着物買取の値段は?どのようにして決まるのか!

bed-souba

着物買取にて着物を売りたいと考えている人は、当然少しでも高く売りたいと思うでしょう。着物買取の値段やその値段が決まる要因を把握することで有利に交渉できかと思います。着物を売りにだすときに参考にしてもらえればと思います。

着物買取の査定は以下のポイントを確認して値段を決めていきます。

  • 伝統工芸品や作家物を証明する証紙の有無
  • 汗ジミや汚れといった着物の状態
  • サイズの大きさ
  • 流行のデザインや柄、色
  • 箱やたとう紙といった付属品の有無

着物買取の専門店に所属する査定員は、上記に挙げたポイントを中心に着物を確認していきます。それ以外のポイントとして帯留や草履、和装バックといった和装の小物も合わせて売りにだすと査定額の値段も上がります。

着物買取の専門店における買取相場

着物の買取相場は、着物の種類や状態、証紙の有無など様々な要因によって変わってきますが、平均的な相場として着物を複数枚を売りにだしたときの相場は以下のようになります。

人間国宝の作品 20万円以上40万円未満
伝統工芸品 20万円以上40万円未満
黒留袖・色留袖 15万円以上35万円未満
振袖 15万円以上30万円未満
訪問着 10万円以上20万円未満
小紋 6万円以上10万円未満
4万円以上10万円未満

この値段はあくまでも査定額の目安になります。あなたの着物がいくらになるのか、どんな値段になるのかは、実際に着物を1点1点査定してもらうまでは判断できません。そういった事情もありますので、まずは着物買取の専門店に査定を依頼しましょう。

着物買取の値段は格で変わる

着物買取の査定額の値段は着物が持つ格によって大きく変わります。格の高い訪問着や振袖といった着物は、正式の場でも着る機会の多いため値段としても高額になりやすくあります。それ以外にも下記のものは高額査定になりやすい着物になります。

・人間国宝や伝統工芸品
地域独特の伝統製法を施した産地物である大島紬や牛島紬などは査定額の値段も高額になりやすくあります。伝統的な製法で織られた正絹の紬になりますと、とても希少価値が高い作品になります。そして、人間国宝が織った作家物と呼ばれるものや人気デザイナーとコラボした伝統工芸品になりますと価値が高くなり、日本だけでなく世界中で人気が高い着物になります。そういった事情から作家物や産地物の着物は高額買取になる可能性が高いです。
・有名作家物
着物を織る作家には世界でも有数な人がたくさん存在します。有名作家物になりますとそれだけでプレミアムになり、またその名前が世界に伝わっていますので日本だけの値段ではなく世界的な値段になりやすくあります。有名作家物は価値が高くネームバリューもあるので需要が高く着物買取の専門店の評価も期待できるでしょう。
・それ以外
着た回数が少なく着物の保存状態が良い場合は、値段として高めになることを期待しやすくなります。また、振袖や訪問着になりますと着る機会が多い着物なので需要が高く買取額が高くなります。

