着物買取における金額の相場はいくら?知っておきたい高額査定のコツ

着物買取における金額の相場はいくら?知っておきたい高額査定のコツ

着物買取における金額の相場はいくら?

着物買取における金額の相場はいくら?

着物ちゃん

着物をどこに売っていいのか分からないし、できれば損もしたくないんで、事前に金額が分かるといいのに…

着物を売りたいけど、どこに売っていいのか分からないというのはよく聞きます!そして、せっかく着物を売るからには高く買い取ってもらいたいですよね。

そこで今回は、着物をどこに売ればいいのか、どうすれば高く売ることができるのか、そんな大事なポイントを紹介していきます。

管理人

着物を売るときに、どこに売ればいいのか、どこなら高く買い取ってくれるのか、不安や疑問がいろいろありますよね。

せっかく着物を売るんですから、できるだけ高く売りたいですよね。

古い着物だから価値がないだろうと判断してしまい処分をしてしまう人がいますが、実は価値のある着物だったという話はよくあることです。

そんな事態を避けるためにも、まずは査定に出してみることをおすすめします。

とはいえ、着物買取のお店も色々あります。今回は、そんな着物買取のお店の選び方やと買取金額の相場、高額査定を引き出すコツを紹介していきます。

高額査定になりやすい着物

高額査定になりやすい着物

加賀友禅や京友禅、東京友禅など

友禅の歴史は約400年あるといわれていて、江戸時代の頃に京の扇絵師がその画風を着物に染めたことから始まりとされています。

作られた地域によって友禅の配色や技法が変わってきますが、どの友禅も希少価値の高い着物になります。

査定に出せば数万円が付きますし、非常に珍しいものであれば数百万円といった高額査定になる場合があります。

大島紬、結城紬、牛首紬、塩沢紬など

着物の中でも人気の高いのが紬という着物です。紬は、普段着という格付けになりますが、無形文化財に登録されている着物もあり高級品の部類に入ります。

査定に出せば5万円から20万円前後といった査定額になります。

宮古上布や八重山上布、越後上布など

高額な着物のほとんどが絹で作られていますが、上布は高級な麻を素材として作られています。この上布ですが、重要無形文化財にも指定されていて手に入れるのも困難な貴重品となります。

査定に出せば、数十万円の査定額が付く高級な着物でもあります。

着物の買取金額の相場

着物の買取金額の相場

ご存知かと思いますが着物にはたくさんの種類があり、買取金額としても、下は数百円となり上は数十万円にもなり金額の幅も様々です。

着物を売って損をしないためにも、買取金額の相場を事前に知っておくことがとても大切です。

金額相場の目安

着物の状態や市場の需要によって相場は変わってきます。この金額は相場の下限であり、あくまでも目安となりますので注意してください。

  • 振袖の買取金額の相場:10,000円~
  • 黒留袖の買取金額の相場:6,000円~
  • 訪問着の買取金額の相場:2,000円~
  • 付下げの買取金額の相場:2,000円~
  • 小紋の買取金額の相場:1,000円~
  • 色無地の買取金額の相場:1,000円~
  • 袋帯の買取金額の相場:8,000円~
  • 丸帯の買取金額の相場:1,000円~
  • 名古屋帯の買取金額の相場:500円~
  • 半幅帯の買取金額の相場:500円~
  • 角帯の買取金額の相場:500円~
  • 小物類の買取金額の相場:100円~

無料で査定!着物を高く売りたいなら着物買取の専門店!

査定費用が無料だから気軽に頼める!

満足価格!着物の買取【バイセル】

問い合わせは無料で簡単にできます

査定もキャンセルも全部無料!

着物の高額買取なら【買取プレミアム】

問い合わせは無料で簡単にできます

着物買取のお店の選び方

着物買取のお店の選び方

魅力がいっぱい!着物買取のバイセル

知名度がどんどん上がっている着物買取のバイセルですが、着物買取の専門店として着物や帯、和装小物など何でも買い取ってくれるおすすめなお店になります。興味がある方はこちらから

着物買取で年間24万件!バイセルが選ばれる理由とは 着物買取で年間24万件!バイセルが選ばれる理由とは

査定やキャンセル料といった手数料が無料

まずは着物買取のお店に査定の予約を取ることが必要になってきます。査定方法としては、出張買取や宅配買取など色々な買取方法がありますので、方法に合わせて日程を調整して、自宅に来てもらったり、直接お店に持ち込んで査定してもらいます。その際の査定料や出張費などは基本かかりません。

