袋帯の買取価格は?着物買取で帯は売れるのか?

袋帯の買取価格は?着物買取で帯は売れるのか?

着物買取で袋帯を売りにだしたら価格はいくらに?

袋帯の主な使い方として、丸帯の代わりに礼装・略礼装として使われています。使う機会が特別な場面になりますので、袋帯をタンスの肥やしとしている人も多いかと思います。せっかくの袋帯が肥やしになっているのは、とても勿体無いです。

袋帯は、合わせる着物も訪問着や振袖など幅広く使えますし、帯としても名古屋帯より高く買い取ってもらえる場合が多くあります。そういった事情から処分してしまったりタンスの肥やしにしてしまうのは、ただただ勿体無いことです。

そこでおすすめしたいのが、着物買取の専門店にお持ちの袋帯を売りにだしてみましょう。そして、次に気になるところが、袋帯がいくらになるのかだと思います。

袋帯の買取価格はいくらに?

袋帯は、表と裏で違う布を使い仕立てられる帯です。名古屋帯は生地一枚で作られ、比べてみますと袋帯のほうが重厚感があります。そして、袋帯には、金糸や銀糸を用いた礼装用だけではなく、洒落袋帯といって金糸や銀糸を使わず色糸だけを使ったものになり、普段の着物に合わせることができます。多種多様の袋帯が出回っていますので、買取価格としても幅広くなっています。

着物買取で価格が高値になる帯

高値が期待できるのは以下のような帯になります。

  • 有名作家さんの帯
  • 有名な織元で、証紙や落款等がある帯
  • 仕立てられて10年以内の新しい帯や未使用の帯

これらの条件を満たしている帯になりますと、数万円の買取価格になることがあります。有名な作家ものや織元ですと、帯の裏地に落款などが多くあります。もし、お持ちの帯で裏地に何かしらの記載があれば、高値で買い取ってもらえる可能性が高くあります。

今、人気なメルカリやYahoo!オークションといったフリマアプリやオークションサイトにて袋帯を売りにだすと、だいたいですが平均1万円程度の買い取りがされているようです。最安値として1円というのもありますが、買い取りの幅が非常に広く、いくらになるかは需要やタイミングに左右されるかと思います。

もちろんこの買取価格はあくまで目安にすぎません。袋帯をなるべく高値で売りたいと思うのなら、袋帯が持つ価値をきちんと判断できる着物買取の専門店に無料で査定に出してみることをおすすめします。ここが大事なポイントですが、まずは査定に出してみて、買取価格に満足できるようなら売るようにしましょう。

下記にある買取実績は、私がおすすめする着物買取の専門店の買取価格になります。売りにだすときの参考にしてみてください。

買取価格:72,000円
大場松魚の袋帯が含まれており着物類も状態が良いのでここまでの買取価格になりました。

無料で査定!着物を高く売りたいなら着物買取の専門店!

袋帯を高値で売るコツ

これは着物と同様になりますが、袋帯を着物買取の専門店で高く売りたい場合は、状態が良いものというのが前提になってきます。そのうえで、袋帯の価値が分かるプロに査定してもらいましょう。ネットオークションやリサイクルショップですと、運が良ければ高値になる可能性もありますが、もし外してしまいますと、袋帯が持つ価値を判断することができず安値になり買い叩かれてしまう可能性が高くあります。賭けにでるよりも、まずは袋帯が持つ価値をしっかりと把握したうえで、納得して売るようにしましょう。

袋帯の価値は、当然素人には分かりませんのでプロに任せるのが一番です。

袋帯が着物買取で高値になるお店

着物買取の専門店について

サービスが充実しているのもポイントになります。客のことを考えてできたサービスですので、着物買取の手続きがスムーズに進みます。このサービスが良くないお店ですと、気持ちよく着物の買取をしてもらえない可能性があります。着物買取をトラブルなく終えることができるのは重要なポイントです。これらのポイントを満たすお店は世の中にいくつかあると思いますが、おすすめしたい着物買取の専門店があります。

おすすめする理由として、様々な着物を買い取っています。そのため着物全般に精通していて、たとえ無銘の着物だとしても高値で買い取りをしてくれることがあります。また、サービスに関わる費用が全て無料なので、気軽に査定を依頼することができますし、買取価格に納得できなかった場合も、キャンセル料が無料になります。

着物買取での評判が高い専門店になり、それぞれに強みがありますが、どちらもサービスの質や査定に対して期待できますのでお店選びの参考にしてください。

着物の出張買取なら【バイセル】

メインキャラクターに坂上忍さん起用しているバイセルですが、特徴としましては、日本全国で出張買取をしているところではないでしょうか。また、場所によっては、申し込んでから最短30分で査定が受けられることも可能です。女性の査定員を指名できるのも嬉しいサービスです(※お客様が女性の場合のみ)。
出張エリアでない場合でも、宅配買取に対応していますので安心してください。

査定費用が無料だから気軽に頼める!満足価格に自信!

