赤系の日本の伝統色

赤系の伝統色

ひと口に赤といっても、赤の中にもさまざまな色相があります。赤の象徴でもある「火、陽、血」は人間にとって生命の根源をイメージすることができ、そのため神聖な色でもありました。

朱色

朱色

朱色は、赤系の色の中で代表的な色になります。わずかに黄色がかる鮮やかな色は、輝く太陽の色ともいわれます。日本では縄文時代の頃から使われていて、古墳の壁画に見られる朱色が古代の赤色の美しさを伝えており印象的な色になります。
紅色

紅色

紅色は紅花を使って染めます。原産地としてはエチオピアからエジプトあたりになり、紅花はキク科の植物です。黄赤の花を夏に咲かせて、その花びらが紅色の染料になります。紅花はまず中国に伝わり、そこから日本に伝来してきました。
桜色

桜色

桜色は、日本人には最も馴染みある色です。咲きそろった満開の桜で、ほんのりと色づいたものを桜色と呼びます。かつては山桜のごく薄い桃色を桜色と呼び、今では染井吉野の花の色をこの名で呼びます。
橙色

橙色

明るい黄赤色になり、橙になる実の表皮から名づけられたものになります。橙はミカン科の常緑小高木になりインドやヒマラヤ原産で、樹高として3メートルにもなり、初夏に白い小さな花をつけます。
猩々緋色

猩々緋色

猩々緋は虫から採った染料で、鮮やかな黄色みがかった赤色になります。日本にやってきたオランダ人やポルトガル人によってもたらされた数々の珍品の中に、鮮やかな深紅の毛織物がありました。それが猩々緋と呼ばれていました。
臙脂色

臙脂色

臙脂は「燕支」とも書き、中国にある燕支山に咲く紅花を何回も染めて重ねることで濃い色をだしたという説があります。色素を沈殿させることで真綿に染み込ませたものを燕支と呼んでいました。

紅色ができるまで

紅花の花びら乾燥させ、それを一晩水に浸しておき、翌朝にざるですくい押し搾ると、濁った黄色の色素が汁となって流れ出ます。これを七回ほど繰り返して、花びらから黄色い汁が一滴も出なくなるまでおこないます。

藁灰から灰汁を作り、紅の色素を抽出するために使います。藁を燃やして、黒灰の状態で止めます。樽に藁灰を入れて、熱いお湯を上から注ぎ入れます。それを二日間寝かせることで、強いアルカリ性の灰汁ができ上がります。

藁灰から作った灰汁に入れて、紅の色素を採取します。この灰汁の中で乾燥させた花びらを両手で半時間ほど強くもみますと、花びらから色素が出ます。

灰汁の中でよくもみ紅花の花びらを絞ることで色素を抽出します。そして最後に搾り機にかけて押し搾ることで、貴重な色液を最後の一滴まで無駄にせずに抽出します。こうして得た染料を使い糸を染めます。

赤系の着物は着物買取でいくらになるのか

お持ちの着物を売りに出すときに気になるのが買取額になるかと思います。赤系の着物で多いのが、振袖や訪問着かと思われます。それらの着物を着物買取にお願いしたときの買取相場や査定額が高くなるポイントを紹介します。

着物の状態が良いと買取価格に期待

振袖や訪問着といったお持ちの着物の状態が良い場合は査定額が高くなりやすく、状態が悪い場合は査定額は低くなりやすくあります。たとえ査定額が高値になりやすい作家ものや有名産地ものであったとしても状態が悪ければ、査定額が下がってしまいます。お持ちの着物の価値を下げないためにも、できるだけ状態を保つためにも着た後のお手入れや保管についてケアを十分に注意するようにして、状態を保つようにしましょう。

証紙の有無は着物買取でとても大切

着物買取の査定で着物の証紙があるかないかはとても重要です。なぜかといいますと証紙は、お持ちの着物の産地や品質を証明してくれるものになるからです。そういった事情からこの証紙の有無は査定額に直接関わってきますので、とても大切です。

