悩んでいる人が多くいます。

失敗せずに高く売るためにどうすればいいのか、高値になりやすい帯の種類や買取相場について紹介しますので、参考にしてみてください。

帯の買取相場を知れば分かる!どこに売るのかが本当に重要

帯の売り先ですが、リサイクルショップやアプリ、呉服店、着物買取の専門店など、売るところはたくさん存在しています。

ですが、帯も着物と同様に査定が難しく、売り先を間違ってしまいますと本来の価値が反映されずに買い叩かれてしまう場合があります。そういった事情から売り先を間違うのはNGです。

リサイクルショップの買取相場は?

リサイクルショップの買取相場は?

帯が持っている本来の価値で買取価格を付けてもらいたいのなら、近場にあるリサイクルショップに帯を持ち込むのは避けましょう。

なぜかといいますと、リサイクルショップには着物の価値を判断できる査定員がいないからです。有名な産地や作家ものを査定にだしても相場よりもかなり低い買取価格を付けられてしまいます。とてももったいないことです。

そもそも、リサイクルショップでは帯だけの買い取りはしてもらえない可能性があります。着物とセットでないとリサイクルショップとしても買い取ったあとにお客に売りづらいからです。

労力をかけたとしても無駄足になる可能性があるため、おすすめできない売り先になります。

ネットオークションやフリマアプリの買取相場は?

ネットオークションやフリマアプリの買取相場は?

ネットオークションやフリマアプリのメリットとして、自分で価格を設定できることだと思います。ですので、リサイクルショップよりも高値で買い取りが成立する可能性があります。

ただし、デメリットも当然あります。オークションやフリマは、出品数が多いことから自分の出品が埋もれてしまいます。時間と手間をかけて出品したとしてもなかなか落札されないことが多いです。

価格づけは簡単ですが、そもそもオークションやアプリや相場よりも安く買いたい人たちが多いので、高めに価格を設定してしまうといつまでたっても落札されないということになりかねません。

そして落札されたあとも、「写真と違う!状態が悪い!」「思っていたものと違うから返品したい」といった具合にトラブルとなる場合もありますので、利用するには十分に注意が必要です。

着物買取の専門店の相場は?

着物買取の専門店の相場は?

帯が本来もっている価値に見合った買取相場を付けてもらえるのは、着物買取の専門店です。

近場に着物買取の専門店がない場合にどうすればいいの?と思う人がいるかと思いますが、今はネットを使った買い取りが主流になっています。着物買取の専門店は、基本的には店舗を構えていません。店舗にかかる家賃や人件費といった販管費をかけずに、浮いた分の費用を買い取りにまわせるから買取相場が高くなるのです。

では、どうすれば申し込めるのかといいますと、インターネット上にホームページがありますので、そこから申し込むことができます。

買取方法はいろいろありますが、宅配買取を使うことで全国どこでも着物を査定に出すことができます。そのため、近くに買取店がなくても帯をダンボールに詰めて送るだけで、簡単にプロの査定を受けることができます。

ちなみに送料や査定料、キャンセル料が無料なので、お金の心配をすることなく帯の買取価格を知ることができます。もし、買取価格に納得できなければ、帯を返してもらえます。当然、キャンセル料は無料ですが、1点だけ注意が必要です。返送にともなう送料ですが、自己負担になる場合がありますので、これは事前に専門店に確認しておきましょう。

宅配買取だけでなく着物買取の専門店には、出張買取という買取方法があります。目の前で査定をしてもらいたい人や商品を送るのは不安という人は、この出張査定を利用して帯を査定してもらうのもおすすめになります。もちろん、出張買取にかかる費用は無料になりますので安心して利用できます。

無料で査定!帯を高く売りたいなら着物買取の専門店!

査定費用が無料だから気軽に頼める!

満足価格!着物の買取【バイセル】

問い合わせは無料で簡単にできます

査定もキャンセルも全部無料!

