着物レンタルのメリットと相場

そもそも着物を着る時に心配になるのが、何を用意したらいいの?ということになるかと思います。もちろん、着物を普段からよく着るという人にとっては、何を用意するかは想像できるかと思います。ですが、初めてや数回くらいになりますと、いつも着物を着ているわけでもないから、あれもこれも必要といわれた場合には、ひょっとしたら、面倒くさいって思ってしまうかもしれません。

そこで、便利なサービスとして利用してもらいたいのが、着物をレンタルするという選択肢になります。レンタルショップには、着付に必要な小物はもちろんですが、着付けを便利にするウエスト補整やさらし、マジックベルトなども揃っているところもあります。

着物レンタルのメリットやデメリットはもちろん、レンタル料の相場を併せて紹介します。

着物レンタルのメリット

価格が安い
当然ですが、レンタルする場合と購入する場合とでは、価格が大きく違います。レンタルのほうが断然安いです。価格の部分は、着物をレンタルするときの最大のメリットではないかなと思います。
振袖でいいますと、そう何度も着ることはないかと思います。こういった場合には、レンタルのほうがお得になるかと思います。
色や柄を気分で選ぶことができる
洋服とは違い何度も着物を購入するということは難しく、そのため同じ着物を何度も着ることになります。レンタルの場合は、その都度、気分に合わせて毎回違った着物の気分を味わえます。楽しさが本当に広がります。
着物の保存やクリーニングについて考えなくていい
着物を購入すると、着たあとにはシミや汚れを防ぐためにもクリーニングが必要になってきます。シミや汚れがありますと着物の価値が大きく下がってしまいます。それに比べレンタルであれば、着たあとにそのまま返すだけです。保存がない分、手間がかからず、そしてクリーニングもないのでとても簡単です。

着物レンタルのデメリット

生地や色合いなどが思っていたのと違うこともある

インターネットで着物をレンタルする場合は、当然ながら着物を実際に触ったり見たりすることはできません。インターネットに表示された画像だけを見て選ぶことになります。そのために色合いはモニターに依存してしまうので、実際の着物と違ってしまうことがあります。また着物が届いてみないと生地の手触りがわかりません。

インターネットによるショップの信頼度がわかりにくい

店舗に行き直に着物をレンタルするのであれば、お店の対応や店構えなどを見ることが出来ますので、その店が信頼できかどうかは実感でわかります。

インターネットのお店になりますと、画面だけで判断する必要があります。そのお店が信頼できるかどうかは、判断しにくくあります。

着物は購入するよりもレンタルすることで、簡単にそして、手軽に着ることができます。

・結婚式

結婚式が着物をレンタルする機会として一番多いのではないでしょうか。そもそも、七五三や成人式ですと一度しか機会はありませんが、結婚式の場合は、家族はもちろんのこと友人や親族といった感じで、機会がたくさん訪れます。訪問着を持っていたとしても、親族の結婚式は黒留袖を着ることになります。ですが、そもそも黒留袖を持っていない人が多く、レンタルする人が増えています。

結婚式に着る着物で未婚女性の場合は、振袖を着ます。振袖は、未婚女性の最高格の第一礼装として位置づけられています。既婚女性は、ゲストとしての参列ですと訪問着を着ることになります。

結婚式に着る着物のレンタル料の相場は?

結婚式に着る着物をレンタルしますと、料金としては約3万円くらいが相場とされています。ドレスをレンタルするときには約1万円程度になりますので、比べると少々高くあります。

ですが、1万円程度の料金で手軽に着物をレンタルできる店が最近増えてきています。結婚式は、その日だけのイベントなので、こだわる必要もあまりないともいえます。

・葬式

親族でないかぎり、喪服を着る必要がなく、黒のフォーマルで問題ありません。親族として参列する場合ですと、女性はやはり洋装よりも和装の方が好ましくあります。

その際の喪服は、葬儀屋さんでもレンタルすることができます。ですが、料金が割高になる可能性が高いので、インターネットでのレンタルショップをおすすめします。

喪服のレンタル料の相場は?

