反物を売るなら!買取価格を上げるために必要な情報

反物を売るなら!買取価格を上げるために必要な情報

反物の買取価格はいくらに

反物はそもそも、着物になる前の状態なので着物買取の査定内容が良くなる傾向にあります。なぜかといいますと、着物は着る人のサイズ(寸法)に仕立てあげます。

そのサイズが標準的であれば次に着る人も多いので需要が高まりますが、もし短かったりしますと査定の条件が厳しくなってきます。反物は着物に仕立てる前の状態になるので、サイズ問題が当てはまらないということです。

そんな反物ですが、売れないと思ってる人が多くいます。着物買取の専門店にて反物を売りにだすといい条件で売れたりします。

そうなってきますと、次に気になるのは価格であったり、どんな反物が売れるのか?ではないでしょうか。今回は、そんな反物の買取価格や着物買取の専門店の利用方法などを紹介します。

反物の買取価格も一概に言えない

着物の種類がたくさんあるように、反物も様々な種類があります。品質や状態によって買取価格が大きく変わってしまうため「1反あたり3万円くらい」というような価格を紹介することはできません。

安い反物で2万円程度であったり、高いものだと3桁を超えてくる場合があります。着物と同様に有名な作家がデザインすると高値になり、また素材によっても変わってきます。

下記にある買取実績は、着物買取の専門店の買取価格になります。売りにだすときの参考にしてみてください。

買取価格:25,000円
長年タンスに眠っていた反物を含め未使用の着物がありここまでの買取価格になりました。

反物の買取価格ですが、正確な価格を算出するには着物買取の専門店に査定してもらわないといけません。

質の良い反物を使い仕立てた着物を着る人が減ってきている現状があります。ですが、反物の価値がなくなったわけではありません。ですので、反物の買取価格がつかないのではと、判断してしまいあきらめないでください。

タンスに眠っている反物がもしかすると、高額査定に繋がる可能性が十分にありますので、まずは着物買取の専門店に査定してもらって正確な買取価格を教えてもらいましょう。

買取価格が高くなる素材とは

反物は着物の生地として古くから利用されてきた歴史があり、その素材としては大きく分けて3種類になります。

  • 絹(シルク)
  • 木綿

素材のひとつでもある麻は、価格が安く農民の人がよく着ていましたが、染色しにくいということもあり商業的には広まっていません。そのため高い買取価格を期待することはできません

そもそもですが、麻の反物を持っている人はあまりいないでしょう。ですので、反物の素材が判断つかず、麻だったら…と心配する必要はないかと思われます。

その点、木綿の反物になりますと安く手に入りやすいため、普段着として着物を着る人によく利用されています。木綿の反物は、手頃な価格で購入することが多いので、着物買取に出したとしても高額査定になることは期待できません。

上記の2つではなく絹の反物であれば、買取価格を期待をすることができます。絹の着物は、特別なときに着ることが多いため、素材が絹の反物は需要が高いです。ご自宅に眠っている反物が、絹で作られている場合は買取価格を期待してもよいでしょう。

価値の高い反物とは

素材以外でも買取価格が高くなる場合があります。伝統工芸品であったり作家物といったブランドが反物にも存在します。たとえば、茨城県や栃木県で作られる結城紬といった国の重要無形文化財や大島紬、西陣織、博多織といったものになりますと買取価格を期待することができます。

着物を高く売りたいなら着物買取の専門店!

証紙がついていると高額に

証紙に素材が絹と記載されていて、価値が証明されますと買取価格が高くなります。

価値の高い証明として、証紙に製造者や素材などが記載されています。この証紙に「真綿100%」とあれば、素材として絹を使っていることになります。ちなみに真綿とは絹のことになります。文字として綿がついているから勘違いをしてしまうかと思いますが、真綿はとても高価な素材になります。ですので、安い素材と勘違いしないように注意してください。

この証紙に素材や製造者だけでなく、無形文化財や紬といったことが記されているものもあります。こういった内容が記載されていた場合には、着物買取でよい評価をしてもらえる可能性がとても高いです。

下記のような種類の反物に証紙がついていたら高値になりやすくあります。

  • 本場結城紬
  • 久米島紬
  • 本場加賀友禅

化学繊維の反物は値段がつかないことも

絹であったりブランドものであったりすると高値になりますが、ポリエステルといった化学繊維の場合は、評価が低くいため価格がつかない場合があります。

ポリエステルの反物は購入するときに安価なこともあり、着物買取の査定に出したとしても買取価格は期待できません。あまりにも評価が低い場合には、そもそも引き取ってもらえない場合があります。

ポリエステルだけでなく、メリンス(モスリン)も買取価格を期待することはできません。ちなみにこのメリンスですが、ポリエステルが市場に出てくる前によく使われていた素材になり、木綿や羊毛などと同様な評価がされます。

汚れや傷がある場合には低評価に

反物の素材が良く製造者も有名になりますと、着物買取の買取価格が期待できますが、汚れや傷があり状態が悪いと価値が下がってしまいます。

とはいえ、汚れていたとしても査定額がつくことがありますので、自己判断で買い取りはきっと無理だと諦めずに、査定だけでもしてもらいましょう。

売るタイミングは

反物は着物になる前の段階ですので、特に旬はありません。ですので、いつが高く売れるということはありませんので1年を通して買取価格は変動しません。時期によって変動することはありませんが、反物の状態が劣化することによって価値が下がり変動してしまいます。

長く保管することで、どうしても反物が劣化していきます。また、アンティークと呼ばれるには相当な時間をかける必要があります。そこまで保管しておくことは現実的ではありません。

反物を売るのなら、価値が下がってしまう前になるべく早く査定にだすのが賢い方法です。

売りにだすタイミングとしては季節よりも、思い立ったらすぐに査定にだすのが適切なタイミングとなります。まずは、お持ちの反物の素材が絹なのか、汚れやシミといった状態の確認をしましょう。そして、売れるかもと思えたのなら、なるべく早くに着物買取の専門店で査定にだしてみましょう。

私がおすすめする着物買取の専門店

評判の良い反物買取の専門店をご紹介します。それぞれに強みがありますので、お店選びの参考にしてください。

着物買取の価格を調査!高価買取してくれるのはこんな店 着物買取の価格を調査!高価買取してくれるのはこんな店