着物の高額買取なら【買取プレミアム】

問い合わせは無料で簡単にできます

買取相場で高い帯とは

人気メーカー

人気の高いメーカーものの帯であれば、買取相場を期待することができます。人気のメーカーはいろいろありますが、中でも河合美術織物や山口美術織物、川島織物であれば、固定客もついており知名度も高いことから高これらのメーカーの帯で状態が良ければ、価格として20,000~80,000円くらいなので、高額の買取価格が期待できます。

人気メーカーの買取相場

鈴乃屋 ~10,000円
やまと ~10,000円
あぜくら(AZECRA) ~50,000円
佐波理綴 ~50,000円
山口美術織物 ~40,000円
河合美術織物 ~40,000円
龍村美術織物 80,000円
川島織物 ~80,000円

有名産地

上記の人気メーカーより高値になる可能性が高いのが、有名産地の帯です。たとえばでいいますと、奄美大島の大島紬、京都の西陣織、茨城の結城紬、沖縄の芭蕉布といった産地ものが該当してきますが、他にも人気の産地ものの帯はたくさんあります。

産地ものでもし、茨城の結城紬のように重要無形文化財に指定されている帯であれば買取相場を期待することができるでしょう。もちろん、その他の産地だとしても需要の高い帯になりますので、買取相場が期待できます。

相場として、結城紬で50,000~100,000円くらいに、芭蕉布で高いものになると200,000円という買取相場になることがあります。有名な産地ものの帯になりますと、その帯が本物だという証明してくれる証紙が付いてきます。この証紙を査定のときに一緒にだしましょう。そうすることで、買取相場が上がりやすくなりますので、帯を購入したときに付随してきたものは全てつけて査定をしてもらうようにしましょう。

有名産地の買取相場

牛首紬(手織り袋帯) 28,000円
西陣織 ~60,000円
博多織 ~100,000円

人間国宝や有名作家

高値が最も期待できるのは、人間国宝や有名作家による帯です。ものによっては、200,000円を軽く超えてくる買取相場になる場合があります。もし、お持ちの帯で、久保田一竹や龍村平蔵、羽田登喜男、北村武資、山口弘躬である場合は、需要の高い帯になりますので査定にだしてみましょう。

もちろん有名な作家や人間国宝の帯は、これ以外にもたくさんありますので、一度、査定に出してみることをおすすめします。

人間国宝や有名作家の買取相場

岡野武一郎 10,000円
足利忠義 18,000円
山口弘躬 28,000円
久保田一竹 ~250,000円
龍村平蔵 ~300,000円
羽田登喜男 ~300,000円
北村武資 ~330,000円
木村雨山 ~500,000円

帯の買取相場はいくらに

帯の種類はいろいろあり、素材やブランド、作者によって買取価格が変わってきます。ここでは、帯の種類ごとの買取価格を紹介します。

袋帯の買取価格

袋帯の買取価格

袋帯は多くの人に愛用されていることもあり流通量があって需要にばらつきがみられることから、価格としても開きがでてきます。買取価格として、下は20,000くらいからで、上は三桁を超えてくるようなものまであります。帯も着物と一緒で状態によって買取価格が大きく変わってきます。

袋帯とは

表にさまざまな柄があり、裏は無地や地紋入り

丸帯に代わって大正時代に考案されたのが、現在もっともポピュラーなフォーマル用の袋帯です。表だけに模様があり、裏は無地か地模様が織りだされています。

考案された当時は袋状に織られていたために、袋帯と名付けられましたが、今では表と裏を別々に織って両端をかがったものが主流になりました。この帯を縫い袋帯、袋織りのものを本袋帯とよんで区別することもあります。

袋帯の多くは金糸銀糸を使ったフォーマル、セミフォーマル用ですが、金銀を使わずに、あるいは控えめにして色糸を中心に模様を織りだしたものもあり、これを洒落袋帯と呼ぶようになりました。洒落袋帯は留袖や訪問着ではなく、紬や小紋などの洒落着や茶席用の付下げ、色無地、江戸小紋などに合わせます。袋帯も洒落袋帯も長さは同じなので、帯結びは二重太鼓になります。