喪服のレンタル料金としては、1万5千円2万円くらいが相場になります。これはあくまでも相場ですので、良いものを選びますと、当然それ以上の金額になってきます。

・七五三

七五三は、子供に着物を着させるイベントになります。子供はすぐ大きくなりますので、そのとき購入した着物を後々に着るということができません。そうしたことを踏まえますとレンタルすることをおすすめします。

子供が着物を着ていて、親が洋服というのもバランス悪く見えるかもしれません。母親の場合は特に、子供に着物を着せるのでしたら、合わせて着物を着るというのも素敵なことでしょう。

七五三に着る着物のレンタル料の相場は?

七五三のレンタル料としては、3歳女児ですと7千円8千円くらいで、5歳男児ですと9千円1万円になり、7歳女児ですと9千円1万2千円くらいの相場になりそうです。これらは素材がポリエステルの場合の相場になりますので、素材が正絹になりますと2万円4万円くらいが相場になってきます。

・成人式

一生に一度のイベントが成人式で、特に女性の場合は、振袖を着たいと願うものです。ですが、振袖の購入を考えたとき、平均的な品だとしても15万円~20万円くらいかかってきます。

一生に一度のイベントだし!、これから何度も振袖を着る!という人でしたら別ですが、そうでない場合は、レンタルで済ませる人が多くいます。

成人式に着る振袖のレンタル料の相場は?

成人式に着る振袖のレンタル料としては、平均的なもので3万円5万円くらいの相場になりそうです。もちろん、安いものを探せば2万円~3万円といったものもありますし、良いものは5万円~10万円になってきます。

ですがこの料金相場は、成人式の前年の10月までにレンタルの注文をしたときの話になります。これが11月以降になってきますとレンタルの予約が集中してくるために、レンタル料金が約1万円~2万円アップしてしまいます。そういったことから事前準備がとても大切になってきます。成人式の着物をレンタルするのでしたら、10月までに予約するようにしましょう。

・親として参列

こどもの入学式や卒業式に親として参列する場合に、着物は他との違いもでて見栄え良くあります。その場合の着物としては、訪問着がよいでしょう。

訪問着のレンタル料の相場は?

訪問着のレンタル料としては、1万5千円2万5千円が相場になってきます。

・自分の卒業式

卒業式に、振袖と袴で参列するのが定番になっています。その学校での卒業式は一生に一度のことになりますので、できることでしたら着物を着たいものです。

振袖と袴をセットでレンタルするときには、一般的なものを選んだとして4万円5万円が料金の相場になってきます。安いものになりますと2万円~3万円、良いものですと100万円以上するものまであります。

成人式で振袖をすでに購入していて、袴だけをレンタルすることもあると思います。この袴のレンタル料の相場としては、8千円~1万2000円くらいになってきます。ただしこれも、成人式のときと同様で、卒業式のシーズンになりますと予約が集中します。そうなりますと、どうしてもレンタル料は高騰していきます。レンタルを考えている場合には、早め早めで注文することをおすすめします。

・カジュアルなお食事会等

カジュアルなお食事会やイベントに、着物で出かけるのは素敵なことです。その場合は、小紋や色無地・紬などを選ぶことをおすすめします。この場合のレンタル料としては、1万円2万円が相場になってきます。

・フォーマルなパーティー

親族以外での知人や友人といった結婚式や挨拶まわり、お茶会やパーティーなどに参列する場合には、訪問着を着ることがマナーになります。

訪問着のレンタル料金としては上記にもありますように、1万5千円2万5千円が相場になってきます。

・観光など

京都や浅草など観光地で着物を着るのは、街の雰囲気に合っているのもありますが、気分を変えることもでき、より観光することが楽しいものに変わるかと思います。この場合、色無地や小紋、紬などをおすすめします。レンタル料の相場としては1万円2万円程度になるかと思います。