もし、問い合わせたときに手数料がかかると言われたのなら、そのお店に査定を依頼するのは止めましょう。前もってお店に手数料がかかるのか、確認しておきましょう。

納得できないなら遠慮せずに断る

買取金額に納得いかなかったときに買い取りを断ることができないのではと不安になるかもしれません。そんな心配は無用です。もし買取金額に納得できなかった場合には、不安がらずにきっぱりと断りをいれましょう。

相見積という言葉があるように条件の良い金額を引き出すためには、複数のお店から見積を取ることをおすすめします。着物の買取金額は査定してみないと分からないわけですし、査定料金やキャンセル料もかからないのですから、複数のお店に依頼をして一番高いお店に売るのがお得です。

出張買取や宅配買取など買取方法が充実

出張買取や宅配買取など買取方法が充実

着物買取のお店には充実のサービスが用意されており。サービスの一環として便利な買取方法があります。有名なのは、出張買取ですが、それ以外にも宅配買取や持ち込み買取が用意されています。ご自分に合った買取方法を選ぶようにしましょう。

出張買取

着物を抱えての移動や梱包が面倒という人に最適なのが出張買取です。電話やメールで予約することで指定した住所に査定員が出張して来ます。

場所にもよりますが、基本的には買い取ったあとに着物を運ぶ必要があるので、査定員は車で来ます。ですので、売りたい着物が大量にあったとしても問題ありません。もちろん1枚からでも査定は対応しているので安心してください。

宅配買取

宅配買取とは、着物買取のお店に着物を送って査定してもらう買取方法です。着物を送るだけでいいので、家にあまりいない人や時間がない人に向いています。

さらにいえば、査定員とはいえ知らない人に会いたくないとか、お店の営業時間内に家にいることが難しい難しい場合にこの宅配買取が合ってます。

そして、着物を送るときの送料が気になるかと思います。実はこの送料ですが、着物買取のお店が負担してくれるところがほとんどです。

ただし、買い取りをキャンセルした場合の返送料ですが、着払いとなることがあります。送料はもちろんですが、宅配に必要なダンボールやガムテープといったセットをお店が用意してくれる場合がありますので、事前に確認するようにしましょう。

持ち込み買取

持ち込み買取とは、その名のとおり売りたい着物を着物買取のお店に直接持ち込む方法です。持ち込み買取の場合ですが注意が必要です。

何を注意するかといいますとお店にスタッフがいるかを確認する必要があります。いきなりお店に着物を持ち込んだとしても、スタッフがいなくて査定するまでに時間がかかったり、そもそも持ち込みに対応できないお店だったりすることがあります。

持ち込み買取を依頼する際にも事前に確認するようにしましょう。

査定員のレベルが高く着物を熟知している

大きい街にひとつあるリサイクルショップですが、売りやすいという理由で着物を売りに出す人が多くいます。リサイクルショップはブランドの服やバッグ、貴金属に精通している査定員が多くいますが、着物に詳しいという人はあまりいないというのが現状です。厳しいお店だと持ち込んだとしても断られてしまうことがあります。

その点、着物買取の専門店であれば、着物に精通している査定員が揃っていることや専門店独自の販路を複数抱えているため、たとえ無名の着物だとしても買い取ってもらえます。

1枚からでも丁寧に査定してくれる

着物に精通している査定員が、着物の状態や産地、作者、ブランドなどを細かく丁寧に査定してくれます。

高額査定になる大事なポイントとして、需要やブランドなど多数ありますが、その中でも特に大事なのが着物の状態です。

有名な産地や作者、ブランドであっても状態が悪いとそれだけで着物の価値が下がってしまいます。とはいえ、ご自分で状態が悪いと判断せずに査定員に見せてきちんと査定してもらいましょう。

どんな着物であっても丁寧に査定をしてくれ、その着物が持っている価値を正確に見抜き金額をだしてくれます。

査定額の根拠や理由を説明してもらう

査定をしてもらったら、なぜこの査定額になったのか説明してもらいましょう。納得のいく説明をしっかりしてくれれば、安心して着物を売ることができます。着物の査定は基本的に目の前で着物を広げながら行いますので質問がしやすいはずです。

もし、説明がなかったり曖昧な感じの査定員の場合は、着物の知識が深くなかったり、最悪の場合ですが安く買い取ってやろうという気持ちがあるかもしれませんので注意しましょう。