売る時期も重要

着物は、種類も豊富にあり柄や雰囲気、素材によって変わってきます。そこでおさえておきたいのが季節に合わせるという方法です。季節に合わせた着物を需要が高くなる時期に売りにだすといいでしょう。例えばでいいますと、気温が高くなってくると着物の素材も厚地のものから薄地のものが好まれます。こういったことを踏まえ涼しげな印象を与える白の紬を早春から初夏の頃に査定へ出すようにすると需要も高くなり査定額としても高くなる可能性があります。もし大量の着物を売るのでしたら別ですが、数枚でしたら売りにだす季節を考え着物買取の依頼をだすようにしましょう。

有名なものになると買取相場は数万円に

振袖や訪問着の買取相場としては、状態の良いものですと約3万円後半くらいになってきます。どちらの着物も需要が高く多くの買取店が対象としてますので買取としても他の着物より高くあります。

着物買取の査定額には注意する点があります。買取の特性でもありますが、明確にいくらになるとは言えないところがあります。なぜかといいますと、着物をしっかり査定してみないとどのくらいの価値なのか分からなくあります。専門店のHPなどを調べてみれば分かりますが、ほとんどの専門店が着物買取における査定額を表示していません。一概にいくらと言えない現状があるからです。ですので、あくまでも掲載されていたとしても参考値として考慮するようにしましょう。

下記にある買取実績は、私がおすすめする着物買取の専門店の買取額になります。売りにだすときの参考にしてみてください。

  • 買取金額:97,000円

    鮮やかな色合いの振袖をはじめ複数枚の着物でこの買取金額になりました。

  • 買取金額:65,000円

    大切に保管されていた振袖や和装品類ですが全て状態が良好なのでこの買取金額になりました。

  • 買取金額:103,000円

    状態の良い振袖や有名作家の着物が含まれこの買取金額になりました。

  • 買取金額:82,000円

    上質な振袖や帯などが複数枚ありこの買取金額になりました。

無料で査定!着物を高く売りたいなら着物買取の専門店!

着物買取の査定額には幅が

先程も述べましたが着物買取は買取金額を表示している専門店はあまりありません。ですから着物買取の相場を掴みづらいとは思います。着物の査定は、傷がないかシミや汚れがないか状態をきっちりと見ておこなわれますので、状態によって査定額に幅がでてきます。お持ちの振袖や訪問着の状態が良いものであれば、高額査定が期待できるでしょう。

着物買取のお店について

また、サービスが充実しているのもポイントになります。客のことを考えてできたサービスですので、着物買取の手続きがスムーズに進みます。このサービスが良くないお店ですと、気持ちよく着物の買取をしてもらえない可能性があります。着物買取をトラブルなく終えることができるのは重要なポイントです。これらのポイントを満たすお店は世の中にいくつかあると思いますが、おすすめしたい着物買取の専門店があります。

おすすめする理由として、様々な着物を買い取っています。そのため着物全般に精通していて、たとえ無銘の着物だとしても高値で買い取りをしてくれることがあります。また、サービスに関わる費用が全て無料なので、気軽に査定を依頼することができますし、査定額に納得できなかった場合も、キャンセル料が無料になります。

着物買取での評判が高い専門店になり、それぞれに強みがありますが、どちらもサービスの質や査定に対して期待できますのでお店選びの参考にしてください。

着物の出張買取なら【スピード買取.jp】

メインキャラクターに坂上忍さん起用しているスピード買取.jpですが、特徴としましては、日本全国で出張買取をしているところではないでしょうか。また、場所によっては、申し込んでから最短30分で査定が受けられることも可能です。女性の査定員を指名できるのも嬉しいサービスです(※お客様が女性の場合のみ)。
出張エリアでない場合でも、宅配買取に対応していますので安心してください。

査定費用が無料だから気軽に頼める!満足価格に自信!

着物買取の最大手【スピード買取.jp】

高価着物買取の専門店【買取プレミアム】

毎月10,000件以上のお問い合わせがあるとても人気な買取プレミアムですが、特徴としましては、名前にあるとおり買取価格にプレミアムをだすことに注力しているところではないでしょうか。
出張買取、宅配買取、持込買取と都合に合わせて買取方法が選べて買取価格が高くなるなら使わない手はないですよね。

査定もキャンセルも全部無料!着物買取で高額買取なら!

高額買取を期待するなら【買取プレミアム】