仕立て方も進化し、かつて袋帯には、厚手の木綿の芯を入れましたが、今は薄い不織布の芯を入れたり、帯芯を入れずに仕立てることも。その分、結びやすく、すっきりとした仕上がりになります。

名古屋帯の買取価格

名古屋帯の買取価格

名古屋帯はお洒落用の帯ということもあり安価で手に入る物が多く、買取価格としては低めの設定になります。ただし、作家ものであれば高値になってきますので注意が必要です。買取価格として、下は数千円からで、上は三桁いく場合があります。

名古屋帯とは

袋帯より長さが短く、利用範囲が広い

女性の帯の中で、現在もっとも利用範囲が広いのが名古屋帯で、セミフォーマルからカジュアルまで幅広く対応してくれます。名古屋帯は大正時代に名古屋の女学校の先生が考案したために、この名前がついたといわれています。名古屋帯には、染め名古屋帯と織り名古屋帯があります。

染め名古屋帯は、塩瀬や縮緬、紬地などに、手描きや型染め、絞り染めなどで、模様を染めだしたもの。季節感のある模様が多く描かれ、刺繍や絞りを組み合わせたものなどもあり、小紋や紬に合わせるとよくなじみます。

一方、織り名古屋帯は、袋帯に近い織りの品格を持ちながらも一重太鼓に結ぶため、袋帯より気軽に締められます。格の高い模様を織りだした織り名古屋帯は、付下げや色無地、小紋、上等な紬などに合います。

名古屋帯の帯地は着物の反物のように、巻いた形で販売されています。幅は九寸(約34センチ)、長さは1丈2尺2寸(約4メートル63センチ)以上です。このままでは締められませんので、仕立てが必要になります。

仕立て方には大きく、「名古屋仕立て」「松葉仕立て」「額縁仕立て」があります。もっとも一般的なものは「名古屋仕立て」で、帯地のたれにする部分を1メートルほど折り返してお太鼓の裏にして、先から胴二巻き分を半分の幅に折り(半幅にする)、中に帯芯を入れて仕立てたものです。

どの仕立て方にするかは好みですが、背の高い方は帯幅を自由に変えられる「松葉仕立て」や「額縁仕立て」のほうが、体型に合った帯結びができます。呉服店などで仕立てを依頼するときに、好みの仕立て方があれば希望を伝えましょう。

半幅帯の買取価格

半幅帯の買取価格

半幅帯はカジュアル用の帯になり、浴衣やウールの着物に合わせられることが多いです。買取価格としては高くても5,000円くらいになります。ものによっては、買取不可とされてしまう場合もありますので注意が必要です。

半幅帯とは

帯結びが楽にできる幅の狭い帯

帯の歴史をたどると、着物を着るために腰に巻いた紐に行き着きます。時代とともに紐から帯幅が少しずつ広くなり、次第に装飾的な要素が強くなって今に至っています。現代は帯幅が八寸(約30センチ)になるように仕立てた帯が主流ですが、ほかにもいろいろな幅の帯があります。

中でも広く用いられているのは、帯幅を半分の約15〜17センチにした半幅帯です。長さは決まっていませんが、約八尺五寸(3メートル22センチ)以上が標準です。

半幅帯にもさまざまな種類があります。浴衣用は貝の口や文庫など、簡単な帯結びで気軽に締められます。普段着用は博多織などの絹素材のほか、紬や木綿も。これ以外に訪問着や付下げに向く錦織や唐織で織られた豪華なものもあり、パーティに最適です。

帯の買取価格が高値になる大事なポイント

帯だけじゃなく着物にも同様に適用することができますので、下記のポイントを覚えておいてください。覚えておくことで、帯に対する日頃の扱いが変わってきます。日々のおこないによって帯の状態を良いままで保つことができ、高額買取に繋がってきます。