査定額が高くなる要素として挙げられるのは下記の通りです。

  • 保存状態が良く汚れやシミなどがない
  • 有名な産地や作家の作品である(※証紙や落款がある)
  • 着物の丈が長く着れる対象の人が多い

上記の要素を理解したうえで質問をして、納得のいく説明を受けましょう。

相談窓口やクーリング・オフが用意されている

意外と思うかもしれませんが、着物買取であってもクーリング・オフは適用されます。親切なお店は、査定の依頼をしたときにきちんと説明してくれます。もし、説明がなかったときでも、クーリング・オフは適用されるので安心してください。

そこでおすすめしたいお店としては、問い合わせの窓口が用意されているところを選ぶようにしましょう。相談窓口が用意されていれば、クーリング・オフはもちろんですが、査定や買取について質問できますし不安を解消することができます。

査定時に査定員が見るチェックポイント

査定時に査定員が見るチェックポイント

着物の査定で、査定員がここを見るというチェックポイントがあります。つまり、このポイントを押さえておくことで高額査定に繋がってきますので、把握しておくようにしましょう。

着物の状態

着物にシミやシワができるのは、長い間保管したことによる弊害です。シミ抜きが上手くいっていないと、着物を着たときの汗や汚れが保存されている間にシミとして黄色く浮かび上がってきます。

また、着物を同じ形で保存をすることで深いシワになってしまいます。この深いシワになりますと、そう簡単には取ることができません。

酷いシミが出来ている場合には染め直しになりますし、深いシワは専用のクリーニングに出さねばなりません。つまり、状態の悪い着物の場合は、買い取った後に修繕費がかかるため、査定としてはマイナス評価となってしまいます。

着物のサイズ

着物のサイズですが、大小によって査定額に影響してきます。大きいサイズの着物のほうが小さい着物より高額査定になりやすくあります。

どういうことかといいますと、昔と比べて日本人の平均身長が伸びていることもあり、大きいサイズの着物の需要が高くあります。

また、インターネットの普及もあり国内だけでなく海外からの需要もあり、日本人よりも大柄の人が多いためサイズとしても大きいほうが好まれるという理由があります。

着物の素材

着物の素材によって査定額に影響してきます。代表的な素材を紹介します。

正絹

素材の中で査定額が一番高いものは、絹で作られた着物になります。絹で作られている着物は、光沢があり、格式高く礼装用に用いられます。伝統工芸品や有名作家の作品には、正絹であることが多いです。

正絹で作られていることを証明するために、着物や帯に証紙が付いており、製造元が素材を証明してくれています。

木綿・麻

普段着用の着物に使われることが多い素材として木綿や麻があります。普段着用の着物に使われることが多いため価格としては安価なものがほとんどです。査定額としても高値になりにくい素材ではありますが、売れる素材ではありますので、ご自分で売れないと判断せずに査定員にまずはきちんと査定してもらいましょう。

ウール・ポリエステル

化繊であるウールやポリエステルですが、普段使いはもちろん汚れても洗濯できたりとお手入れが簡単で重宝される素材になります。

化繊の着物は、機械を使って大量生産できることから安価な着物が多いため、価値としては高くありません。着物買取のお店によっては、ウールやポリエステルの素材で出来ている着物は買い取りを断るところもあります。

有名作家物や産地の着物

着物には有名な作家や産地の作品が多数存在しています。いわゆる着物のブランドになりますが、お持ちの着物が作家や産地ものの場合、高額査定になりやすくあります。

作家

着物の作家には人間国宝に指定されている人が存在します。ほんの一部ではありますが、重要無形文化財の保持者を紹介します。ちなみに、重要無形文化財の保持者を人間国宝と呼ばれます。

  • 小宮康孝
  • 稲垣稔次郎
  • 千葉あやの
  • 芹沢銈介
  • 森口邦彦
  • 鈴田滋人
  • 鎌倉芳太郎
  • 志村ふくみ
  • 羽田登喜男
  • 二塚長生
  • 玉那覇有公
  • 木村雨山

産地

着物は日本各地で作られていて、その歴史や技術が伝統工芸品として指定されています。1着1着を時間や労力をかけて丁寧に作るため数をこなすことは出来ません。そのため、絶対数が少なく希少価値が上がっていく訳です。