着物買取の査定額の値段が決まるのは

・着物の保存状態や頻度
実は、着物の保存状態や着た頻度が与える着物買取の査定額に与える影響としては微々たるものです。ただし、これは着物の状態が綺麗ということが前提の話です。ですから、極端に汚れがひどいものやあまりにも古くヨレがひどい着物になりますと査定ができない場合があります。
・着物の人気
人気の有無は買取額に影響がでてきます。たくさんの人から支持される着物としてはシンプルでいて派手過ぎない色使いの着物です。たとえば友人の結婚式に着る振袖の場合は、結婚式が華やかな場所になりますので着物としてもある程度の派手さが大切ですが、あまりにも派手過ぎますと新郎新婦より目立ってしまいますので気をつけましょう。
・サイズ
着物のサイズも大事になり、身丈や裄丈が小さすぎる着物になりますと需要が極端に低くなります。小さい着物を仕立て直したとしても、サイズそのものを大きくすることができないからです。逆に大きい着物ですと、仕立て直すことで現代の日本人に合った大きさに合わせることができ、重要が高くなります。着物買取で査定額の値段が高くなるサイズの、身丈160センチで裄丈65センチ以上となります。
・市場の価格
着物の買取価格は市場での需要と供給によって決まってきます。多くの人が欲しいと感じる着物は買取価格の値段が高くなりやすくあります。着物買取の値段は市場での販売価格に大きく影響されます。よく言われるのが着物の購入価格の20%くらいが査定額の目安とされています。これはあくまでも目安であって需要や着物の状態によって前後しますのでご注意ください。
・販路の数
お店が持っている販路も着物買取の値段に影響を与えます。例に出すと、地域密着のリサイクルショップで着物買取をおこなっていたとします。そのお店に来るのはその地域に住んでいる人になり、その着物を買い取ってそのお店に来るお客さんに売るわけです。これが一般的なリサイクルショップの販売方法であり買取方法になります。
一方、インターネットを使って無店舗経営のお店になりますと、お客の対象がインターネットの利用者になります。全国各地から着物を売りたいと問い合わせが来ますので、それを買い取ってるわけです。そして、日本だけでなく世界中の人が購入できるよう自前のサイトを運営しておりそこで着物を販売しています。着物の売買で取り扱う量が圧倒的に違ってきますし、着物を欲しいと思うお客の需要を満たすことができます。インターネットを上手に使うことで、その地域の人たちだけでなく多種多様な人たちと売買することができるので販路の数は買取価格の値段に大きな影響を与えるわけです。
・住んでいる地域が与える影響
地域によっても査定額の値段が異なってきます。着物を着る人が多く着物の需要が高い地域ですと販売価格が高くなりますので、査定額の値段も高くなります。ただしこの値段は、その地域で売買をしているリサイクルショップや古着屋等が該当します。インターネットで展開している着物買取の専門店は、販路が多数ありますので地域での買取価格の差はほとんどありません。

買取不可能な着物は?

着物買取の専門店であれば、基本的にはどんな着物であっても買い取りをしてもらえます。ですが、まれに買い取りが不可になるケースもありますので、どういう着物が不可になるのか紹介します。

・浴衣
浴衣の素材としてポリエステルになり一般的には洗える着物として分類されています。浴衣は新品で未使用品ですと買い取りが可能になりますが、中古になりますと買い取りは難しくなります。なぜかといいますと、そもそも浴衣自体の販売価格が1万円以下で購入できるため、中古を購入するのではなく新品を購入する人が圧倒的に多くいます。そして、夏の着物ということもあり着れる期間が限定されているのも難しい要因の一つになります。
・喪服
元々喪服は、遺族が着る着物でしたが、最近になり喪主だけが喪服を着るという事例が増えてきました。それに伴って喪服を着る機会が減少しており、喪服を必要とする人がとても少なくなっています。こういった事情から喪主の時だけレンタルをすればいいというのが一般的になりつつあるのも大きな要因になります。ですので、喪服を着物買取に出すときには、他の着物とセットにして売りにだすと良いでしょう。
・ヨレヨレやシミや汚れがある着物
ヨレヨレの着物になりますと着物クリーニングに出す必要がありますので、手間がかかりまたクリーニング費用が発生します。その費用を値段に乗せる必要がでてくるため査定額を高めに設定することが不可能になってきます。着物買取の専門店によっては、状態が酷すぎる場合には買い取りが不可ということになる場合があります。

私がおすすめする着物買取の専門店

着物買取の値段や買取相場が決まる要因について紹介しましたがこれは要因であって、売りたい着物の買取金額は実際に査定してもらうまでは正確に分かりません。私がおすすめする着物買取の専門店ですと、サービスに関わる査定料や手数料といった費用が完全無料で対応してくれます。着物買取で評判の高い専門店で、それぞれに強みがありますが、どちらも高額査定が期待できますのでお店選びの参考にしてください。

着物の出張買取なら【スピード買取.jp】

メインキャラクターに坂上忍さん起用しているスピード買取.jpですが、特徴としましては、日本全国で出張買取をしているところではないでしょうか。また、場所によっては、申し込んでから最短30分で査定が受けられることも可能です。女性の査定員を指名できるのも嬉しいサービスです(※お客様が女性の場合のみ)。
出張エリアでない場合でも、宅配買取に対応していますので安心してください。

高価買取専門の【買取プレミアム】

毎月10,000件以上のお問い合わせがあるとても人気な買取プレミアムですが、特徴としましては、名前にあるとおり買取価格にプレミアムをだすことに注力しているところではないでしょうか。
出張買取、宅配買取、持込買取と都合に合わせて買取方法が選べて買取価格が高くなるなら使わない手はないですよね。