綺麗な状態を保つ

買い取りの基本ですが、帯の状態が綺麗であればあるほど買取価格も高くなります。シミや汚れに気を付けるのはもちろんですが、虫食いや変色も気をつけるようにしましょう。

もし、汚れたと感じたのなら、保管する前にクリーニングに出すことは有効です。すぐには売らないという人でも、普段から保管状況を気にすることで、いざ売りにだしたときに高値になる可能性が高くなります。

シミ抜きや修繕は程度による

もし帯に、シミや汚れ、ほつれが発生している場合だったら、何もせずそのままの状態で査定を受けるほうがいい場合があります。綺麗な状態のほうが当然、高値になるのは間違いありませんが、補修をすることによって風合いが違ってきたり状態が悪化してしまう可能性があります。そうなりますと査定としてはマイナスになり買取価格が低くなってしまいます。

ですので、ご自身で汚れを落としたり、補修をするのはやめましょう。

プロにお願いをして補修する場合、状態にもよりますが、そこそこの金額がかかってきます。直した分の費用を回収できるくらいの買取価格になればいいですが、まずは査定をしてみてから判断しても遅くはありません。

状態が良いうちに査定する

着物や帯は経年劣化するもので、保管する期間が長くなればなるほど買取価格としては低くなってきます。ちなみに、着物の旬としては購入してから10年といわれています。

購入して10年以上経過していない帯であれば、買取価格としても期待ができます。もちろん、10年以上たっている古い帯だとしても状態が良ければ買取価格としても狙えるものがたくさんあります。

まとめ

着物買取の専門店ですと、帯だけを買い取っているお店はたくさんあります。着物と同様に、状態はもちろんブランドや作家といった様々な条件によって買取価格が決まってきます。保管状態が良い帯なら高く売れる可能性は十分あります。

インターネット上におすすめできる着物買取の専門店があります。そこであれば、宅配買取はもちろん、出張買取もあります。買い取りにかかる費用は当然なく、無料で利用することができます。

まずは、査定を受けてみて納得できる買取価格だったら売りにだすようにしましょう。もし、納得ができないようでしたら、キャンセルも可能です。もちろんキャンセルしても費用はかかりませんから、安心ですね。

おすすめの着物買取の専門店

もし、専門店を選ぶのに迷うようであれば、おすすめの着物買取の専門店がありますので、参考にしてみてください。着物買取の専門店の中でも、特に人気が高く買取実績の豊富な専門店になります。

着物の出張買取なら【バイセル】

メインキャラクターに坂上忍さん起用しているバイセルですが、特徴としましては、日本全国で出張買取をしているところではないでしょうか。また、場所によっては、申し込んでから最短30分で査定が受けられることも可能です。女性の査定員を指名できるのも嬉しいサービスです(※お客様が女性の場合のみ)。
出張エリアでない場合でも、宅配買取に対応していますので安心してください。

査定費用が無料だから気軽に頼める!満足価格に自信!

買取方法 出張買取/宅配買取/持ち込み買取 出張・査定料 無料
査定時間 30分前後 支払方法 その場でお支払い
対象地域 日本全国 キャンセル クーリングオフ制度あり

満足価格!着物の買取【バイセル】

▼出張&査定費用完全無料!!▼

※申し込みは1分で完了します

高価着物買取の専門店【買取プレミアム】

毎月10,000件以上のお問い合わせがあるとても人気な買取プレミアムですが、特徴としましては、名前にあるとおり買取価格にプレミアムをだすことに注力しているところではないでしょうか。
出張買取、宅配買取、持込買取と都合に合わせて買取方法が選べて買取価格が高くなるなら使わない手はないですよね。

査定もキャンセルも全部無料!着物買取で高額買取なら!

買取方法 出張買取/宅配買取/持ち込み買取 出張・査定料 無料
査定時間 30分前後 支払方法 その場でお支払い
対象地域 日本全国 キャンセル クーリングオフ制度あり

着物の買取プレミアム

▼出張&査定費用完全無料!!▼

※申し込みは1分で楽々完了♪