そういった状況のため、新品を手に入れようとしても、数がとても少ないため手に入れることはとても困難な着物なんです。

伝統工芸品の代表的な着物を紹介します。

  • 大島紬
  • 結城紬
  • 塩沢紬
  • 久米島紬
  • 東京友禅
  • 加賀友禅
  • 京友禅
  • 宮古上布
  • 近江上布
  • 越後上布
  • 玉那覇有公
  • 小千谷縮

もちろん、上記以外にも有名な産地の着物が全国に存在します。ただし、有名な産地であっても、着物を作る人がどんどん減ってきているのが現状で、継承する人がいないのが問題になっています。

購入してからの年数

当然ですが、中古より新品のほうが査定額が高くなります。何度も袖を通した着物は、もとが良い着物であってもどうしても使用感が出てしまいます。

また、アンティークの着物は別ですが、着物にも流行り廃りが存在します。流行りを外してしまうと査定額がやはりつきにくいことがあります。着物を購入してから10年以内が流行内の着物となり買取対象となってきます。

おすすめする着物買取の専門店

着物の出張買取なら【バイセル】

メインキャラクターに坂上忍さん起用しているバイセルですが、特徴としましては、日本全国で出張買取をしているところではないでしょうか。また、場所によっては、申し込んでから最短30分で査定が受けられることも可能です。女性の査定員を指名できるのも嬉しいサービスです(※お客様が女性の場合のみ)。
出張エリアでない場合でも、宅配買取に対応していますので安心してください。

査定費用が無料だから気軽に頼める!満足価格に自信!

買取方法 出張買取/宅配買取/持ち込み買取 出張・査定料 無料
査定時間 30分前後 支払方法 その場でお支払い
対象地域 日本全国 キャンセル クーリングオフ制度あり

満足価格!着物の買取【バイセル】

▼出張&査定費用完全無料!!▼

※申し込みは1分で完了します

高価着物買取の専門店【買取プレミアム】

毎月10,000件以上のお問い合わせがあるとても人気な買取プレミアムですが、特徴としましては、名前にあるとおり買取価格にプレミアムをだすことに注力しているところではないでしょうか。
出張買取、宅配買取、持込買取と都合に合わせて買取方法が選べて買取価格が高くなるなら使わない手はないですよね。

査定もキャンセルも全部無料!着物買取で高額買取なら!

買取方法 出張買取/宅配買取/持ち込み買取 出張・査定料 無料
査定時間 30分前後 支払方法 その場でお支払い
対象地域 日本全国 キャンセル クーリングオフ制度あり

着物の買取プレミアム

▼出張&査定費用完全無料!!▼

※申し込みは1分で楽々完了♪

まとめ

着物を売る方法として着物買取の専門店やリサイクルショップ、アプリと大きく分けて3つあります。着物の価値をしっかりと査定してもらいたい場合には、着物買取の専門店を選びましょう。

着物買取の専門店

出張買取や宅配買取、持ち込み買取に対応しているのがほとんどで、サービスに関わる査定料や手数料などはかからず無料です。

着物に対する知識があるので、着物が持っている価値をしっかりと見極め需要に合った査定額を出してくれます。着物を高く売りたい場合には、着物買取の専門店に売るようにしましょう。

フリマアプリやオークションサイト

金額を自分で決められるメリットはありますが、その代わり売るための作業を自分で全部こなさなくてはいけません。写真撮影や出品作業、質問への対応、配送といったことをです。

相手に届いた着物が出品内容と違うといったクレーム対応もあったりします。クレームや質問が来た時に回答するため、着物に関する知識がある程度必要かもしれません。

また、金額ですが、適正価格やそれ以上の価格で売れるならいいですが、売る方も買う方も着物に詳しくないと金額がマッチングしなくていつまで経っても売れないということが多々あります。

金額や時間に余裕がある場合は、フリマアプリやオークションサイトで出品するのもいいかもしれません。

リサイクルショップ

有名な着物や付属品が全部揃っている着物でない限り、リサイクルショップで高く売るのは難しいです。リサイクルショップは着物以外の商品に対しては強いですが、着物の専門家が揃っていることは稀なので着物の買い取り自体弱いです。買い取り対象外となるお店が多いくらいです。

リサイクルショップは大きい街にひとつくらいありますので、気軽に持ち込めますが、リサイクルショップに売るくらいだったら着物買取の専門店に売ったほうが手間もかかりませんし、高く買ってくれる可能性が高いです。