買取方法 出張買取/宅配買取/持ち込み買取 出張・査定料 無料
査定時間 30分前後 支払方法 その場でお支払い
対象地域 日本全国 キャンセル クーリングオフ制度あり

満足価格!着物の買取【バイセル】

▼出張&査定費用完全無料!!▼

※申し込みは1分で完了します

高価着物買取の専門店【買取プレミアム】

毎月10,000件以上のお問い合わせがあるとても人気な買取プレミアムですが、特徴としましては、名前にあるとおり買取価格にプレミアムをだすことに注力しているところではないでしょうか。
出張買取、宅配買取、持込買取と都合に合わせて買取方法が選べて買取価格が高くなるなら使わない手はないですよね。

査定もキャンセルも全部無料!着物買取で高額買取なら!

買取方法 出張買取/宅配買取/持ち込み買取 出張・査定料 無料
査定時間 30分前後 支払方法 その場でお支払い
対象地域 日本全国 キャンセル クーリングオフ制度あり

着物の買取プレミアム

▼出張&査定費用完全無料!!▼

※申し込みは1分で楽々完了♪

最も格の高い帯が袋帯

着物と同様に帯にも種類や格が存在しています。様々ある帯の中でも、最も格の高い帯が袋帯になります。金糸や銀糸がつけば礼装用になり、そうでない袋帯は格の高い着物と合わせてお洒落用になります。二重太鼓にして結びますので、名古屋帯より長いのが特徴となります。

袋帯の特徴とは?

袋帯とは、名前のとおり袋のように縫い合わせてある帯のことをいいます。礼装用の帯というとかつては丸帯が主流でしたが、重く締めにくいという欠点がありました。さらに、非常に高価ということもあり、丸帯の代用品として袋帯が、明治後期頃に登場し大人気となりました。

特徴1:表地と裏地が分かれている

以前の袋帯は、袋織という特殊な織りによって作られていました。しかし、現在では袋織によって作られることは少なくなり、表地と裏地を縫い合わせて輪のようにした形状が主流となっています。表地と裏地が違い、並幅が36センチ前後ということが大きな特徴です。

特徴2:二重太鼓帯結びができる長さ

市場に出回っている二重太鼓用の帯は、袋帯になります。二重太鼓というのは、背中のお太鼓部分が二重になっている結びのことです。そんな二重太鼓を作るには、平均として4メートル程度の長さが必要になります。他の帯に比べますと、60~70センチ程度の差が出てきます。

格の高い袋帯は礼装向け

袋帯は最高位の丸帯の代用として登場しました。今では丸帯が用いられることは、花嫁衣装といった特殊な場合を除いてあまり無いため、一般的に袋帯が礼装用に用いられる上位格の帯ということになります。ちなみに袋帯で作れる二重太鼓という結びかたは、「二重に重ねる」という意味合いから「何度あっても喜ばしいこと」ということで、慶事に用いられています。

そのため袋帯は以下のようなシーンで使用されます。

  • 結婚式
  • 入学式や卒業式、入園式、卒園式といった式典
  • 成人式
  • パーティー

袋帯を合わせる着物

袋帯は慶事用が多いため、以下のような着物に合わせます。

  • 留袖
  • 訪問着
  • 振袖

金糸や銀糸で織り込んだり吉祥柄である袋帯は、主に使われるのが礼装用です。とはいえ、袋帯はすべてが礼装用かというと、そうでもありません。柄によってはお洒落用になり、カジュアルな訪問着や付下げに合わせるための袋帯もあります。

袋帯の種類

  • 錦織
  • 金や銀糸といった様々な色糸を使い織り上げた紋織物になります。後から色を付けるのではなく、糸を必要な色で染めてから織り上げていく錦織の技法を西陣織は活用しています。

  • 綴織
  • 綴織の技法は歴史が古く古代エジプトの時代から続いています。その技法が日本に伝わったのは奈良時代になり、古くから使われています。綴織の特徴としては、仕上げた時の厚みや生地のハリが魅力的な美しさを持っています。

  • 唐織
  • 唐織は16世紀のころの中国から伝わった技法になり、特徴としては豪華絢爛な見た目の織物になります。綾織地に色糸を使いながら刺繍のように織り上げていきます。

  • 佐賀錦
  • 江戸末期のころから使われていた手織りでの錦の技法です。緯糸に金や銀糸、絹糸を用いることで華やかになりますので袋帯だけではなく、袱紗や袋物といった小物などに使われることが多くあります。